2014/06/16

キャニオンへのゲート・パート1

今年中にやりたいプロジェクトの1つ、キャニオンへのゲート。ようやくとりかかることにしました。

5年間、とりあえず前の家で取っ払ってどういうわけかまだ持ってる柵を立てかけておいたんだけど、これを取っちゃうとその下はまさに奈落の底

DSCN7756.jpg


最初は開け閉めできる普通のゲートにしたかったんだけど、手前のパティオが家の方に向かって上がり坂になってるから、手前に開けるゲートだと下がつっかかっちゃって完全に開かないことが発覚。かと言って、キャニオンの方に開けるゲートにすると、キャニオンから上がって来た時に自分の方に開けるようになるわけでそれじゃ危ないと思ったから、最終的に持ち上げて取り外しのできるパネルにすることにしました。

まずはパネルを支えるサポート。右側のサポートは昔一時ついてただろうゲートの残骸をそのまま使用。左側のサポートはさんざん悩んで旦那ともめた挙句、旦那のアイデアで2x4をパティオの下のコンクリートにアンカー使ってネジでとりつけてみることに。「アンカーつけるには何か地盤ゆるそうだよなー。。。」って密かに思ってたら、、、

DSCN7759.jpg

案の定崩れ落ちた。。。

DSCN7761.jpg

で、結局新しくコンクリートを流してサポートを支えることに。まずは家にあったコンクリートブロックとペイバーと木の切れ端で適当にフレーム作り。

DSCN7763.jpg

サポートを入れてコンクリートを流します。

DSCN7765.jpg

レベルでサポートがまっすぐなことを確認したら、コンクリートが乾く前にサポートが動いて曲がらないようにブレースをつけます。

次はどうやってパネルを持ち上げて取り外せるようにするか。

最初考えたのが、こういう木のフック。
でも、これだとまず小さい木のパーツでL字を作って、それをサポートにネジで下から斜めにくっつけて、とちょっと面倒だと思ったから、結局こういうクリ-ツにすることに。

frenchcleat1.jpg

パネル自体はごくふつーのデザインで、フェンスとゲートガラージドアと同じチョコレートブラウンにペイントする予定。