2011/05/08

タール退治・終了

土曜日Long Beachから無事残りのフローリングを持って帰ってきました。ひとまず安心。
予感的中したゲストルームは先週末から引っ剥がし開始。オフィスと違って1枚目と2枚目のリノリアムが硬くて硬くて剥がそうとすると片っ端からパキパキ折れていく。まあ小さく引っ剥がれたほうが捨てるのは楽なんだけど。ベージュのがリノリアム、グレーのがタール紙、その下に黒く見えてるのが恐怖のタール。
2011_05010030.jpg
部屋が小さいからリノリアムとタール紙を剥がすのは1日で終わり。タール自体も、びっちりくっ付いてたオフィスとは打って変わってところどころ程度。得意の沸騰させたお湯で(お酢はなくなっちゃったから無し)大体のタールを退治。

でも当然熱湯で溶けたタールはいくらスポンジで拭いたといってもコンクリートにかなりしみ込んでるはず。このままじゃフローリング用の糊がうまくくっつかない恐れがあるので、それを今度はディグリーサー(油性洗浄剤)で取り除く。
2011_05080013.jpg 
これをと熱湯を直接コンクリートに流して、旦那が職場から借りてきたバッファーでクルクル洗っていく。
2011_05080011.jpg
最初旦那がバッファーを試してみたいって言ったとき、思いっきり半信半疑だった私。でも、結果は大成功。
2011_05080012.jpg 

2011_05080009.jpg

タール紙を発見した時、二人とも正直ここまでコンクリートを綺麗にできるとは思ってなかったからかなり嬉しい。
でも、ゲストルームのクローゼットにもタール紙敷いてあったの忘れてました。。。