2007/09/13

バスルームぶち壊し・パート24

DIYすると決めた照明。とうとうやっつけました!まず、今の照明を取り外してみたらこんなでした。


DSCN3258.jpg


Home Depotの人によると普通ワイヤはJunction Box(接続箱)に入っているはず。でも、


DSCN3260.jpg


ありませんでした。。。 次は作業しやすいように穴を拡大。


DSCN3262.jpg


壁ってものすごく簡単にぶち壊せるんですね~。今回はDry Wall専用のノコを買ってきて、ぎこぎこ切りました。そして、新しい照明をつけるところをしっかりマーク(矢印のところ)。


いよいよ配線。まず元のワイヤと同じゲージのワイヤを右の穴から左の穴に届く長さだけ購入。次に、元のワイヤを右の穴まで持ってきて買ってきたワイヤとつなげる。(もちろんこの前にブレーカー落としました)そして、買ってきたワイヤのつながっていない方の端を左の穴まで持っていきます。


DSCN3268.jpg


ちなみに使ったJunction Boxはこんなのです。


DSCN3265.jpg


ここまできたら後は新しい照明をとりつけるだけ!


DSCN3274.jpg


DSCN3275.jpg


早速電球を入れて試してみたところ、一瞬ついてブレーカーが飛びました。 う~ん、やばい。やっぱり素人じゃぁ無理だったか、、、とあきらめ掛けた瞬間、「アースが原因では?」とひらめき、左の照明のアースをとりはずしてキャップでふさいでみると、今度はちゃんとつきました~!!!


って、ついたところの写真撮り忘れました。すみません。(でもほんとにつきました)実は種類とサイズの問題で気に入った電球がまだ見つかってないので、今はとんでもなく大きな電球を一時的に使ってます。シェードからはみ出てます。


しかし、壁をぶち壊し始めてから電気がつくまでたったの3-4時間。しかも買ったのはワイヤとプラスチックのJunction Box二つ、合計15ドル程度。もしプロを雇ってたら最低数百ドルはしたと思います。。。やっぱりDIYしてよかった。。。


壁はまだ修理中ですが、スツールの座面は張り替えました。あまりに簡単なので申し訳ないくらいですが。


DSCN3269.jpg


座面をとって裏返してみるとこんな風にホッチキスで止まってるので、単に張り替えたい生地を適当な大きさに切ってホッチキスで止めるだけ。生地はウォークインクローゼットにかかってる切りっ放しカーテンの余りのタオル生地。ギフトを包むようにしてホッチキスでばちばちすること2分。


DSCN3271.jpg


そして、、、


DSCN3272.jpg


ちなみに200ドル近くするRestoration Hardwareのスツールをもう一度。。。


prod4090026_SM07.jpg


大満足!ただ、すでにシミをつけてしまったのが私らしい。。。


写真多くてごめんなさいね。


今日の10秒英会話: stain


シミ


応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ  

コメント

非公開コメント

凄い!配線出来ちゃったのね~!
最初に上手くつかなかった時に、アースが原因では?って分かるのが凄い。私なら「やっぱダメだ」で終りそう。その前に手をつけないけど(^^;)。そうそう、日本じゃ電気配線工事は資格がないと出来ないんだよ~。一応ね。だから、電気屋さんとかに行ってやり方聞いても教えてもらえないかもしれない。

スツール!!!完璧っっっ♪超素敵よ~(*^^*)。うんうん、椅子の座面生地張替えは超簡単で楽しいよね。私も何度かやった事ある。デカイホチキスでバンバン留めるのが何とも気持ちイイ♪
あ、もうシミつけちゃったのね(^^;)。大丈夫だよ。汚れたらまた張り替えればOKOK~(^^)

すごいすごい~!!
電気工事もDIYでやり遂げられたのですね。あさみさん夫婦なら内装全般の請負ができそう~。プロへの転向などいかがでしょう??(笑)

スツールも200ドルのものとほとんど一緒。すばらしいです、ほんと。

ご無沙汰しています!

うぉ~すばらしい!!!
そしてなによりまず、こういう作業を自身でやろうという意欲がすばらしい!!!

バスルームの完成が待ち遠しいです~(ってこれは私よりまずあさみさんですよね?)

やってみると、簡単でしょ!
ええ感じじゃないですか
もうこれで照明の移動は楽勝ですね

ゆかちゃん

散々悩んだくせに、ものすごく簡単だったよ。タイルのほうが10倍以上大変だった。なんでアースが原因かも、って思ったかというと、他に理由思いつかなかったから。。。そっか~、やっぱり日本だと電気配線工事やっちゃいけないんだ。。。こっちはホームセンターで「Wiring 1-2-3」とかいう本売ってて写真つきで説明してあったりするんだけど、今回やったのとまったく同じのが載ってなかったからなかなか進まなかったんだ。

スツール自分で言うのもなんだけどいいよね~。すでにシミ発見した時にはがっかりしたけどね。ほんとはゴムつけてカバーみたいにしようかなとも思ったんだけどそんな面倒なことやってられないからホッチキスにした。確かにまた張り替えればいいんだけど、すぐ生地なくなりそ~。

Dogwoodさん

こんばんは。内装全般の請負ですか~???人様の家となるとプレッシャーで手が止まっちゃいそうですけどね。。。

スツールははっきり言ってラッキーでした。カウンターもこうラッキーだとよかったんですけど。

ミサプレーゴーさん

今晩は!元気ですか~。配線だけは何度もプロを雇おうかと思いましたけど、やってみればできるもんなんですね~。あとはぴったりはまる電球を探して飾るだけです!

ぴよろーさん

やってみると簡単でした!はっきり言ってタイル貼りの方が何十倍も大変でした。調子に乗って今度は家中Recessed lights(埋め込み式の天井灯)をつけようなんて言ってます。。。

電気の取り扱いの怖さは資格を取る際に叩きこまれます。
特に養生。結線したところの絶縁はしっかり行っておいて下さいね。
アメリカは確か200Vでしたよね?なので漏電するとちょっと怖いですよ。気をつけてください。

ドライウォールの補修は順調ですか?

あさみさん、お久しぶりです。

>アースをとりはずしてキャップでふさいで

ここんとこがドキドキするほど気になってます。

アースって、漏電を地面に逃してくれる保険のようなものなのですよ。
もし微量でも漏電していたら、この状態では顔洗おうと蛇口をひねったとたん感電したり火事になったりする可能性大です。

1度目ブレーカーが飛んでしまったのは、結線のどこかが漏電していたからです。
もしかしたら、キャップでふさいだグラウンドかもしれないし、ほかの結線箇所が何かの金属部分と接触したかもしれないし。
キャップで結線した上から、絶縁テープでぐるぐる巻きにしましたか?

本当に大きなお世話でごめんなさいね。
どうかどうか、全部の結線箇所を確認し、アース線はキャップでふさいでしまわないで、つなぐべきグラウンドのラインとつなげ直してみてください。
火事になったらね、ほんと怖いですから。


うわー!今回も興味津々のオンパレード!!dry wall専用のノコってあるんですねぇ。どんなのだろ?手動じゃあないのかな??こんなの見ると、ニッチくらいもっと頑張れば良かった;;;
あと、配線は、Junction Box(接続箱)というものに普通は入っているもんなんですね?うちもキッチンの配線をちょん切ってそのままぶら下がってるままなのだけど、探っても箱らしいものは無いの。あさみさん、この写真コピーさせてもらっていい?ホームセンターの人にきく時説明しやすいから。
スツールの張り替えもバッチシ!!

Stuさん

Stuさんとスポンジさんのコメントを読んでちょっと青ざめました。急いで旦那に電話したところ、どうやら私の説明が足りなかったようです。次回もう一度図で説明してみようと思いますけど、右の照明のアースはちゃんとつながってるみたいです。

ドライウォールもものすごく簡単でした。あとはTextureをつけてペイントするのみです。

スポンジさん

ものすごくお久しぶりです~。で、

>ここんとこがドキドキするほど気になってます。

って、私の方がドキドキしてます。旦那が言うには、「右の照明のGround WireはちゃんとGroundされててComplete Circuitになってるから大丈夫だと思う」と言っています。次回もう一度画像で説明してみるのでそれでOKかどうかアドバイスいただけますか?大きなお世話だなんてとんでもない!大感謝です。私がNYに住んでたらInspectionお願いしたいところです。。。

PS.密かにアップ待ってます。v-218

Cafe feelさん

私も壁の中興味津々でした~。dry wall専用ノコってたいしたもんじゃないんですけど、普通の手ノコとちょっと刃の形が違うんです。次回画像載せますね。そうそう、この穴にDry Wallをくっつければニッチになりますよね~。

Junction Box、何が驚いたかって安い!この青いのは68セントでした。「キッチンの配線をちょん切ってそのままぶら下がってる」って覚えてますよ~。でもStuさんとスポンジさんのコメントを読んでちょっと心配になりましたけど大丈夫かな?

>この写真コピーさせてもらっていい?ホームセンターの人にきく時説明しやすいから。

もちろんOKですよ~。お役に立てればうれしいです。