2006/04/07

ふさぐか、ふさがないか、それが問題・・・パート1

昨日お約束したとおり早速シャターのご紹介。


この壁のオープニング、ふさごうか、ふさぐまいか、迷いに迷いました。でも、決め手となったのは、この部屋の裏には暖炉があり、そことこの部屋とをびっちり分けたかったこと。


opening.jpg


「ふさぐだけでなく、開けたい時は開けれるっていうオプションも欲しい。。。


そこで思いついたのが

クローゼットのドア。だって、ドアだったら開けたり閉めたりできるでしょ?さすがに例の"今どこに飾っていいかわかんないけど、いつかは使えるから捨てないでしまっとこう”クローゼットには、余ったドアはなく、さっそくホームセンターへ。


そこでみつけたのが、こんなクローゼット用ドア。(San Francisco Shutter Co.のサイトより)昔からシャターは好きだったのでまた一目ぼれ。これを2セット購入。「うーん、すでに出来上がりが想像できる。。。」


shutter.jpg



もちろんこのままじゃ長すぎるので、真ん中の切れるところで切断。そして、、、小さくなった。


DSCN0507.jpg


これからが大変だったのです。。。では、また明日。


今日の10秒英会話: I can't make up my mind!


決められないよ~。



応援してね!      ポチにほんブログ村 インテリアブログへ

コメント

非公開コメント

これがあの色になり、あそこにはまっちゃたんですね。
うーん、すごいですね。
これからどうなったのがが楽しみです。

>和さん

そうなんです。今回は二回にわけてみました。明日をお楽しみに!

わが家のクローゼットにこのバイフォールドドアが欲しくて欲しくて。でも日本では高価なので我慢して、現在扉無し状態なのですが・・・それをあさみさんは切断しちゃったんですね。もったいな~いという気もしますが、ちゃんと有効利用されてるのでこれはこれで素敵ですね。
通気性も確保しつつ、仕切りの効果もあっていいですよね。
ちなみにおいくらでした??よかったら教えて下さ~い。
今度アメリカに行ったら夫婦で担いで帰ろうと計画しております。
少々大きいですけど、計3セット予定。(笑)

>dogwoodさん

そうでしたかぁ。。。すみません、切っちゃって。これは確か1セットで、60ドルくらいだったと思います。日本だとどれくらいなんでしょう?私が使ったのは結構おっきなサイズ(およそ2mx90cm)だったので、もう少し幅が狭いのだったらもう少し安いかもしれません。それにしても、担いで持って帰るとは。。。

ホームセンターで普通にクローゼットのドアって売ってるんですね。
日本ではそのへんのホームセンターでは売ってないと思います。それにとっても高いと思います。
サンディエゴのホームセンターとかガレージセールに行ってみたぁい!

1セット60ドルですか?!
日本だと安いところで¥26000位だったと思います。
なんで~?って感じですよね。
多分絶対買って帰ると思います。
その辺労を惜しまないもので。(笑)

さすがアメリカ、すごいものが気軽なお値段で買えるんですね!
うらやましいです♪
カットもキレイにするのは、大変ですよね~
素敵なDIY生活エンジョイしてますね☆

お疲れ様です(笑)。扉をつけちゃうわけですね。
壁にどうやったらとりつけられるのでしょう?
私なんて思いつきもしません~。

壁に扉が取り付けられるのも凄く気になるのですが…
なんでも揃うホームセンターに興味津々です!
ぜひレポートお願いしますーっ

>ぴよろーさん

こっちのホームセンターはなんでも売ってます。日本では、クローゼットのドア、どこで買えるんでしょう。。。そうだ、今週末にでもホームセンター・レポートしましょう!

>dogwoodさん

安いところで¥26000ですか!?それなら、私でも担いで買えります。。。

>インテリアコンシェルジュ とっしーさん

お久しぶりです!そうですねぇ、まさか日本ではクローゼットドアがそんなにするとは思いませんでした。。。カットは主に旦那の仕事です。私は電動のこぎりの使用を彼から禁止されてます。。。

>TINAさん

やっぱり、『必要は発明の母』ですねぇ。余るだけお金があったら別ですが、うちは『貧乏暇無し』なのでいろいろクリエイティブにならざるを得ません。でも、それが楽しいんですけど。。。

>chiharuさん

いいアイデアありがとうございます!さっそく今週末、ホームセンター・レポートやりま~す。