2006/09/11

ちょん切った後・パート8

気が付いたら、『ぶち壊しプロジェクト』より長くなっているこのシリーズ。今日は、TAKUMAさんから、ラミネート・フローリングについてご質問があったのでさっそくお答えします。


ラミネートはもちろん本物の木のフローリングとは違います。見た目も以前より向上したとは言え、やはりぱっと見、ラミネートだってわかってしまいます。


私も説明書を読むまで知らなかったんですが、実はラミネートはほとんどが木からできているそう。だから、当然湿気や日光で膨張したり縮小したりするわけで、そのため壁とラミネートの間に隙間をあけなければなりません。(矢印)


DSCN1533.jpg


この隙間を隠すために

ベースモールディングが登場する訳です。ちなみにこれが引っ剥がしたやつ。

DSCN1536.jpg


壁までとれちゃったんです。このものすごくベーシックなのをサンダーできれいにしてペイントし直して使うか、それとも新しいもっとデコラティブのにするかを散々迷ったあげく、結局時間もかかるし、せっかくフローリングをアップグレードしたんだから、ということで新しいのにすることにしました。


でも、ベースモールディングって、死ぬほど種類がありますよね~。例えば、高さは同じくらいだけどもうちょっとデコラティブなのとか、


DSCN1000.jpg


こんなに背の高いのまで。



Base20Molding20Detail.jpg


これは悩みますよ~ まあ、なくても生活はできるんですけどね。。。


あ、あとデスクなんですが、みなさん、もう完成かと思っているようなんですが、まだです。既に持ってたファイルキャビネットをぶち壊したカウンターにはめ込んであるだけなので、その隙間をモールディングで隠さなきゃなんです。あと、もちろんペイントして取っ手も変えます。


DSCN1488.jpg


今日、モールディング付けてたら、やっぱり釘が曲がりました。頭にきたので糊でくっつけました。

今日の10秒英会話: gap


隙間


いつも応援ありがとう!ポチ=>にほんブログ村 インテリアブログへ