2011/06/27

敷居

これがまた面倒。。。敷居と一言で言ってもいろいろ種類があるんです。

ゲストルームの入り口。タイルとハードウッドフロアの高さが同じで平らだから、ここにはT-moldingっていう敷居が必要。

2011_06270011.jpg
 
ゲストバス1の入り口。ここはハードウッドフロアのほうが1センチほどタイルより高くなっちゃったから、overlap reducerっていう敷居。 

2011_06270001.jpg
 

ゲストバス2の入り口。こっちも同じくoverlap reducer。 

2011_06270018.jpg
 

種類や寸法もさることながら、今回必要なのはハードウッドフロアと同じレッドオークでしかも無垢の敷居。もちろんホームセンターでぴったり条件にあった敷居が見つかるはずがなく、さっそくネットで探してみたらChicago Hardwood Flooringで無垢のレッドオークの敷居がたくさん売ってるじゃないですか!寸法がぴったりっていうのは無かったけど、カスタマイズすればぴったりにできそうだし、なんてったって送料込みでたったの19ドル!1週間もしないうちに筒に入って届きました。

2011_06270002.jpg

 
左がT-molding。右がoverlap reducer。

2011_06270004.jpg

ラウターでカスタマイズ中。。。

2011_06270005.jpg

問題はオフィスの入り口。ここは何と段差が2センチ強。Chicago Hardwood Flooringじゃそんなに高い敷居が売ってなくて、っていうか普通2センチ強の敷居ってあり得ないんだろうな、きっと。

DSCN0898.jpg

ということで、ここだけは自分達で作る羽目になったんだけど、厚み2センチ強の無垢のレッドオークってそう簡単に見つからないんだよね。。。