2007/10/25

山火事、まぬがれました

DSCN3496.jpg


先週末に発生した南カリフォルニアの山火事、今も燃え続けています。月曜日の午後から火曜日の朝にかけてうちのエリアにも避難命令が出そうな気配だったので、大切な書類や写真、Medical Recordなどを片っ端から集めて待機してましたが、今の所避難せずに済んでいます。


私の働いている大学は今週一杯Closeになったので、今は家でニュースを一日中見ています。「何エーカーが燃えた」と聞いてもピンと来ないんですが、どうやら今までに東京都の面積の7割程度が燃えたそう。(YOMIURI ONLINEより)


南カリフォルニアで山火事が多い原因はサンタ・アナという季節風。湿度も地域によっては10%以下というところもあり山火事がとても起こりやすい状態です。灰もかなり降ってきます。


DSCN3505.jpg


二階のデッキ。パティオもすごいです。


DSCN3506.jpg


今日はもう灰は降ってきていませんが、まだ空気がかなり悪いので日曜日から窓は閉めたままにしています。


サンディエゴはちょうど4年前にもCedar Fireという大規模な山火事を経験しましたが、今回は初めて「Reverse 911」というシステムが導入されたため、避難もだいぶすんなりいったようです。「Reverse 911」というのはまさに「逆の911」ということで「避難してくれ」と家に電話がかかってくるシステム。もちろんコンピューターで自動的にかかるようになってると思いますけど、従来だったら消防士や警察官が一軒一軒ドアをたたいて回るところを「Reverse 911」のおかげでその手間がはぶけるし、ものすごい数の家にあっという間に避難命令を出せるわけです。


今回改めて思ったのが、緊急事態のためのプランをしっかり家族と話し合っておくことの大切さ。避難命令が出てから「さて何を持っていこう」なんて考えてる時間はないですよね。もちろん数分しかない、なんていう状態だったら犬を抱えて旦那ととっとと逃げますけど、そうでなければ大切なものは全て持ち出せるはず。ということで、今回「いざと言う時に持っていく物のリスト」を作りました。パニックになりやすい人間なので、後は落ち着いて行動するってことが一番大事ですね。


とにかく今の所火事の被害は免れていますのでご心配なく。メールやメッセージをくれた方、ありがとうございました。最後に、家が全焼してしまった方々が一刻も早くもとの生活に戻れますようにお祈りします。


今日の10秒英会話: Wildfire


山火事


応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ 

コメント

非公開コメント

あさみさんちは無事でよかったですね。 うちの旦那の妹のところも避難しなければならないエリアに入ったそうなんですけど、旦那さんはやはり家が心配でうちに残ったそう。 そっちの火事おさまってるといいんだけど・・・ 私も前に南カリフォルニアに住んでたので、今は火事の季節だなあと思い出しています。
皆さんご無事で・・・・

火事のこと心配してました。
無事でよかったです。
義理の妹のとこころも
近いのでちょっと心配ですが、
今のところ大丈夫のようです。

一日も早く鎮火することを祈ってます。

今回は4年前よりひどかったんだよね。

家から燃えてる様子が見えたの?
こういう景色は見てないから
びっくりしちゃった。
そして「Reverse 911」っていうんだね、
うちにもかかってきたよ。
家電を持たず、しかも他州で契約した携帯を持っていたので避難が遅れそうになった友達もいたけど、
我が家も含め多くの人がこれで避難できたんだね。

なにはともあれ
お互い無事帰宅できてよかった。

ご無沙汰してます。
空が真っ赤ですね。
この写真はあさみさんのおうちから撮られたのですか?
東京都の7割って、、、規模の大きさに驚きです。
ともかくあさみさん無事でよかった!
1日も早く鎮火しますように。。。

はあ~~。ご無事でよかった・・・。心配しておりました。
あまりに大規模で、テレビの映像を見てもちょっとショックを受けてしまいました。
早い鎮火をお祈りしてます。

りっぺさん

ご心配おかけしました。そうでしたか、、、ご親戚の方避難されたんですね。旦那様は残られたそうですが、ご無事なことをお祈りしてます。

とんこさん

ご心配おかけしました。旦那もラニもクイポもみな無事です。義理の妹さんは確かL.A.でしたよね?ご無事でよかったです。ほんとに一日も早く平常に戻ってほしいです。

ゆい豆ママさん

今回の山火事は4年前のCedar Fireより延焼したエリアは大きいらしいよ。この写真は二階のデッキからなんだけど、煙がどんよりと空に座ってる様子を撮ってみたよ。実際どれくらい近くまで火が来てたかはわからないけど。

「Reverse 911」、かかってきたって言ってたよね。うちは幸い避難せずに済んだけど。とにかく早く元の生活に戻りたいね。

まきさん

お久しぶりです!いつも読み逃げしてました、ごめんなさい。。。

この写真はうちの二階から撮りました。燃えている、というよりどんより煙が座っている様子です。ラニとクイポは何事もなかったように毎日食べては寝てますので安心してください。心配してくれてありがとう。

Fさん

心配おかけました。うちのエリアは避難しなくて済みました。みな無事ですので安心してください。一週間仕事が休みになったとは言え、外はまだ煙のにおいがするし、早く元の生活に戻りたいです。

ご無事で何よりでした。

LB Hiro さん

心配おかけしました。まだ完全に鎮火したわけではないようですが、うちのエリアは完全にまぬがれたと思います。窓もようやく開けられるようになりました。家が全焼してしまった方々がこれからどうやって元の生活に戻るのかを考えるとかなり悲しくなります。私には募金することくらいしかできませんが、被害者の方々が一日も早く元の生活に戻れるようにお祈りしています。

あさみちゃん、毎日とても心配していたよ。大丈夫だよ~って聞いて少しはホッとしたけれど、ニュース見ると「一番被害を受けてるのがサンディエゴ」って言うから、ホントに心配で。。。実家でも大丈夫だろうか!?って皆で言ってたの。

日本では大規模な山火事は無いけど、地震があるから怖いよ。私もすぐパニクルから、避難する時のリスト作っておこう!まとめて置いとくってのも重要だよね。パッと持って逃げられる様に!

灰の片付けもノドとか痛めない様に気を付けてね。

被害にあわれた方々が一日でも早く普段の生活に戻れますようにお祈りしています。

ゆかちゃん

心配かけちゃったね。4年前もかなり近くまで来たんだけど、なぜか今回のほうがあせったな。大規模な火事の場合、今回のことでちゃんと避難命令が来るっていうのがわかったからその点は安心だけど、地震の場合、前もって逃げるってわけにいかない分かなり怖いよね。。。持って逃げるもののリストっていうより、隠れるところ、まずしなきゃいけないこと(例えばドアを開けるとかガスの元栓しめるとか)のリストのほうが役に立つかもね。

おお、良かった。とりあえずなんともなさそうで・・・。
ニュース見ててサンディエゴがひどそうなのと、ブログも更新されてないし・・・。て、心配になってました。
うちのホストファミリー、ロスの西の方のAgoura Hillsってとこに住んでるんだけど、大丈夫かな。
メールしてみようかなー。

クマ姉さん

心配かけました。うちは灰と煙以外は全く被害無しでした。まだ鎮火していないので避難されている人が心配ですけど。Agoura Hillsですか。。。L.A.の辺りはそれほど被害がなかったと思うので大丈夫だとは思いますが心配だったらメールをしてみるのが一番では?

無事非難なし、被害なしでよかったね!
ご両親もさぞご心配のことだったでしょう。ほんと無事でなによりでした。
テレビで見たり聴いたりはしていたのだけど、こちらで空の向こうが真っ赤の写真を拝見し、現実の世界なんだって改めて思ったよ。
「いざと言う時に持っていく物のリスト」大事だよね。
東京も、もういつ大地震が起きてもおかしくない時期に来ているらしいので、ものすごく心配性な私はやっぱり作ってあります。
灰の量、半端じゃないね。
一日も早く現状復帰されますように。

ご無沙汰して申し訳ないです。
火事、心配してました。
まだ燃えてるよね。。
避難者の数も膨大みたいで。。
とりあえずあさみさんとこは、無事で良かったね。

それと遅ればせながら結婚記念日おめでとう。リンクしてくれてたのね。見るのが遅くなってごめん!
うちもこれからも毎年お祝いするよ。(^^

山火事大変ですね。
無事そうで何よりです。

どうもいまだにアメリカの地理に疎くて、サンディエゴが何州かも良くわかってなく、カルフォルニアの山火事があさみさんの地域だと気づくのに時間が掛かってしまいました。どうもスミマセン。

やはり、雨が少ないので空気が乾燥してるのでしょうか?「山火事」だけでなく、普段から火事には気をつけてくださいね。

ミサプレーゴーさん

おかげさまでうちは避難もせずに済んだよ。うちの両親には月曜日から何度か電話しました。ニュースで見てるだけじゃどこがどうなってるんだかわかんないもんね。

日本は地震が怖いよね。。。「いざと言う時に持っていく物のリスト」、使える時間があったらラッキーだと思う。家が全焼してたまった家族が「House is just a place to stay. Home is where my family is.」って言ってたのを聞いてほんとにそうだなって思った。旦那と犬たちが私と一緒に無事避難さえできれば、家が燃えちゃったとしてもまた建て直せばいいわけだし。

Makiさん

心配かけちゃったね。私の住んでる街は結局一切被害がなかったんだけど、他のエリアでは何百軒と家が全焼したみたい。。。みんなそれぞれ子供がいたりペットがいたりするわけで、彼らがこれからどうやってもとの生活に戻っていくのかって考えると悲しくなるよ。

お祝いの言葉、ありがとう。Makiさんとうちは結婚年数が一緒なんだよね。しかも記念日もかなり近いし。16年記念もブログで書けるといいな。

Stuさん

心配おかけしました。幸い避難もせずに済みました。アメリカ南西部は国内で一番湿度が低いエリアです。以前住んでいたアリゾナほどではありませんが、ここ一週間サンディエゴは10-20%といったところです。私の母親が言ってましたが、サンディエゴから帰ってきたら「肌が砂漠のようだって言われた」って言ってました。ローションは必需品です。

パティオの灰、すごい量ですね。目に見えない様な灰も吸っているんじゃないかと思うと少し怖いです。臭いだけでもキツかったですよね。
私も今回、つくづく避難時の準備をしなければと思いました。
まずは少しでも早く鎮火して、平和なサンディエゴに戻って欲しいなぁと思います。

デミさん

デミさんもどうやらご無事だったようでよかったです。Cedar Fire同様、今回もものすごい灰でした。昨日になってようやく安心して窓が開けれるようになりました。今日は一気に涼しくなってほんとに気持ちがいいですよね。一週間休みになったものの、実の所早く仕事に戻りたいです。

ただいまブログ応援活動中!
応援ポチッ!

アシタカ さん

はじめまして。応援ありがとうございました。