2016/01/30

増築-見積もり

やっと鍵をもらって増築をお願いするコントラクターを探してたものすごく小さいケープコッド。覚えてますか?arrow09_s05.gif

150048083.jpg

あれからコントラクターとのアポが立て続け、しかも私の仕事が超忙しくて週末も家に持って帰ってきてた上、よりによって「1月バースデー&引っ越しますパーティー」をうちで盛大にプランしちゃったもんだから(ゲスト合計25人弱)その準備でもあたふた、終いに先週末、ストレスと疲れで免疫力が落ちてたのか、思いっきりウィルス性胃腸炎にかかって寝込んでました。あー、ほんとつらかった。

で、コントラクター。やっと決まりました。

見積もりをもらうのにアポを取ったのは4軒。

アポ#1。旦那が見つけた増築する家のすぐ近くに住んでるコントラクター。返事も一番最初に返ってきたしおしゃべり好きで好感のある人だったから良いかなって思ったんだけど、テープメジャーを持ってくるわけでもなし、やって欲しいことを細かく話してるのに何を書きとめることもなし(っていうかノートも何も持ってこなかった)、終いにはアポの後何日経っても見積もりも音沙汰もなし。

アポ#2。私がネットで見つけた建築会社。4軒アポ取った中でデザイナーを連れてきたのはここだけ。会社の社長が私たちと話してる間、デザイナーが家中の寸法を細かく測って書いてたのも感心したけど、見積もりはメールじゃなくてちゃんとミーティングをして、レイアウトまですでにいくつか提案してくれたのにもすごく感心。社長がかなり個性の強い人で、旦那が「絶対意見衝突しそう」っていまいち好きじゃなかったみたい。あと、ペイントと床はやってくれないらしい。

アポ#3。旦那が見つけたコントラクター。彼もすごく好感のある人で、いろんなタイプの工事の経験はあるみたいだけど、コントラクターの資格自体を取ったのは去年の10月らしい。でも一番早く見積もりを送ってきてくれたのは彼。ペイントと床込み。

アポ#4。旦那がネットで見つけたリフォーム会社。アポ#2みたいに家中寸法は測らなかったけど、肝心のマスターベッドルームは測ってたし、話したことも一応書き取ってた模様。見積もりが出るのに一番時間はかかったけど(10日)、一番細かくわかりやすい見積もり。ペイントと床込み。

で、肝心の見積もりはというと、高い順に(1)アポ#4(2)アポ#2(3)アポ#3。何と、アポ#4の見積もり、アポ#3の2倍でした。

アポ#1は、見積もりさえ送ってこなかったから速攻削除。アポ#3は、見積もりが低いっていう点だけは良かったんだけど、何せ増築だから経験あまりない人だと不安ってことで削除。旦那が傾いてたアポ#4は、もう少し下がらないかって交渉したけどそれでも考えてた予算よりかなり上で削除。ということで、社長が個性の強いアポ#2に決定!

さっそく先週契約サインするためにミーティングに行ってきました。夕方5時半のアポだったから、この日は契約サインして頭金払うのがメインで、レイアウトとかデザインは他の日にゆっくり話し合うのかと思ってたらとんでもない。個性の強い社長、私たちが着いた途端ブループリントをばーっとデスクに広げて、「レイアウトは変わった?」って。確かに見積もりもらった時見せてくれたレイアウトの中で一番気に入ったのはこれ、とは言ってあったけどそれで決定だとは思ってなかったしー。

それから2時間、あーだこーだ定規と修正テープでいろいろ変えてみた結果、結局最初のレイアウトが一番良いということに。 


Layout.jpg

タイル、シャワー、水栓、バニティー、ライト、トイレ、鏡、などなど、これから選ばなきゃ。