2011/01/27

オトマンリメイク・パート2

ヘッドボードのこと書いてて、オトマンリメイク・パート1なんてのがあったのを思い出したので、まだ中途半端とは言え続きです。(って言ってもこれをやったのは2009年の11月なんですけど。。。)

まずはどこにボタンをつけるかをスケッチ。
2009_05190016.jpg 
問題だったのは、オトマンをひっくり返し見たら全く木の骨組みがなかったこと。そのままじゃボタンが留められないから、まずは家にあった木で骨組みをつけました。
 2009_06070038.jpg

その次はボタンを通すところにドリルで穴あけ。
2009_11080009.jpg 

ちなみにボタンを通す用の長ーい針も買ってありました。
2009_11080015.jpg 
この針にボタンを通して、普通の縫い物のように上から下へ通していくわけなんだけど、、、

クッションの弾力性が半端じゃなくて、私と旦那、お友達のふみこさんの3人で上からこれでもかっていうくらいの力で押して、やっと裏に針の先っぽが出たっていう感じでした。なので、作業中の写真なんて撮ってる場合ではなし。一番大変だったのは、針が裏に出てから糸を思いっきりきつく引っ張ってる状態のままで写真のように留めること。もう1年以上経っちゃったのでどうやって留めたのかは覚えてません。。。
2009_11080012.jpg
数時間がんばってこうなりました。
2009_11080016.jpg

あとは角の余った生地を処理するだけだったんだけど、、、
どうやら使った糸が弱すぎたらしく、数日したらいくつかボタンが吹っ飛びました。ほんとに数メートル飛びました。
2009_11080017.jpg  
あれから1年と数ヶ月。いまだにボタンが吹っ飛んだままで使ってます。