2011/06/01

二度とやりたくない床・終了

クローゼットが終わっていよいよメインのエリア。恐怖の糊はタイルと同じ要領でこてでのばします。「45分以内に貼れる面積にのばしてください」なんて書いてあったけど、やったことないから見当つかないよー。

2011_05280015.jpg

タイルと違って、一枚一枚の間の幅を気にしないでいいから結構早く進みそうなんだけど、何せ幅の狭いフローリングなもんだから、これだけやるのに3時間かかりました。午後6時過ぎ。

2011_05280021.jpg

タイルもそうだけど、こういうプロジェクトって道具のクリーンアップが超面倒。こんなですよ、ほら。

2011_05280023.jpg

しかもこの糊、水とソープじゃ落ちないタイプだから、mineral spiritsとスチールブラシでごしごし落としかなし。でもこれをちゃんとやっておかないと、次に日ホームセンターに新しいのを買いに行く羽目になるのです。

2011_05280025.jpg
 

日曜日は朝8時から作業開始。オフィスの下準備をまず終えて、さっそくゲストルームに恐怖の糊をのばしたところ。

2011_05300001.jpg

なんだけどー、いざフローリングをはめようとしたら全然入らないじゃないですか。ちょっとー、朝からやめてよこういうの。どうやら原因は、前の晩に貼ったフローリングの糊が乾いてゴム状になったのがちょっとはみ出てて、新しいフローリングがはまらないらしい。ここ。

2011_0528.jpg

さんざんリサーチしたのに、誰も「次の日に持ち越すときは最後の列の糊がはみ出てないようにクリーンアップしないと次の日大変な目にあう」なんてアドバイスしてた人いなかったなー。

すぐパニックになる私にくらべて普段は冷静な旦那も、今回ばかりはかなりいらついてたな。仕方がないから、まずはせっかくのばした糊をこてでまた集めて缶に戻し、スクレーパーではみ出てる糊を削りまくる。これがまたしゃれになんなかった。。。

二人であたふたしてるところへ、お友達のMotokoさん到着。1年以上前からリモデルのお手伝いがしたいって言われてたんだけど、よりによってこんな大変なプロジェクトをお願いしちゃった。ごめんね、Motokoさん。

ここからはMotokoさんが撮ってくれた写真。また糊をやり直してるところ。午前10時過ぎ。
 
guestRoom_1.jpg

午後1時過ぎ、ゲストルーム終了。

guestRoom_8.jpg
 

とっととお昼を食べてオフィスは午後2時開始。ゲストルームが合計6時間くらいかかったから、もう少し広いオフィスは6時間は最低かかるかなーって思ったんだけど、旦那とMotokoさんは4時間でいけるって。3人で黙々と作業して、終わったのは午後6時ちょっとすぎ。4時間ちょっとで終わったー。Motokoさん、ほんとありがとね。2人だったら完璧Memorial Dayも糊と戦ってたと思います。

office_10.jpg

3日目に突入せずに済んだので、こてとかputty knifeとかクリーンアップせずに全部捨てました。まだこれから完成までいくつかやらなきゃならないことがあるけど、とりあえず恐怖の糊とはこれでおさらば!糊でフローリングを貼る作業は人生一度で結構です。