2007/06/13

検査の結果

ラニのことを心配してコメントをくれたみなさん、ありがとうございました。おかげで食欲も戻り元気にしています。


残念ながら、バイオプシーの結果は癌でした。 


DSCN2986.jpg


獣医さんに「癌だった」と言われたところからはラニを抱きしめて泣き出してしまったので、何を言ってるのかよく聞いて いなかったんですが、旦那さんが言うには手術中見た限り癌は転移していなかったらしいです。


でも、いつ転移してもおかしくなく、キモセラピーで転移を防ぐことはできるかもしれないが、犬の場合6ヶ月とか命を延ばせるだけのようです。ただ、人間のように毛が抜けたり気持ち悪くなったりはしないとのこと。。。


結果的に今現在私達ができることは、以前よりも注意してラニの体調をチェックして少しでも様子がおかしいなと思ったら獣医さんに見てもらうことと、数ヶ月に一度血液検査をしてもらうことくらいしかないと思います。


「もう10歳だから。。。」とも獣医さんに言われたけど、13,14歳まで元気に生きる大型犬もたくさんいるし、万が一また癌が見つかっても「年だから」、ってあきらめたくないのです。


かと言って、何度も大きな手術を経験させるのも薬漬けにするのも嫌だし、痛みさえなければ後はQuality of lifeの方が重要だと思うんです。


いつ癌が見つかるかわからない状態はとてもつらくて悲しいですが、ラニに悲しんでるのがわかってしまうのはもっとつらいので、毎日楽しく過ごして行こうと思っています。


今日の10秒英会話: Quality of life


生活の質


応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ

コメント

非公開コメント

あさみちゃん。。。なんと言ったらいいか。。。でも、移転は無かったってのがまだ救いだよね。ラニちゃんの生命力が強い事を信じたい!!!

本当に、これから転移なんて起きない事を心からお祈りしてるね。
ラニちゃんの画像、何かしょんぼりしてる感じに見えちゃって、心が痛むよ。。。頑張れラニちゃん。そして、あさみちゃんも旦那さんも!

ご、ゴメン。最初の方の移転じゃなく、転移ね。こんなところで間違えちゃって、ごめん。。。

はじめまして。突然すみません。

手術たいへんでしたね。

私も、実家でかっていた犬、花子の乳がんをたまたま見つけてしまった経験があります。その時は、あまりにも心配で手術する時は、一緒に手術室に付き添いました。

本当に心配だと思いますが、がんばってくださいね。

うちの花子はその後、5年程生きて、今年、交通事故で死んでしまいました。(享年17年)

でも、手術後はとても元気でしたよ。かなり、おばあちゃんなんで、だんだんぼけてきてましたが。。。

ラニちゃんが早く元気になるのを、祈っています。

ゆかちゃん

ありがとう。。。転移してないことを祈るばかりだよ。でも、食欲は以前より出てきたし、庭も走り回っているから安心といえば安心なんだけど。こればっかりはなるようにしかならないから毎日を楽しく過ごして行くのが一番だよね。

節約姉妹-姉さん

はじめまして。花子ちゃん、享年17歳ですか!しかも乳がんを乗り越えて!何だかそれを聞いてとっても安心しました。人間と一緒で早期発見ってほんとに大切なんだなって今回思いました。コメントしていただいて本当にありがとうございます。そして、花子ちゃんのご冥福をお祈りします。。。

こんにちわ。ラニちゃん、たいへんだったんだね。ゴメンね、コメントも出来ずに。。昔実家で飼っていた犬は腎臓ガンでなくなりました。たった2年4ヶ月しか生きられず、手術をした時はすでに手遅れだったのです。術後ほどなくしてなくなりましたが、小学生の私には今一理解できないままでした。

ラニちゃんは早い段階で見つかって、悪い部分を取ってしまえたのはラッキーだったと思いますよ!ラニちゃんが元気に、楽しく毎日が過ごせますように。

うちの8歳のコーギーは今リンパ癌で治療中です。わかったのはうちの親からのメールで、2ヶ月前。わたしは今ハワイに住んでいるので離れていて何もできないやるせなさとショックに泣きました。でも今抗がん剤をうけていますが、前のようにすっかり元気みたいでほっとしてます。人間ほど副作用もありません。あくまでも延命ということですが、それでも元気な姿を見れるのは家族にとって一番大切なことかもしれません。できるだけのことはしてあげたかったので、これでよかったと思っています。

いつも読み逃げでコメントごぶさたしちゃってます。

ラニちゃん大変でしたね。
でも皆さんコメントされてるように早期発見出来た事はよかったと思いましょう。
なかなか難しいかもしれませんが、ラニちゃんのためにも前向きに。
これからも元気で楽しく過ごしていけますように!

あさみさん、ご無沙汰してます。
ワンちゃん・・大変だったんですね。
私も犬を飼ってたので思い出します。
12年くらい生きてましたが、死んでしまってからは
二度と飼う気にならないくらいです。
あさみさんも悲しい気持ちだと思うけど
一緒にいられる時間を大切にしてあげてね。

そうでしたか……。でも、あさみさんがおっしゃるようにするのが一番だと思います。
うちはチビわんのシーズーだったけど、やっぱり癌で2回手術したの。11歳の時にみつかって、それから2年半生きたよ!あさみさんと旦那さんの愛情で、ラニちゃんの生命力も強くなりますよ!!あ、クイポちゃんもね!

検査の結果は残念だけど・・・
転移の無い早期発見だったんですもの、良い方向に向かってると信じてます!
あさみさんもラニちゃんも元気で楽しい毎日をすごせますように。


*ringo さん

今晩は!それにしてもたった2年4ヶ月で。。。それはかなりつらいね。癌はそんなに若い犬でもなる時はなっちゃうんだね。今まで特に大きな病気もなく来たのが幸せだったのかも。

手術後の回復はすごく順調で、食欲旺盛だし二階にも駆け上がってるのでひとまず安心です。こんなに元気なラニを見てるとあと余裕で5-6年は生きてくれるような気がします。。。

MAKIさん

リンパ癌ですか。。。でも、とにかく今は元気のようなのでよかったです。抗がん剤、というオプションもあったんですね。癌の転移を防ぐ、という意味でも今度獣医さんに聞いてみたいと思います。コメント、ありがとうございました。

chitose さん

こちらこそご無沙汰しています。今回、本当に早期発見の重要さを実感しました。手術台で息を引き取った、なんていうことになっていたら一生自分達のことが許せなかったような気がします。ラニはおかげ様で手術前より食欲があり、嬉しい限りです。心配していただいてありがとうございます。

kako さん

こちらこそご無沙汰してました。そうでしたか。。。でも、12年は長生きの方ですよね。うちは二匹とも8月で10歳になるので後5年くらい生きてくれたら嬉しいなって思っています。こういうことがあると、改めて命の尊さを感じますよね。

cafe feel さん

cafe feel さんのワンちゃんも癌でしたか。。。結構多いんですね、犬の癌って。2回手術して、それから2年半元気だったんですね~。何か安心しました。回復もものすごく順調だし、これからちょくちょく検診に行けばまだまだ長生きしてくれると信じています。ありがとう!

ありき大さん

今晩は!そうですよね、転移の無い早期発見って一番良いパターンですよね。当たり前のようですが、今回改めてペットの体調の変化に敏感になるっていうことがどれだけ重要かを実感しました。。。今はおかげさまで馬のような食欲です。心配していただいてありがとう。

そうかあ。。。
何を言ったら良いか、言葉が見つかりません。

実は。。ライムの姉妹を引き取った人の先住猫ちゃんが、先月末に皮膚ガンで亡くなってしまったの。手術はしたんだけど、その後どんどん元気がなくなって、最後は寝たきりだったんだって。
彼女、「先生がもっと早く手術を進めてくれてたら、少しは違ったのかな」って言ってた。それもそうだと思うけど、やっぱり日頃からよく体調を見て、ちょっとでもおかしいと思ったら早めに受診することが、とっても大切だと思ったんです。
だからラニちゃん、早く分かって良かったと思う。転移していかないことを祈るばかりです。

病気なのか健康なのかに限らず、与えられた命をいかに生きるか。。ですよね、きっと。あさみさんご夫婦と充実した時間を過ごすことが、ラニちゃんにとって一番良いことなんだろうな。。。と思います。

検査の結果、とても残念です。
あとは転移が無く、ラニちゃんが元気に暮らせることを心から祈っています。

残念な結果でしたね。。
でも早く気づいてあげて、手術でとれたってこと、今のところ転移はなさそうだということはラニちゃんは運がいいのかも。
今まで通りあさみさん一家の愛情に包まれて、楽しい日々を送ってもらいたいです。

あさみさん

ほんとに残念ですね…すごくわかります。でも、少しでもはやくわかってよかったですね。
なぜかというと、私も日本で大型犬を飼っていました。35キロもあるチャウチャウで、ほんとに大人しい、ほんとにかわいいいい子でした。
そして調子が悪くなって、たった1ヶ月で死んでしまったんです…もうすぐ10歳になるところでした。
理由は腎臓の病気で、人間だったら透析が必要だったんですが、例え早くわかったとしても、犬の人口透析なんてないから、結局は何もできなかったかもしれないけど…
でもだんだんなんだか元気がなくなって、最近ちょっと調子悪いね、食欲も落ちてるし、なんて病院につれていって、ほんとあっという間に死んでしまいました…最後は尿毒症だったと思います。何もできなかったかもしれないけど、もしもあと2週間、1週間でもいい、早くわかっていたら、調子が落ちてからでも食べられた、大好きなお好み焼きと冷やし中華を、私たちの残りものじゃなくて、おなかいっぱい食べさせてあげたかったのに…もうすぐに死んでしまうってわかっていたなら、入院なんかさせず、最後の瞬間を、みんなと一緒に家でむかえさせてあげたかったのに…
NZに来る前のことだから、もうだいぶ前のことですけど、今でもリアルに思い出したら泣けます。
ラニちゃん、転移がないのを祈ります。でも、少なくとも、私のように後悔しないでいいくらい、あさみさんはラニちゃんに愛情を注いであげるから、ラニちゃんは幸せだと思いますよ。

そうだったんですね、ラニちゃん。
犬の癌が珍しくないことを、皆さんのコメントをよんではじめて知りました。
ペットにも人間にもいずれ別れがきます。「私は存分に生きた!」と思えるように暮らしたいと日頃思っているつもりですが、こういう場面にでくわすと、また改めてそう強く思います。
Quality of lifeって大事ですよね。

ラニちゃんのことも、ラニちゃんを気遣うあさみさんご夫婦のことも応援しています。がんばって。





Makiさん

皮膚ガンですか、、、可哀想に。。。まあ、皮膚ガンだけに、手術で治療できたものなのかはわかりませんが、「~してあげてたら違ったのかも」って思う気持ちすごくわかります。

獣医さんによると、今度癌が見つかったらきっと何もしてあげられない、といわれました。今、元気なうちに今まで以上に楽しい思い出をたくさん作っていくつもりです。ありがとう、Makiさん。

LB Hiro さん

温かいお言葉、ありがとうございます。私も検査の結果を聞いた瞬間、涙が止まりませんでした。今の元気な様子を見ているととても信じられないのですが、元気なうちに今まで以上に楽しい思い出を作っていきたいと思っています。

dogwood さん

今回知ったのが、犬の癌というのは人間と違って完治、というのはあまりなさそうだ、ということ。でもおっしゃるとおり今回は手遅れになる前に発見したのでその点では運がよかったと思います。手術後10日経ちましたが、とっても元気だし食欲もものすごくあるので、結果は残念だったけど獣医さんにはものすごく感謝しています。これからもいろいろ獣医さんと相談しながらどのオプションがラニにとって一番良いのか考えていくつもりです。

ria さん

心配してくれてありがとう。。。35キロのチャウチャウを飼ってたんですね。腎臓の病気かぁ。。。確かに犬の透析なんてないですよね。癌の場合、人間だったらキモセラピーだけど、犬の場合、癌はCureせず命を6ヶ月くらい延ばせるだけらしいんです。それだったらria さんのおっしゃるように、入院とか獣医通いをするのでなく、住み慣れた家で静かに過ごさせてあげるのが一番だと思います。

クマ姉さん

私も実は驚いています。犬の癌って多いんだなって。まさか自分の犬が癌になるとは思ってもみなかったけど。。。でも、こういう運命だったんだって思うしかなく、あとは元気なうちに今まで以上に楽しい思い出を作っていくつもりです。

応援してくれてありがとう。心強いです。

あさみさん、こんなときは、なんといって差し上げたらいいのか。。。
皆さんのコメントを読んでいて、涙がでてしまいました。
人間と同じように、大変な病気になることも多いのですね。私は犬を飼っていませんが、家族の一員だってことが分かります。
元気出してくださいね。

ショックです。
このラニちゃんの写真があまりにも可愛くて、余計につらくなりました。
幸い、発見が早くて今の状態はいいのだから、考えても仕方のない事は考えずに、あさみさんの言うとおり楽しく暮らしていくのが一番でしょうね。ラニちゃんは幸せな犬生を送っていることは間違いありません。元気出してね。

rainier さん

お忙しいところ心配していただいてありがとうございます。。。いつかはこういう時がくるってわかっていてもやっぱりつらいですが、一日一日を大切にしていこうと思います。

boxiz さん

残念な結果だけど、手術が成功して今はとりあえず元気なことに感謝しています。ラニの無邪気な顔を見るとものすごく悲しくなるけど、残された時間、今まで以上にたくさんの思い出を作っていくつもりです。ありがとう。

そうでしたか 癌でしたか
再発や転移がなければいいのですが
様子を常に見て変化があればすぐにお医者様へ
だって犬は痛いとか苦しいとか言ってくれません者ね
でも手術後元気に食欲もあるとの事で
いっぱいいっぱい遊んであげて
ストレスをためないようにすれば再発も転移も起きないのでは
そう祈ってます

榮太郎さん

あたたかいお言葉、ありがとうございます。4,5日前に獣医さんから電話があり、ラニの癌は特に勢いの強いタイプで今すでに転移していないとしても再発したらとても早く体調が悪くなるでしょう、と告げられました。とにかく今は、一日一日ラニが元気でいてくれてることに感謝しています。

v-347らにv-292ちゃんだいぢょぶv-318

ぴよろーぷく ちゃん

心配してくれてありがとうね。もうお腹のホチキスも取ってもらったし、元気になったよ。ぷくちゃんも風邪を引かないように気をつけてね。

ラニちゃんのことをうちのぷくに言うたら「お手紙書く」といって自分でぼくが作った‘ローマ字変換表‘を見ながらコメント入れてました。
なんとか奇跡が起こることを祈ってます
ぷくも「お薬飲んだん?痛くないの?この写真見て泣いてるの?」などなど心配そうにしてます

ぴよろーさん

ぷくちゃんからのコメント、とっても嬉しかったです。人間だって癌は早期発見すれば完治しますもんね。ラニもあと数年元気でいられるかもしれませんよね。

ぷくちゃん、ラニはもうお薬は飲んでないよ。それにもうお腹の傷も痛くないみたい。階段も駆け上がったりしてるから。心配しないでね。