2007/10/03

バスルームぶち壊し・最終回

2月13日に想像が始まったバスルームぶち壊し。まさか8ヶ月もかかるとは思ってもみませんでしたがようやくその日がやってきました。

まず心配をおかけしていた照明の配線ですが、買ってきたワイヤのアースはJunction boxのプラスチックの部分に巻きつけ(上の矢印)、照明のアースはそのままにしました(下の矢印)。Stuさんスポンジさん、これで大丈夫ですか?

DSCN3378.jpg

これで勝手に一安心している私達。

ステインの色が合うか 心配していたモールディング。結局Whittierの本棚に使ったオイルステインを使いました。

DSCN3414.jpg

色合いがちょっと違うけど遠くから見たらほとんどわかりません。

修復した壁の再修復もなんとか。

DSCN3412.jpg

さて自分でも早く見てみたかったBefore & Afterです、、、とその前にどれだけ予算をオーバーしたか見てみましょう。

Budget1.jpg

1200ドルも予算オーバー。。。 やっぱり大理石のカウンターを取り付けるのに雇ったプロの労働費(800ドル)が痛かった。。。でも、これだけのバスルームリモデルが3000ドル以内でできたのはまぁまぁではないでしょうか?

個人的に一番嬉しいのが絨毯を引っ剥がしたこと。しかも安いタイルを発見したおかげで300ドル以内で床は済みました。写真前にも載せましたけど、

Before

DSCN2447.jpg

After

DSCN3096.jpg

そして予算はオーバーしたものの、、、 

Before

DSCN2443.jpg

After

DSCN3410.jpg

こんなになりました~! 電球もHalogen(ハロゲン)からFluorescent (蛍光灯)に変えたので白い綺麗な明かりになりました。目指すはホームスパなので、これから少しずつ飾っていきたいです。

キッチンのリモデルをした時もいろいろ勉強になったけど、今回も初挑戦のことが多くいろいろ学びました。特にタイル貼りと配線はこれからも使える技です。

8ヶ月もお付き合いいただきありがとうございました。次は2月以来ほっぽらかしになっていたお庭プロジェクト再開です。

今日の10秒英会話: since ~

~以来 (例:since February) 

応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ