2016/05/30

増築-垂木&ドアペイント

増築を頼んだコントラクター、見積もりもらった時点で「うちはペイントとフローリングはやらない」って言われてたからわかってはいたものの、まさか足場に乗って垂木まで塗るはめになるとは思わなかった。。。外壁は、引っ越してからペンキ屋に垂木も含めて全部違う色に塗り直してもらうつもりだったんだけど、どうやら垂木が無垢のままだと最後のインスペクションでひっかかる可能性大らしい。

IMG_1876.jpg

インスペクションでひっかかる可能性あるならしょうがないってことで、速攻で二人で塗りに行きました。私はパティオカバーを支えてる細い柱のちょっと手前から右の窓のちょっと手前までの垂木しかペイントできず、

IMG_2038.jpg

窓の辺りから崖側、家の反対側までは旦那が足場+踏み台でペイント!いやー、勇気あるわー。踏み台足場のぎりぎりだし。

IMG_2080.jpg

とりあえず下地塗りしただけなんだけど、無垢じゃないからインスペクションにはひっかからないはず。

ドアも案の定ペイントしてくれないって言われたので速攻でペイント開始。下塗り一度、ペイントは二度塗りする予定。今の家のドア13枚塗った時は旦那のお兄ちゃんのスプレーガンのおかげであっという間に終わったから、一瞬うちもこれを機会にスプレーガン買おうかと思ったんだけど、何万も出してこれから使う機会があんまりなかったらもったいないってことで、地道にブラシとローラーで塗ることに。

こうやって片面づつ塗っていきます。

IMG_2084.jpg

IMG_2087.jpg

下地一度、ペイント一度目終了。

IMG_2106.jpg

あともう一回ペイントしたら、取っ手をつけてもらってドアを取り付けてもらいます。

ちなみにオーダーした取っ手はこれ。

Emtek Stuttgart

探しに行ったのは、超~懐かしいぶち壊しプロジェクトの蝶番を買ったSan Diego Hardware。ほんとはこういう曲がる部分も角のないタイプのが欲しかったんだけど、

IMG_1929.jpg

残念ながら思いっきり予算オーバーか、欲しかった黒は無し。。。でも、円柱で丸い丸座、フラットの黒で予算まあまあのが見つかったからちょっとだけ妥協して気持ちが変わる前にこれに決定。何せカスタムオーダーだったから、オーダーできる前にドア一枚一枚いろんなところの寸法測らなきゃならなくて結構面倒でした。まあマスターバスのポケットドア以外インテリアのドアは全部で5枚しかないから、取っ手も5つで済んだってとこはよかったかな。

バスルームのタイル実はもう終わってペイントも始めました。明日はいよいよフローリングのデリバリー!