2012/03/31

マスターバス-プラミング2日目&3日目!

プラミング2日目の金曜日。バスタブ取り付けるだけだったから1時間ちょっとで終わったんだけど、プラマーが来てくれたのが正午ちょっと前でそれまで待ってるだけだったから結局半日つぶれたー。

作業の様子は見てなかったけど、発泡ウレタンスプレーを使って設置してました。水漏れがないかバスタブに水を入れて確認して終了。端っこから見えてる黄色いのはぶち壊した壁から出てきた断熱材。何せホーローのバスタブだからそのままだと音がすごいのなんのって。バスタブを取り付けてもらう前に回りにぎゅうぎゅうに断熱材詰め込んでおいたのですっかり静かになりました。

2012-03-30 003

静かなバスタブになって安心したのもつかの間、プラマーが帰って速攻で気が付いたのがバスタブの幅の狭さ。長さのことばっかり気にしてて全く幅のことを考えてなかったことにバスタブが取り付けられてから気が付いた二人。普通より短いバスタブだったらそりゃー幅も狭いはず。実際旦那がバスタブの中に立ってシャワーカーテンの場所を想像しながらシャワー浴びるふりをしてみたら、何とほとんど身動き取れない状態。。。"Oh, my gosh! We made a huge mistake! I'm gonna hate this shower!"の繰り返し。。。今までたくさんプロジェクトやってきたけどここまで旦那が動揺してやる気なくしたのは初めて。「まだ遅くないから、このバスタブ取っ払ってトイレ動かしてもらってスタンダードのバスタブにする?」って言ってみたものの、$1100払ってわざわざこの狭いバスタブに合わせてプラマーにガスとシャワーを動かしてもらってバスタブ取り付けてもらったのをまたやり直しなんて、考えただけでますます落ち込んだ様子。

そこでひらめいたのがこのアイデア!


バスタブの手前に何インチかの厚みのフレームを作ればそのぶん広くなる!もちろんシャワーカーテンのすその部分はバスタブの中に入るから足元エリアの狭さは変えられないけど、今のままよりはましなはず。旦那もこのアイデア気に入ってくれました。ようやくまたやる気が少し回復したところで、タイル貼り下準備用マテリアルを買いに近所のHome Depotへ。

帰ってきて2-3時間、終わったのはタイルの下地になるDurock(セメントボード)をネジで取り付けるためのフレーミングのみ。キッチンゲストバスもぶち壊した時同じ風にフレーミングしなきゃならなかったんだけど、ほんとこれが普通の家みたいに2x4で建てられてたらどれだけ楽か。。。

2012-03-30 005

土曜日の朝。さー今日は張り切ってタイル貼りの下準備するぞーって思ってバスタブをふっと見たら、何と床から2センチくらい浮いてるじゃぁないですか!!!ちょっとまじで???どうやら発泡ウレタンスプレーが夜の間まだ膨らみ続けていたらしい。。。さっそく旦那がプラマーに電話したら、なんと20分で来てくれました。(電話したときものすごいため息ついてたらしいけど、ため息つきたいのはこっちだよね)

どうやってやったのかは見てなかったけど、どうやらバスタブをひっくり返して余分な発泡ウレタンスプレーを切り取って直したみたい。明日の朝またバスタブ浮いてたらもう笑うしかないです。

2012-03-31 005


もうこれ以上何も起こらないでくれないと全然進まなーい、と思ったのもつかの間、旦那が「足の親指がすっごく痛い」っていうから見てみたら何か赤くなってはれてる感じ。。。何とこのタイミングで旦那が通風になりました

でも、何とかがんばってシャンプーなんかを置くためのニッチと、

2012-03-31 016

バスタブの周りのフレーミング途中まで終わりました。(まだ壁と床にはくっつけてないけど)

2012-03-31 021

いつ終わるのかな、このプロジェクト。。。