2007/06/29

バスルームぶち壊し・パート14

 DSCN3024.jpg


とうとう来ました、大理石のカウンタートップ!!!ほんとは職人さん昨日来るはずだったのに来れなくなったからちょっと心配してたのよね。


キッチンの時と同じようにまずはPly woodを。


DSCN3021.jpg


ボールはこんな金具で留める。


DSCN3022.jpg


そしてボールは、、、


DSCN3026.jpg


いよいよカウンター。。。キッチンの時と一緒でボンドはぐにゅ~っと。


DSCN3031.jpg


そして、、、


DSCN3032.jpg


キッチンではやらなかったバックスプラッシュも今回はつけました。


DSCN3034.jpg


 ちなみにクイポとラニはこの間パティオで待機中。


DSCN3035.jpg


たったの1時間でこうだったのが、、、


DSCN3020.jpg


こうなりました!


DSCN3036.jpg


やっとバスルームっぽくなってきたと思いません?単純なのでこれで一気にやる気が出てきました。


さて問題は配管と床のタイルです。


今日の10秒英会話: Don't you think~


~と思わない?


 


応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ 

コメント

非公開コメント

わーーーーーーーっ!凄い凄い!!!
キャビネットの色とも相性ピッタリだね。私もはっきりしたコントラストがあるの好きだから、こういうの素敵だな~~~♪

プロの仕事早いね(^^;)。プロだもんねぇ。見てて気持ちいいね!

あさみちゃんも一気にやる気出た?続き、楽しみにしてるよ~!水道はどれになったんだろう。ワクワク!

ラニちゃん、こっち見てる(*^^*)!可愛い。元気そうで何よりよ♪

職人さん、来てくれてよかったですね~。
すっきりぴったりでとってもかっこいい仕上がり。。さすがプロ!!
ますます完成が楽しみになってきましたよー。

ラニちゃん、笑ってますね。かわいい~!

ゆかちゃん

ありがと~!でもキッチンと違ってものすごくおとなしい感じだから画像だとあんまりよく見えてないって思ったよ。そうそう、水道ももう決まってるんだけどぽこっとはめて写真とればよかったね。

Dogwoodさん

こうやってちゃんと来てくれて(当たり前ですけど)しかも良い仕事をしてくれると次も雇いたくなりますよね。ついつい庭のスタッコの塀もやってくれないかって聞いちゃいました。

こ、これがたったの1時間なのー??
やっぱりプロってすごいなぁ。
下地の板なんて結構アバウトな感じしたけど、ボウルとカウンターさえピシッと決まればいいんだから、あれでいいわけよねー。
配管はダンナ様の担当かな?私には未知の分野なので楽しみです!

マダム様

たったの一時間でした。でも見てたら余裕でDIYできそうだなって思いました~。ただ大理石を切る機械がないからね。そうそう、下地の板、何だか子供が切ったみたいでしょ?いよいよ明日は配管なんだけど、これがまた難しそうで。。。もちろんお察しのとおり旦那さんの担当ですけど。

職人の仕事は「流石プロ」ですね。
そこには「慣れ」と言う経験値があり、早さも技術のひとつなのでしょうね。

あさみさんにとっては、これから本番ですね。配管作業も大変そうですが、やはり私が気になってるのは照明ですね。どう変貌するのかが楽しみです。

頑張ってください!

Stuさん

キッチンの時もそうでしたけど、プロの仕事を見るといろいろ勉強になります。例えばボールを取り付けた時にカウンターとの間をコーキングしますよね?余分についてしまったコーキングを綺麗にするのに水ではだめなので(水がはいらないようにするコーキングだから)アセトンを使ってました。マニキュアを落とすやつですよね、つまり。

配管ですが、実は昨日終わりました!もちろん旦那さん担当でしたが、既存の部分を切り落とすはめになったわりには半日で完成しました。多分DIYしたおかげで300-400ドルはセーブできたと思います。

で、照明ですが、、、これが実は今だに決まらないんです。。。またみなさんの意見をお聞きしたいところです。

うんうん。うんうん。いい感じですね~!実はうちの洗面所のボウル、上から化粧瓶が落下して琺瑯が欠けちゃったんですよ^^;ほんとに取替えなきゃならないので勉強になりますぅ。
配管が終わったということはいよいよタイルですか?

パティオの外壁(窓まわり)に、模様が見えるのだけど、素敵だわ!

Cafe feelさん

ボウルが欠けちゃいましたか。。。それは交換しないとですね~。うちと同じカウンターの下に付けるボールだったらこの通りやればできます。そうでなくてカウンターの上からぽこっとはめるボールなら、もっと簡単だと思います。はめて周りをコーキングするだけだと思います。

配管が終わったということは、いよいよタイルです!昨日、材料全て買い込んできました~。

PS.あ、これは模様でなくてスタッコの職人が色をマッチできなかっただけなんです。。。

プライウッドの切り込み、それでいいんだぁ。。。日本は丁寧すぎだわと思いました。日本は工場で完成品(プライウッド・ボウル・大理石を一体型にする)にして現場ではカウンターをつけるだけにしますね。
何より驚いたのは、カウンターだけを取り付ける職人を一般の方が(あさみさん)オーダーできること。日本ではほとんど考えられないです。どこかの工務店に頼んで、そこが誰か下請けの職人をよこすのが日本の流れです。
あぁアメリカの方が断然合理的です。見習わないと!ですね。

rainier さん

お仕事お忙しい中、コメントありがとうございます!いつも読み逃げですみません。。。

Ply woodの切り込み、これでいいみたいです。。。しかも、ちょっとだけ合わなくてその場でキ~ンって削ってたくらいです。

アメリカでも家を建てる時とかメジャーなリフォームの場合、日本のように工務店(General Contractor)に頼んでそこから下請け(Subcontractor)が来ます。実際、うちもメジャーではありませんがデッキを作ってもらった時雇ったのがGeneral Contractorだったので、彼がスタッコを直す職人(Subcontractor)を連れてきてました。(彼の仕事は最悪でしたけど)でもカウンターだけとか照明だけとかだったららネットとか電話帳で一般のHome Ownerが職人を探してきてもらう、っていうのが普通だと思います。Home Ownerのとってはそっちの方が断然手っ取り早いし、間を通さない分安く上がると思うので嬉しいシステムです。