2006/03/17

明るいか、暗いか、それが問題・・・

”照明”っていうタイトルにすればよかったんですけど、それじゃつまらないので。。。ということで、今日は照明についてです。


日本の照明というと、まず思い浮かべるのが蛍光灯(すみません、蛍光灯の家で育ったので)。アメリカの家庭では、蛍光灯は車庫くらいにしか使われてないんじゃないでしょうか?Halogen(ハロゲン)が主流です。電気屋ではないので、詳しいことはわかりませんが、ハロゲンは蛍光灯と違って、とってもあったかい雰囲気になります。


照明と一言で言っても、インテリアで必要な照明は3種類あります。


1)General Light(部屋全体を明るくする)


まず部屋に入った時に最初につける照明です。アメリカでは、天井にRecessed Lightが良く使われます。(でも、たくさんありすぎると天井がチーズのようになる可能性有)  


DSCN0232.jpg


 個人的には、テーブルランプやシャンデリアが好きです。 


DSCN0231.jpg

 これはスワップミートで20ドルで買いました。


DSCN0230.jpg

一番のお気に入りのシャンデリア。ホームディポで購入。1万5千円以下でした!


General Lightも、Dimmerというので3段階くらいの明るさをスイッチひとつで調整することができます。(実はそれも、何年も前から検討中。)


2)Task Light(必要なところだけ照らす)


読書や、メイクアップ、台所で野菜を切ったりする場所を照らすものです。最近はリーディングランプだけでもほんとにいろんな種類があるので、選ぶのは至難の技です。  


DSCN0224.jpgDSCN0227.jpg

 作り付けの棚の裏側にライトをつけました。左が下からみたところ。右がライトをつけたときの感じです。机の上を照らすのに、普通のランプみたいに場所をとりません。IKEAで買いました。(ちなみに、日本のIKEAサイトはこちら。4月にOPENです。) 


DSCN0228.jpg

これもIKEAです。これは、ほんとに使いやすいです。  


DSCN0221.jpg

 またまたIKEAです。(気が付いたら家中IKEA!)これは、ゲストルームのベッドの横につけました。シェードは真っ白のを、自分でいろいろやってこうなりました。(詳しくはまた次回。)


3)Accent Light (雰囲気をつくる)


個人的には、これが一番大事だと思います。といっても、まだうちには取り入れていませんが。よくデザイナーの人がやっているのが、植物の後ろにスポットライトを置くことです。私もやりたいのですが、植物買って来ても半年も持たないのはどうしてでしょう???


DSCN0152.jpg


わたしの寝室のライトです。ほんとは、Task Lightにはいるんでしょうけど、雰囲気がいいので、Accentにいれました。ちなみに、ぶらさがってるのはプルメリアのレイです。これはLamps Plusという私が大好きな店で買いました。



これは私もひとつ欲しい!と思っているソルトランプ。天然の岩塩で出来ているらしいです。どんな部屋でも、これひとつあればすごくいい雰囲気が出せそうです。


エクステリアも忘れてはいけません。こんなのは、どうでしょう?


キャンドルもAccent Lightにはいります。(キャンドルの話もしだすと長くなるのでまた今度)ちょっとテーブルに置いただけでも雰囲気でますよねぇ。 今では、キャンドルみたいなライトもいろいろでてますよね。


ということで、照明は奥が深いです・・・


今日の10秒英会話: outlet


コンセント

コメント

非公開コメント

あさみさんこんにちは^^
先日はコメントありがとうございました♪
とっても嬉しかったです!!DIY私も大好き~~~
古い家を自分でDIYして住みたいな~~(夢)
10秒英会話もためになります^m^

こんにちは~居心地のFです。
すっごいなー。やっぱり海外は売ってるもの違いますね!
しかも激安・・・。うらやましい~
私も照明って大好きです。明かりだけでほんとに部屋の
雰囲気変わるんですよね!
外国の街を飛行機から見ると暖色系の光、日本の街は白い光。
日本の部屋にももっともっと電球の温かみを感じてほしいな、
といつも思います!!


> kanako☆さん

こちらこそ、コメントありがとうございます。私も、夢は古いスパニッシュ風の家を買ってそれをよみがえらせることです。10秒英会話、役に立ってうれしいです!近いうちに、英会話のサイトを作りたいって思ってます。私もしゃべれるようになるまで苦労したので。。。もちろん、できたらあさみのDIY日記でお知らせします。

>Fさん

こんにちは。やっぱり日本だと照明高いんですか?4月に船橋にIKEAがOPENしますよねぇ。IKEAはこっちではだんとつに安いので、そちらでの価格が気になります。。。

居心地blog、リンクさせていただきました。よろしかったですか?これからも、DIYの大先輩としてよろしくお願いします。

「明かり」って大事ですよね。
私も家を建てる時には「明かり」にこだわってみました。
確かに蛍光灯慣れしているせいもあり、蛍光灯も使用していますが、リビングの明かりは蛍光灯でも間接照明的な利用方法で、白い壁を蛍光灯で照らして部屋全体を明るくしてます。
そうすることで蛍光灯の明かりが直接目に入らないので全体的にやさしい光になっていると思います。
あとは、あさみさんの寝室のようにスタンドライトをaccent的に利用しています。
あとは、キッチンが、妻の「材料がちゃんと見える様に」との意見で蛍光灯になりました。
それ以外の部屋と廊下などは基本的に白熱灯(タングステンライト)です。やはりこちらの方がやわらかい(夜っぽい)明かりになりますよね。

最近特にライトに凝り始め、適当な籠や筒を見つけてはライトにならないものか?と試行錯誤しています。
最近作ったのはバンブーの籠の中にクリアの水槽を入れ噴水仕立てのプランターを作り、中にライトを仕込んでみました。
部屋を暗くすると噴水でゆれる水を通した光がゆらゆら揺れて結構癒してくれます。これもaccentになるのかな?なんて。

機会があったらmixiにでもアップしてみます。
それでは。

>stuさn

私、実はランプ好きで、ガレージセールとかでお買い得なのとかおしゃれなのみるとつい買っちゃうんです。だから、使ってないランプがクローゼットに氾濫してます。(昨日も2つ買っちゃいました。。。)

白熱灯(タングステンライト)っていうのがHalogenなのですかねぇ?ほんと、呼び方が違うから『DIY辞典』でもないとわからない言葉が多いです。

ライト作り、私も考えたこと在ります。実際やったことはないですが。籠を使ったライト、私のブログ仲間のMakiさんが素敵なのを作ってましたよ。ご覧になってみては?(このすぐ下にあるトラックバックされてる記事)

それにしても、『バンブーの籠の中にクリアの水槽を入れ噴水仕立てのプランターを作り、中にライトを仕込んでみた』ですか?ちょっとこれは画像を見せてもらうしかないでしょう!!!stuさん、ほんとブログ・HPやってないのがもったいないなぁ。。。ほんとは、このブログに『こんなの作りました』コーナーみたいのを作ってみなさんの作品が公開できるようにしたいんですけど、そこまでHTMLを勉強してないので。。。やってみようかなぁ?

ランプがお好きなんですね。(^o^)
買い込んでも使ってあげないと・・・・・。

Makiさんのライト見ました。素敵ですね。
余談の下に私のライトの話をしてますが、ここまでバンブーでは無いです。多分Makiさんのライトの方が素敵です。

さて、コメント返しになってしまいますが、ご説明を。
通常タングステンライトとは、基本的にエジソンが考えたフィラメントが発光する昔ながらの電球をさします。あの卵形のガラス管の中にあるバネみたいな電線が光る電球ですね。

それとは違いハロゲンライトは電球のガラス部が小さく硬い(肉厚のガラス)であるのが特徴です。タングステンライトより明るく発熱も高いのが通常です。
ただ、最近は寿命が長いとか効率が良いと言う理由でハロゲンを使うところも多いようです。でも電球自体の値段が高いからなぁ。

ちょっと余談でした。
さて、イメージを言葉で伝えるのって難しいなぁと、つくづく思いました。

、『バンブーの籠の中にクリアの水槽を入れ噴水仕立てのプランターを作り、中にライトを仕込んでみた』ですか?ちょっとこれは画像を見せてもらうしかないでしょう!!!

そんなに凄いものじゃぁないですよ。
バンブーの籠ってのも言葉が足りなかったかな。
基本は木の箱です。その箱にくりぬきがあり、バンブーの飾りがついてます。中にライトを入れるとそのバンブーの飾りから光が漏れて結構良い感じになります。
で、水槽といっても単なるアクリルの箱です。小物入れの様なものですから。とても小さいものですよ。(^^;;;
水の滴る音が聞けたらよいなぁ程度のものですから。
う~ん。やはり画像が必要かしら?
今度写真撮ったらmixiにアップしますね。

それでは。

>stuさん

電球の説明ありがとうございます。ハロゲンはハロゲンなのですね。(英語の発音だと『ハロジェン』)でも、タングステンはなんていうんだろう。。。わかりません。でも、ハロゲンは確かに高い!しかもものすごく熱くなる!

『水の滴る音が聞ける』ライト、私も作ろうかなぁ?瞑想にふけれそうです。。。ぜひ写真アップしてください!

トラックバック

糸巻きのライトとヴィクトリアンミルクグラスボトル

今月のタイトルバックフォト(いつの間にそんなシステムになったのか?)に使われている、ライトです。作ったのはずいぶん昔なのに、存在を忘れてしまってました。多分玄関に置かれているせいでしょう。。(笑)えー、いつだったか地元の古布市みたいなのに、ひやかし気分で