2009/10/29

オフィスリモデル-床の正体

フローリングの正体を明かす前に、まずはカウンタートップの撤去。

 

2009_09270008.jpg

 

 

運びやすい大きさに切るために使ったのがreciprocating saw。ぶち壊しには欠かせない道具です。こういうの。

Reciprocating saw HD

 これを買ったのは前のキッチンの壁をぶち壊した時。一緒についてきた刃が安物で最初の一回で折れちゃって結局使えなかったんだけど、めげずに今回は新しい刃を購入。おかげさまで大活躍しました。

 

2009_09270009.jpg

 

カウンターを取っ払っていよいよキャビネット撤去!そしたら、、、

 

2009_09270012.jpg

 

キャビネットの下全部モザイク!!!!!

 

floor1.jpg

 

 

でも、残念ながらタイルじゃなかった。。。どうやらリノリアムフロアの上にまた違うリノリアムを敷いたらしい。この下にもまだ何かあるのかな~。

 

それにしてもすごい柄。どこで買ったんだろ。

コメント

非公開コメント

Re: オフィスリモデル-床の正体

あはは。。。何枚張ってるんですかねぇ~(^^;

見違える様に、綺麗に成るのでしょうね。

楽しみにしていますよぉ~(^^@

Re: オフィスリモデル-床の正体

電動のこぎり(っては言わない?)、便利そう!!!ジグソーとはまた違う感じだね。
そっか・・・タイルじゃなかったか!
次は、モザイク柄のシートを剥したら何が出てくるんだろうね!?

Re: オフィスリモデル-床の正体

MIHOさん

2枚だけだといいんですけど、何てったって築72年ですから数枚あってもおかしくないですよね。。。先が長いです。。。

ゆかちゃん

そうそう、ジグゾーとは違うの。用途も違うけど、もっとパワフルかな。タイルじゃなかったよ~。次は何が出てくるのかちょっと恐ろしい。。。タイルは無いと思うけど。