2012/05/30

ハードスケープ・屋根開始

まだ終わってないけど屋根の途中経過です。

先週の木曜日に柱が立って、金曜日にはこうなってました。

2012-05-25 001


家の壁にとりつけてある木、見えますか?この時点ではまだ一時的に取り付けてあっただけで、これをしっかり取り付けるのにどうやらちょっとてこずったみたい。てっきりリッチにうちは鉄筋コンクリートでできてるって言うの忘れてました。後から言ったら「どうりで2x4が見つからなかったわけだ。。。」って。ごめんね、言うの忘れてて。

月曜日は祝日だったにもかかわらず来てくれてちょっとびっくりしたけど、おかげで火曜日の夕方にはここまでできてました。

2012-05-29 003

何かこれで終わりでも十分素敵かもー。こうやって見ると全く傾斜のない屋根になるように見えるけど、旦那が思いっきり手を伸ばすと柱側は手が届くのに、家側は全然届かないから微妙だけど傾斜はあるみたいです。(ないと困るけど)

2012-05-29 002


Rafter(垂木)。

2012-05-29 004

既存の屋根と同じデザインです。

2010_05160013.jpg

屋根の内側はtongue & grooveで色も全く同じようなブラウンにする予定。arrow09_s05.gif

tongue  groove

明日は足に入ってるネジの様子を医者に見てもらうって言ってたから、できあがるのはやっぱり来週かな。
2012/05/28

マスターバス-目地とバニティーの足

いよいよ目地入れ本番です。今回はサンプルボードを作ったおかげでどんな色になるのかわかってたから安心して本番開始。ドバっといきます。

2012-05-28 003

うーん、やっぱりいい色だー。

2012-05-28 002

2012-05-28 007

目地は10パウンド(4.5キロ)の袋を3つ一応買っておいたんだけど、ぜーんぶ綺麗に使いきりました。ほんとぎっりぎりだったな。

あとかなり不安だったバニティーの足切りも終わりました。やる直前まで実はどういう風にやるかほとんど考えてなかったから行き当たりばったりで。

まずはカウンタートップを載せたあとの最終的な高さを普通よりちょっと高めの36インチ(91.5センチ)にするためにどれくらい足を切らなきゃならないかを計算。次に切るところにブルーテープを巻いてその上から切るところに線を引いたら後はちょん切るだけ。使ったのはマイターソーなんだけど、何せこれ買ってから一度も刃を取り替えたことがなかったし、いつもと違って今回は超スムースに切れてくれないと困るので新しい刃を買ってきて取り替えました。

切ってる間動かないようにクランプで抑えたら躊躇せずスパッといきます。

2012-05-26 008


何か心配してたのが嘘のように4本ともきれーに切れました。ぐら付きも一切無し。ばんざーい!

2012-05-26 009

早くマーブルのカウンタートップを載せたとこが見たーい。
2012/05/27

マスターバス-防水加工と目地のテスト

何せ天然石を床に使うのは初めてなので、防水加工のこととか目地の色など前もっていろいろリサーチしました。一番なるほどーって思ったのがサンプルボードを作って防水加工も目地もまず試してみたほうがいい、っていうアドバイス。

今までサンプルボードなんて作らずに目地もいきなり本番でやってきたんだけど、今回は微妙なグレーの目地を選んだし、防水加工もどんな風な仕上がりになるのか、何回くらい塗れば水がしっかりはじけるのかなどを確認したかったので一枚シートを犠牲にしてサンプルボードを作りました。

防水加工に使ったのはこれ

2012-05-22 007

ブラシで塗っていくだけなので超簡単。

2012-05-22 008

5分以内に、吸い込まれなかったぶんはふき取ります。30分以上経って水滴をこぼしてみたらまだ少し水が吸い込まれていったので2回目塗装。この後試した水滴は全く吸い込まれなかったので2回でよいということがわかりました。あと心配してた黄ばみ変色も一切なし。

次は目地。これまたいろいろリサーチした結果、Mapei のwarm grayっていう色にしました。ほんのちょっとだけ目地を混ぜてさっそくテストしてみたら、まさにイメージしてた色!

2012-05-26 006

薄すぎず濃すぎずのグレー。

2012-05-26 005

目地を入れた後、六角形の横の面からグレーが染み込んで真っ白いピースが端からだんだんグレーになってったからちょっとパニくったんだけど、一日したら不思議なことにまた白に戻ってたので一安心。

サンプルボードをのおかげで、防水加工も目地も問題ないってことがわかったので安心して本番に取り掛かれます。

今日のクイポ。

2012-05-26 004

2012/05/24

ハードスケープ・デッキ完成

結構ステップに時間かかるかも、なんて言ってたくせに、2日でできあがってました!

水曜日夕方。骨組みだけ完成。

2012-05-23 001

パティオ側から見たところ。

2012-05-23 002

で、今日(木曜日)すでに完成してたステップ!

2012-05-24 004


2012-05-24 002

2012-05-24 001
 

何かデッキに一目惚れしたかも。。。
2012/05/22

ハードスケープ・デッキほぼ完成

金曜土曜と全然すすんでなかったデッキが、月曜日にほとんどできてました!

2012-05-21 002


リッチが一本一本自分で選んでくれた無垢のレッドウッド。すごくスムースで裸足でさっそく歩き回りました。何かステインしちゃうのもったいない。

2012-05-21 004


今日火曜日。帰ってきて目に飛び込んだのは屋根のサポートになる柱!

2012-05-22 005


何かすっごくイメージ沸いてきた。

2012-05-22 001


覚えてますか?前についてたパティオカバーのサポートがすっごくか細かったの?

DSCN5141.jpg

今度はしっかり6x6のダグラスファーです。

2012-05-22 002


で、もちろんデッキが前のパティオより断然高くなったから、ここにステップを作ってもらいます。デッキの長さ、半分くらいがステップになる予定なんだけど、ちょっと坂になってるから何か難しそー。

2012-05-22 004

ステップのイメージはこんな感じ。

homedit.jpg

結構ステップに時間かかるかもって言ってたから、できるの来週かなー。
2012/05/20

マスターバス-床開始

もう3ヶ月近く前に届いてたマーブルの床。やっと床に貼っつけられる時がやってきました!今回選んだのは六角形のマーブル(大理石)。(ちなみにオーダーしたのはHome DepotのGrecian White Marble Mosaic Tile。)

2012-03-06 003

床にタイルを貼るのは何度もやったことあるけど天然石は初めて。でもグーグルしたら使うモルタルはセラミックと同じでいいらしい。普段だったらまずはレイアウトから念入りに考えて全部ドライフィットしてからタイルを貼り始めるんだけど、これの場合レイアウトも何もない感じだったからドライフィットなしで貼り付け開始。

一枚一枚が30cmx30cmくらいなので結構どんどん進んでいきます。

2012-05-20 004

メッシュが裏についてるモザイクタイルだから、カッターで簡単に必要な大きさに切れるのが嬉しかった。
 
2012-05-20 005


まだ壁際が残ってるけど、合計5時間ちょっとで99%終わりました!おっきなバスルームじゃなくてよかったーってこういう時だけ思いますー。

2012-05-20 009

と、実はここからが緊張どころなんです。天然石なので、目地入れのにタイルを防水加工したほうがいいらしい。さらに時間はかかっちゃうけど、目地入れ始めたとたんマーブルがどんどん目地の水分と色を吸い込んでって超パニくってる自分が想像できるから、面倒だけどやることにしました。でも、防水加工してマーブルが黄ばんだっていう人もいたから念には念を入れて余ったマーブルで防水加工と目地の色を両方テストする予定。

いつの日かマーブルの床が終わったら、再度まだ終わってなかったサブウェイタイルに戻ります。せっかくくっつけたのに何箇所かやり直さなきゃならないとこがあって、引っ剥がすこと考えると今から頭が痛い。。。でもやり直さないと後で絶対後悔するからやり直し。

2012-05-20 010

実はまだこれからオーダーしなきゃならないタイルがあったりします。

でも明日こそはデッキがかなり進むかなー。買いなおしてくれたレッドウッドが明日の朝届くって言ってたから。
2012/05/19

マスターバス-ファンと壁

二日で思いのほか進んでたデッキ、金曜日に帰ってきたら全然進んでなくて「リッチ、金曜だからお休みでも取ったのかな?」て思ったらどうやらデッキに使うレッドウッドのコンディションが気に入らなくてもう一度買いなおしにいったらしい。しかも今度は自分で一枚一枚ずつ選んだって。こだわってくれて嬉しいなー。

とそんな間にあれからマスターバス、のろのろと進んでいます。

落ちかかってたファンの取替え。何せもともと丸かったとこに四角いファンを買ったもんだから、まずは壁を四角くぶち壊し。で、旦那がきつきつの屋根裏に上って新しいファンの取り付け。で、穴を大きくぶち壊しすぎたからその修理を終えてペイントしてようやく新しいファン取り付け終了。

exhaust fan
 

今ファンに見えないようなおしゃれなのもあるんだけど、探してた条件が(1)ライト付き(2)ナイトライト付き(3)ファンが静か(4)壁と同じ白で目立たない(5)お手ごろな値段、だったので結局これになりました。

次は壁の修理。ドライウォール1枚で済みました。あとはタオルバーとかを取ったあとのネジの穴とかもパッチ。

2012-05-06 002

そして今日待ちに待ったペイント!!!グッバイターコイズ!!!

2012-05-19 003

2012-05-19 004

うわーすっきりした。

そして明日はいよいよ床です。まずはドライフィット。

2012-05-19 014

何かすごーくいい感じです。でもマーブルの床やるのは初めてだからちょっと緊張。
2012/05/17

ハードスケープ・デッキ開始

フェンスで1ヶ月かかったわりに、デッキはあっという間に進んでいます。

水曜日帰ってきたら裏のパティオエリアに木材の山!

2012-05-16 003

デッキを作ってもらってるのはここ。

2012-03-11 004

まずはデッキの土台になる部分から。既存のコンクリートパティオに直に取り付けなので、防腐処理された木を使ってました。

2012-05-16 005

問題のステップのところ。

2012-05-16 004

で、水曜日これだけだったのが、

2012-05-16 001
 

今日木曜日帰ってきたら土台全部終わってました! 

2012-05-17 003

明日帰ってきたらデッキできてるかもー。楽しみ。

ちなみにデッキもゲートと同じ無垢のレッドウッドだから、終わったら自分たちでステインします。ものすごい面積だけど。。。
2012/05/16

マスターバス-シンクとカウンター

柄になく即効で決めたこれ、覚えてますか?(写真:イケア
Hemnes-gray.jpg
これに、これと、

marble1.jpg

これをくっつけて、

2012-05-14 001

こんな風になるはず

問題は、バニティーとしては今の高さだと高すぎるからキャビネットの足を切らなきゃならないところ。絶対スムーズにいかないんだよね、こういうのって。

ってその前に、壁の修理とペイント終えて、未経験のマーブルの床を貼らなきゃだけどー。(そっちのほうが超緊張)
2012/05/13

ハードスケープ・ゲートのラッチ

素敵なゲートができたのはよかったんだけど、今度はラッチを選ぶのに一苦労。。。リッチは最初反対側に手を伸ばして開ける普通のドアキャッチをつけるつもりらしかったんだけど、何せこのゲート私より背が高いから私じゃ届かないー。

2012-05-09 002

ということで急遽手を伸ばさなくても開けられるラッチ探し開始。と言っても、こういうラッチを買うのって初めてだから、まずはどんな種類があるのかグーグルしたらチョイスとしては、サムラッチ、レバーラッチ、リングラッチくらいでした。

サムラッチ(thumb latch)は、ハンドルの上のほうについてる小さいレバーを親指(thumb)で押すとラッチが上がる仕掛け。(写真:Adobe Door Co.

adobedoor2.jpg

adobedoor1.jpg  

レバーラッチ(lever latch)は名前のとおり、レバーを押すとラッチが上がる仕掛け。(写真:Adobe Door Co.、Sunset Magazine) 

adobedoor3.jpg

Sunset2.jpg

リングラッチ(ring latch)も名前のとおり、リングを回すとラッチが上がる仕掛け。(写真:sweetgates.com

sweetgates5.jpg 

sweetgates2.jpg
 

マスターバスにまた集中したいから(何となく進んでます)、とっとと決めてオーダーしないと。。。どんなのが合うと思います?