2007/07/16

バスルームぶち壊し・パート17

日本では台風が直撃したそうで、被害にあった方々が一日も早く普通の生活に戻れることをお祈りします。


さて、タイルの続きですが、さんざん悩んだ挙句結局値段が決めてとなりました。だって、、、


DSCN2927.jpg


しかも、普通の12”x12”ではなくて、16”x16”(約40cmx40cm)ですからね~。使うタイルは決まったものの、生意気にデザインでも取り入れてみようか?ということで、いろいろ探してみました。例えば、こんな風にボーダーの入ったデザインとか、


grubb_lieberlerbath_e.jpg


ガラスのモザイクタイルで一枚一枚囲むデザインとか。


hrdn107_floor_e.jpg


でもこんな優雅なことができる余裕が予算的になく、(アクセントタイルってほんとに高いんですね~)しかも、キッチンの床タイルのように斜めにしようか、というアイデアも買ったタイルが大きすぎて借りたWet sawでは切れないことが判明。結局何の面白みもないまっすぐなデザインにしました。


モルタルでくっ付ける前にまずはドライフィット。ちゃんと小まめにSpacerを挟んで、目地の幅が均等になるように。


DSCN3087.jpg


そしていよいよタイル敷き始め!でもですねぇ、とろとろしてるとどんどん乾いていくモルタル。やっぱり写真なんか撮ってる場合じゃなかったです。そして約4時間後。。。


DSCN3090.jpg


タイルになりました~!まだ目地が入ってないけど、ちょっと感動。


24時間おいた後、早速暖炉前のテラコッタタイル以来恐怖になった目地。 でも、今回の目地はいい具合に混ざったので超ハッピー!


DSCN3094.jpg


ちなみに今回の色はBiscuit(ビスケット)。


これはいけるかも。そして、この目地、前回と比べ物にならないくらい伸びること伸びること!


DSCN3093.jpg


うわ~、こんなにも違うかっていうくらいデロリアンとは大違い。やっぱ目地はこうでなきゃ。だからといってとろとろはしてられません。目地を入れ終わったらすぐに巨大スポンジで余分な目地をふき取り、更に濡れたタオルで白っぽくなった表面をふき取って最後に乾いたタオルで拭きました。


では久しぶりのBefore & After。


BEFORE


DSCN2447.jpg


AFTER


DSCN3096.jpg


BEFORE


DSCN2604.jpg


AFTER


DSCN3098.jpg


BEFORE


DSCN2601.jpg


AFTER


DSCN3099.jpg


最後に目地の度アップ。


DSCN3100.jpg


実は目地の色もかなり悩んだけど、ビスケットにしてよかったです。


で、二度目のタイル経験の感想ですが、、、やっぱり嫌いです。だって重労働なんだもん。


次回は絨毯を引っ剥がしてタイルにする!と決めた頃から悩んでいた、絨毯とタイルの会うところの処理です。 



今日の10秒英会話: I still don't like it.


やっぱり嫌い


応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ

コメント

非公開コメント

タイル貼り完了おめでとう~♪美しい出来映えにうっとりだわ~。こうなって見ると、何で今まで絨毯だったのか!?あり得ない!!って思うよね。でもタイル貼りは本当に重労働。這いつくばって、乾燥に追われて、写真どころじゃないのよーく分かります。と、いいつつ私もまたタイル貼り始めます。こんどは壁でーす。

マダム様

ありがと~!貼り終わった夜はそこで布団しいて寝たかったくらいよ~。でもほんとにタイルの方がしっくりくるわよね。で、マダム、今度は壁?うちもキッチンのバックスプラッシュ、タイルにする予定なんだけどね~。それより庭だわ、庭。

お疲れ様でした。
本当タイル貼りは大変ですよね。目地のラインが決まらないと見た目も良くないですし。気と体力を使いますよね。
でも、ドライフィットのお陰で綺麗に並んでますね。目地も綺麗に埋まってますし。ステキです。
今回は拭き取りもうまく行ったみたいで、スクレーパーの登場がなかったのが何よりです。

後は、鏡と照明ですね。
頑張ってください!!

感服!そしておつかれさんでした。
あさみさん、ホントにすごいですv-10

仕上がりもキレイだし、いままでカーペット敷きたったために
出来なかったこととが、タイルにしたことで
これからは制限なくできるんじゃないですか?

わたしはタイルはまだ未経験ですが、
なんだか材料でこうも違いがあるとは…。
いい勉強になりましたよ。

お疲れ様~~~!
すっご~~~い素敵なんですけどォォォ♪タイルの色も目地の色も凄くイイ(^O^)。ホント、いいなぁいいなぁ、”外国のおうち”って感じだなぁ♪(当たり前だけど)
今回は目地がスムーズに出来て良かったね。
それにしても、柱とか端っこの部分の複雑な凸凹も綺麗にフィットしてるね~!流石だわ。凸凹部分もトイレで使ったのと同じ道具で型取ったの?

タイル貼り、お疲れさまでした!
壁の色とタイルの色が実にいい感じで、とっても素敵です。苦労の甲斐は十分ありましたね~。

Stuさん

疲れました~。特にBackerboardをぴったりに切ること、ドア周りやトイレ周りのタイルの型を作ること、余分な目地をふき取ることが一番大変でした。ドライフィットは絶対欠かせないステップですよね。これにだいぶ時間がかかりましたが、そのお陰でモルタルを持ちながらパニくることもありませんでした。あ、スクレーパー、そういえば暖炉の時かなりパニくって使ってましたね。。。

鏡、やっと昨日オーダーしました!割れて届かなければいいんですけどね。。。あと、地味な作業ですが、Base Molding(巾木)が残ってます。あ、あとコーキングも。後回しにするとこういうところはあっという間に一年とかたっちゃうのでとっととやちゃおうと思ってます。で、照明ですが、、、Stuさん、もしかして1つのを2つに分けるのってやったことありますか?

あんずさん

これでもう二度と床のタイルはDIYしたくないと思いました。。。でも、思った以上の仕上がりになったので自分達でやった甲斐はありましたけど。職人を雇っていたら、労働費だけで余裕で1000ドルくらいは取られてたでしょうから。

ゆかちゃん

ありがと~!!!でもこうやってみると、そんなに大変だったように見えないなぁ。。。一階のラミネートフローリングの方が大変だったけど、今回もかなり体力使ったもん。そうそう、柱とか端の部分の凸凹がほんと大変だったんだよ~。凸凹部分はねぇ、トイレで使った道具じゃなくって、小まめに長さを図ってダンボールで型紙作ってそれをタイルにうつして切ったの。職人はたぶんそんなことしないだろうから、どうやってやるのかな~って思うよ。結構適当だったりして。は~、でもこれから巾木だ。。。結局引っ剥がしたやつは使わずに新しく買うことになっちゃったよ。。。

Dogwoodさん

今回は以外にシンプルにしてみました。何せ、ホームスパがイメージなので。早く小物を飾る段階になって欲しいです。けど、まだ地味な作業(巾木、コーキング、ペイント、、、)がたくさん残ってます。。。

あさみさん~
すごいキレイにタイルはれてますねーっ
うちとは範囲の広さが違うので、大変そう…
私は長持ちするからタイル貼り好きなんですけどね。

私も窓がついたら、そのあと本格的にその周辺のタイル貼りはじめます~
グラスモザイクとか、何か模様つけたいと考えてるんですけど、ほんと値段と相談ですよね…

ria さん

日本、すごく充実してたようでよかったです。帰国ブルーからはもう抜け出しましたか?

そっか~、ria さんはタイル貼り好きですか。。。私もこれがバックスプラッシュだったら好きになれるかもしれません。。。ここは面積が少ないから、少しはアクセントタイルを入れたいと思ってますけど、選ぶだけでも数ヶ月かかりそう。。。

おつかれー!!
すっごくかっこ良く決まったじゃん!
なんていうか、統一感が出て広がりが感じられない??
ホテルのバスルームだね、これは。
うーん、うらやましいぞ。

Makiさん

ありがと~!そうそう、私もずいぶん広くなったな~なんて思ったよ。面積は変わったわけじゃないんだけどね。シンクエリアはまだ鏡がないから使い物にならないんだ~。オーダーしたから早く届かないかな~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名様

ありがとうございました。。。で、目が点になりました。でも、訳して旦那さんに説明すればわかってくれると思います。やり始めて中身がどうなっているのかですね。。。