2011/01/30

マスターベッドルーム-ヘッドボード

気が変わる前にさっさとヘッドボードを作りました。写真多いです。

ヘッドボードになる部分は4フィートx6フィート(1.2mx1.8m)のplywoodを使用。あとは中綿と黒いビニール、ヘッドボードをフレームにつけるときに使う予定の1x3が2本。

2011_01310005.jpg
 

参考にしたブログ
で、「薄い中綿を使ったせいで7枚も重ねる羽目になったから、厚めの8オンスのを3枚重ねにすることをお勧め」ってしっかり読んでたにも関わらず、超薄い中綿を買っちゃったもんだから、結局家にあったピンクのブランケットを使う羽目に。

2011_01310011.jpg
 

これでもフカフカーっていう感じにはならなかったんだけど、もう面倒でこのまま続行。

DSCN0457.jpg
 

作業中。。。

DSCN0458.jpg
 

2011_01310013.jpg
 

次はいよいよボタン付け。(持ってたボタンを使っちゃいたかったからネイルヘッドじゃなくてボタンの方にしました。)ボタンの位置を決めたらそこにまずドリルで穴を開けます。

2011_01310015.jpg
 

オトマンで懲りたので、今回は25パウンド(約11キロ)の釣り糸を使用。(11キロの重さで引っ張ると切れるっていう意味らしい。ちなみにオトマンで使った釣り糸は8パウンドだったから、たったの3.6キロの重さで引っ張ると切れちゃう糸でした。)五円玉みたいのは、ボタンを止めるために使ったウォシャー。(参考にしたのはこのブログ。)

2011_01310017.jpg
 

穴を開けたらまずは糸を裏から表へ通します。

2011_01310021.jpg
 

糸が通ったら、ボタンを通して後ろからきつく引っ張りながらウォッシャーにぐるぐる巻いて結びます。最後にウォッシャーが動かないように電動ステープラーでバチっと。 オトマンの時と違って中綿に厚みがなかったから引っ張るのも全然楽でした。

2011_01310023.jpg
 

中綿が薄かったからどれだけボタンがくぼんでくれるか心配だったけど、まあこんなもんでしょう(っていうかもう絶対やり直しなんてあり得ないし。)

DSCN0473.jpg
 

これをベッドフレームにくっつけるんだけど、その前にフレームに足付けないと。。。もちろん買わずに家にある端材でDIYするつもりなんだけど、どんな形にしよっかな。
2011/01/24

マスターベッドルーム-ベッドフレーム予定変更

白くペイントするつもりだったベッドフレームが黒くなりました。使ったのはこれ。
2009_04210024.jpg 

5年位前にガラージセールで買ったオトマンリメイクするために買った黒いビニール。ヘッドボードも同じ生地にするつもりだったからこんなにたくさん買ってあったんだけど、参考にしたブログも生地を巻いたフレームだし、どうせならフレームもヘッドボードと同じ生地の方が見た目がいいだろうということで急遽予定変更。(ちなみに彼女、これだけ苦労して作ったベッドをもうネットで売ってしまったそう。でもまた違う生地で新しいベッドを作るらしいので要チェック。)

中綿も生地もものすごい大きさだったから、切るのが一番大変だったかも。あ、ここからはこのブログも参考にしました。
2011_01230001.jpg 

中綿と生地さえ切ってしまえばあとは電動ステープラーでバンバンとめていくだけ。
2011_01230003.jpg 

2011_01230007.jpg 

角はこんな感じ。
2011_01230009.jpg  

あとはヘッドボードを足をつければベッド完成。ヘッドボードの形はごくシンプルに長方形にするつもりなんだけど、今考えてるのが、こんな風にネイルヘッドを打つか、
decorpad2.jpg 
ボタンを使ってこんな感じにする。
Vanessa and Valentine 
何かどんどんインスピレーションからかけ離れてってる気がする。。。
2011/01/20

マスターベッドルーム-ベッドフレーム

今うちのベッドはこんなです。スチールのフレームとボックススプリングが丸見え。

2011_01210012.jpg

何せサイズが一番大きいカリフォルニアキングというサイズなので、フレームを買うとなると一番安くても$3000以上。なので作ることにしました。問題はデザインなんだけど、ご存知のように自分でも疲れるほど優柔不断なので急いでデザインを決めるよりとりあえず箱だけ作ろうということに。要は箱だからそんなに難しいはずがないんです。ネットで作り方はたくさん見つかったけど、一番参考になったのがこのブログ

久しぶりのパワーツール!初登場のエアーコンプレッサーとネイルガンです。
 
2011_01220001.jpg

残念ながら使えるような木が一切残ってなかったので、全てHome Depotで購入。まずは箱を木工のりとネイルガンで組み立て。使ったのはポプラーの1x10。

2011_01220002.jpg

次は箱の内側にスラットをのせるための2x2の取り付け。

2011_01220003.jpg
 

最後に2x4をつけてできあがり。

2011_01220007.jpg
 

スチールのフレーム、さっそく取っ払いました。

2011_01220013.jpg

これを白にペイントするつもりなんだけど、足をつけるかプラットフォームのままにするかはまだ未定。参考にさせてもらったブログのベッドは足がついてるんだけど、

View Along the Way

プラットフォームのままでもかなり素敵かも。。。

ヘッドボードはどうしよ。
2011/01/18

マスターベッドルーム-カーテンレール

何か調子付いてます、ブログの更新。

まだ衣裳部屋だった時、情けないカーテンをお見せしました。これ。
2010_01100032.jpg

1年経った今でもまだ情けないままなので、ベッドルームの引越しを機会に情けないカーテンを取っ払うことにしました。でも問題は窓と天井に全く隙間がないこと。こういう窓の場合、どうやってカーテンをつければいいんだろって悩んでました。

そこでまたイケアのカタログ大活躍。天井からつる下げるレールがやっぱりありました。
2011_01140009.jpg 

一本55インチ(約140cm)だから三本必要。長さは自分で調節。簡単に手のこで切れたんだけど、
2011_01160005.jpg

2011_01160006.jpg

でも大丈夫、これを端っこにすれば付いてきたキャップで隠れます。
レールとレールはこうやってつなげます。パーツはちゃんと付いてきました。
2011_01160008.jpg
 
これで天井からカーテンがつるせます。ちなみにこのレール、一本たったの$5.99。天井からつるすためのパーツは一つ$2.99(4つ購入)。
2011_01160013.jpg

問題のカーテンはとういうと、JCPennyで Chris MaddenのMystique Pinch-Pleat Draperiesをオーダーしました。これの白です。
drapes2.jpg

でも、、、3月までバックオーダーだって。。。すでに20日で完成の夢がぶち壊されたし。
2009/05/06

カーテン買いました

豚インフルエンザの件で心配してメールをくれた方々、ありがとう。こちらは全く健康です。実は私の働いてる大学で今日1人生徒が感染したという検査結果が出たんだけど、それでもキャンパスはいつもどうりオープン。とにかくまめに石鹸で手を洗うのが一番の予防らしいです。

 

久しぶりにインテリアのお話。迷いに迷っていたマスターベッドルームのカーテン、覚えてますか?探しまくったゆえ、結局これを買いました。

 

2009_04060014.jpg

 

IKEAのです。ちょっと色が濃いかな~とは思ったけど、いろいろ見た中で一番値段がお手ごろだったし(4パネルで120ドル)ベルベットのテクスチャーも気に入ったから即決めました。

 

取り付けですが、何せ前のおうちと違って壁が漆喰なのでやたらにネジを打てない。カーテンは毎日閉めたり開けたりするからしっかり付けとかないと落っこちてくる可能性もあるので、一番頑丈なtoggle boltsを使いました。

 

2009_04210005.jpg

 

パッケージについてる絵でわかるように、一度壁に入るとパカっと先っぽが広がって動かなくなる仕組み。ゆかちゃんがトイレのプチリフォームで使ったアンカーとすごく似てます。

 

Toggleを壁に通すために穴はかなり大きめ。

 

2009_04210004.jpg

 

うちの壁、結構分厚いんだ。。。ブラケットが6つで、1つあたり穴が2つ必要だから6x2で穴は12個。でも1時間ちょっとで終わりました。

 

2009_04210017.jpg

 

天井が高く見えるから、カーテンはいつも天井近くからつるします。このカーテンそれでも引きずってるので時間がある時に直す予定。親切なことにこのカーテン、アイロンでくっつくテープが入ってたのでそれを使えば楽勝でしょう。

 

どうしてもシルバーじゃなきゃ嫌だったカーテンロッドもIKEAの同じ売り場で見つけて速攻買い。2本で90ドルくらい。

 

2009_04210021.jpg

 

カーテンを付けたらかなり雰囲気が変わりました。

 

で、今探しまくってるのがベッドの足元に敷くラグ。真っ白でふわふわしててあまり高くなくて大きさが120cmx210cmくらいの。

 

それとガラージセールで買ったこのオトマン。覚えてます???(実はまたガラージセールに行き始めました。その話はまた今度。。。)

 

DSCN0517.jpg

 

 

何とあれから3年経ってました。。。しかもまだこのままベッドの足元に置いて使ってるし。でも引越しを機会に今度こそリメイク!生地ももう購入済。

 

2009_04210024.jpg

 

黒のビニールです。あとはボタンと足かな。

 

追記:「リンクいろいろ」がかなり長くなったので、勝手ながら半年以上更新のないブログは削除させていただきました。ご了承ください。

 

 

いつも応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ 

2009/03/17

カーテンの色

マスターベッドルームのカーテンの色で悩んでいます。何てったって壁の色がこれですから。

 

2009_02030016.jpg

 

最初この家を見に来た時、「これは完璧塗り替え」って思ったけど、いざ住んでみると結構慣れてしまうもの。それに実はこの色、何を隠そうティファニーブルーでした。

 

2009_03160026.jpg

 

ほらね?

 

でもこういう色は前の家では使ったことがないから、まずはネットでインスピレーション探し。(検索は「ターコイズ」で)そしたら素敵なお部屋がわんさかありました。

7-romance-bedroom-1008-xlg-46300045.jpg

From House Beautiful 

 

383527565_cbiJT-L.jpg

From Traditional Home

 

271404668_ABSho-L.jpg

From Burnham Design

 

 

drapes.jpg 

From Coastal Living

 

 検索中、いろんなサイトを見つけましたが、さっそくブックマークしたお勧めのブログがHouse of Turquoise。ターコイズ色を使ったインテリアだけを集めたブログだけど、どのインテリアもとてつもなく素敵なのでターコイズ色が好きじゃない方でも十分インスピレーションはもらえると思います。

話はずれましたが、カーテンの話。

2009_02030015.jpg

 

家に付いてきたブラインドが壊れかかっているので、これを取っ払ってカーテンにするつもり。で、迷っているのがカーテンの色は壁の色と近い方がいいのか、それとも全く反対のコントラストのある色の方がよいのか

 

迷った時はとりあえず一揃え買って見ます。

 

2009_03150024.jpg

 

House BeautifulとCoastal Livingのように、カーテン色と壁の色がかなり近いほうが素敵かな~っと思ったり。でもターコイズとチョコレートブラウンの組み合わせも好き。ちなみに1番はこんなのです。

 

2009_03150025.jpg 

 

突然ですが、今週木曜日から1週間だけですが帰国します。ばたばたしそうです。 

2006/03/27

変身、第二弾!

前に、"今どこに飾っていいかわかんないけど、いつかは使えるから捨てないでしまっとこう”クローゼットのお話をしました。そこに眠っていたのが、家の外に付いてきたシャター (この窓をフレンチドアにした時、シャター取らざるをえなかったんですが捨てるのもったいないので、掃除してクローゼットへ)。


shutter2.jpg


うちはベッドのヘッドボードがなくて、”どんなのつくろうかなぁ”ってずーっと考えてたんです。ある日、”あー、このシャッター邪魔だなぁー。そーだ、半分に切ってヘッドボードにしよ!”と思いつき、寸法を測ったらなんと、、、

続きを読む