2007/10/25

山火事、まぬがれました

DSCN3496.jpg


先週末に発生した南カリフォルニアの山火事、今も燃え続けています。月曜日の午後から火曜日の朝にかけてうちのエリアにも避難命令が出そうな気配だったので、大切な書類や写真、Medical Recordなどを片っ端から集めて待機してましたが、今の所避難せずに済んでいます。


私の働いている大学は今週一杯Closeになったので、今は家でニュースを一日中見ています。「何エーカーが燃えた」と聞いてもピンと来ないんですが、どうやら今までに東京都の面積の7割程度が燃えたそう。(YOMIURI ONLINEより)


南カリフォルニアで山火事が多い原因はサンタ・アナという季節風。湿度も地域によっては10%以下というところもあり山火事がとても起こりやすい状態です。灰もかなり降ってきます。


DSCN3505.jpg


二階のデッキ。パティオもすごいです。


DSCN3506.jpg


今日はもう灰は降ってきていませんが、まだ空気がかなり悪いので日曜日から窓は閉めたままにしています。


サンディエゴはちょうど4年前にもCedar Fireという大規模な山火事を経験しましたが、今回は初めて「Reverse 911」というシステムが導入されたため、避難もだいぶすんなりいったようです。「Reverse 911」というのはまさに「逆の911」ということで「避難してくれ」と家に電話がかかってくるシステム。もちろんコンピューターで自動的にかかるようになってると思いますけど、従来だったら消防士や警察官が一軒一軒ドアをたたいて回るところを「Reverse 911」のおかげでその手間がはぶけるし、ものすごい数の家にあっという間に避難命令を出せるわけです。


今回改めて思ったのが、緊急事態のためのプランをしっかり家族と話し合っておくことの大切さ。避難命令が出てから「さて何を持っていこう」なんて考えてる時間はないですよね。もちろん数分しかない、なんていう状態だったら犬を抱えて旦那ととっとと逃げますけど、そうでなければ大切なものは全て持ち出せるはず。ということで、今回「いざと言う時に持っていく物のリスト」を作りました。パニックになりやすい人間なので、後は落ち着いて行動するってことが一番大事ですね。


とにかく今の所火事の被害は免れていますのでご心配なく。メールやメッセージをくれた方、ありがとうございました。最後に、家が全焼してしまった方々が一刻も早くもとの生活に戻れますようにお祈りします。


今日の10秒英会話: Wildfire


山火事


応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ