2007/11/09

ラニ、お帰り。。。

DSCN3545.jpg


今日、ラニをうちへ連れて帰ってきました。あんなに大きかったラニがこんなに小さくなってしまったのを見ると本当にやりきれないけど、これで少し落ち着いた気がします。


火葬をしてくれたPeaceful Pawsは、うちから北へ約130キロ。普通、遺灰は獣医さんのところへ届けてくれるようなのですが、どうしても自分たちで連れて帰ってきてあげたかったから、二人で迎えに行きました。


足のプリントも二つ作ってくれました。私の手と同じくらいの大きさだったラニの足。靴下を履いたみたいに真っ白でほんとに可愛かったな。。。


何年もお世話になっている獣医さんからはお花とみんながサインしてくれたカードが届きました。


DSCN3540.jpg


7年間、ラニがお世話になった彼ら達。最後までラニを見守ってくれて、本当にありがとう。これからもクイポをよろしくお願いします。


ラニが天国へ旅立って早一週間。今は悲しみよりも、ラニがいない寂しさが日に日に増している気がします。でも、みなさんからの励ましの言葉にかなり元気付けられました。本当にありがとうございます。もうそろそろラニのメモリーブックを作り始められそうです。


クイポはこれで一人ぼっちになってしまいました。きっとラニを恋しがっているとは思いますが、相変わらず食いしん坊で元気にしていますので安心して下さいね。

コメント

非公開コメント

ラニちゃん、お帰りなさい。。
きっと、またお家へ戻れて皆の顔が見えて喜んでいるねラニちゃん。
痛みも苦しみも無くなって、虹の橋やたまにはあさみちゃん達の周りを走り回っていると思うよ。

お世話になった獣医さんたちからもお花やお手紙が届いたんだねぇ。
本当にラニちゃん皆に好かれて可愛がられて幸せな一生だったと思う。

これからは、クイポちゃん、ラニちゃんのぶんまでいっぱいいっぱい元気に長生きしてね。
クイポちゃんが変わらぬ食いしん坊で元気だって事が、あさみちゃん達の寂しさを少しでも少なくしてくれてるといいな。

驚きました。
ラニちゃんどうしてるかな。。と気になってましたが。。
虹の橋を渡ってしまったのね。
あさみさんたちに愛されて、幸せだったでしょう。
喪失感でどうしようもないかと思いますが、元気を出して下さいね。
笑顔でいることが、きっとラニちゃんへの供養になると思う。

ほんとにみんなに愛されて幸せなラニちゃんでしたね。
それにしてもすごく大きなワンちゃんだったんだ~ あのやさしい顔とでっかいサイズがなんかぴったり合う気がします・・・ メモリーブック、きっと素敵なのになりますね。

ゆかちゃん

ラニ、帰ってきたよ。でもやっぱり寂しいね。。。クイポが元気にしててくれるのが今は救いだけど、これからは今まで以上にクイポの様子の変化に気をつけなきゃって思う。

Makiさん

突然具合が悪くなったので、心の準備はしていたとはいえ、やっぱり急すぎました。。。さすがのラニも癌には勝てなかったです。でも2ヶ月といわれていたところを5ヶ月がんばってくれました。今は悲しいというより、とにかくラニがいないことの寂しさで胸がいっぱいだけど、二人でラニの思い出話をしていると少しだけ寂しさがまぎれます。ありがとね、Makiさん。

りっぺさん

ラニは元気な時、50キロ近くあったんですよ。立ち上がると旦那さん(身長180センチ)の肩に足を乗せられたくらい!だけど、ほんとに優しい犬でした。体もふわふわしてぬいぐるみみたいだったし。もうHugしてあげられないのがほんとに寂しいです。。。

なんだか涙がでました。

会ったことないけど、ブログを通じて身近な存在だったので・・・。

やっぱり、いなくなると寂しいね。

クマ姉さん

もうラニは天国へ行ってしまったってわかってても、家にラニがいないっていうことがとっても不思議で寂しくてたまりません。今、ラニのメモリーブックを製作中ですが、写真を見るとまだ泣かずにはいられないし。。。たまらなくラニが恋しいです。

家族からはもちろん、
獣医さんたちからもこんなに愛されていて、
とても幸せなラニちゃんだったんだね。
UTCに行った時、大きなワンちゃんをいっぱいなでながら
飼い主さんと楽しそうに話してるかんちゃんの様子を思い出したよ。
同じように寂しい思いをしているクイポちゃんのこと
いっぱいいっぱいHugしてあげてね。

ゆい豆ママさん

そうだね、あの真っ白い犬、可愛かったね。。。小学生の時、家の前で小さな犬に追いかけられてから犬が大嫌いになったのに、ラニとクイポを飼い始めてから可愛い犬を見るとなでなきゃ気が済まないくらい犬好きになったもんね。

クイポはまだ寂しい様子はみせてないけど、少しの変化も見逃さないように注意してるよ。

あさみさん

急なことで驚きました。
前にもちょっとかいた、うちのチャウチャウが死んでしまった時にあさみさんと同じこと思いました。

昨日まであった、あの大きくて柔らかい体は、いったいどこに行ってしまったのだろうって、それがもう地球上のどこにもないことが、いくら頭でわかってても納得できなくて…
ほんと一週間、骨壷抱きしめて母親と泣き続けました。
だからすごく気持ちわかります。元気出してくださいね。

うちはあまりに急に尿毒症が悪化して、何もわからないままゆっくりみとってあげることもできなかったけど、ラニちゃん、ずっと大事にされて、とっても幸せだったと思いますよ。
御冥福をお祈りします。

ria さん

ご無沙汰しています。。。癌の手術をした後は全く元気だったので、本当に急に悪化したという感じです。

私たちの今の気持ち、全くria さんがおっしゃるとおりです。熊のぬいぐるみのようだったラニがAshesになってこのCedarの箱に入ってるっていうことがほんとに不思議で、悲しくて。でも悲しくなるたびに「ラニはもう苦しんでいないんだ」って思うようにしています。励ましのお言葉、ありがとうございました。

あさみさん、こんにちは。

なんだか胸が張り裂けるような気持ちです。
愛してきた家族を失う悲しさ、、寂しさ、、
お察し致します。

なんか、これ以上言葉が出てきません。。。。
ラニちゃんのご冥福をお祈り致します。

きゃんでぃーさん

ご無沙汰しています。。。ラニが天国へ旅立ってもう3週間が経とうとしています。まだラニの写真を眺めていると涙が出そうになりますが、クイポがいてくれるおかげでやっていけています。ご心配おかけしました。もうそろそろブログも再開できそうです。これからもよろしくお願いしますね。