2011/08/29

コートヤード・エッジング

今回コートヤードの床に使うことにしたレンガは、俗に言うレンガと違ってペイバーなのでモルタルを使わずに砂の上に敷いていくもの。でも端っこをどうにかして固定しないと、砂の上に置いてあるだけだから歩いたりしてるうちにどんどんずれてくる。取っ払った前のペイバーは周り一周モルタルで固定してあったから、今回もそうする予定だったんだけど、、、
The 2 Seasons-brick

何この端っこに使ってるやつ???(矢印は全く関係なし)モルタルより全然簡単そうなんですけどー。グーグルしてみたらこれでした。
Barrier-MAIN-1-A-FIX.jpg 
SEK
さっそくLowe'sに行って買ってきました。
2011_08250001.jpg

そんなにお安くないくせに、ついてきたのはプラスチックのスパイク(巨大な釘)。かなづちでガンガン土に打ち込むのに曲がんないのかなーって思ったらやっぱり曲がったので、
2011_08250003.jpg

即Home Depot(Lowe'sより近いから)へ行って鉄のスパイク大量に購入。(箱に入ってるのが鉄のスパイク。)一本48セントなんだけど、何せ100本近く必要だから結構馬鹿にならない。
2011_08250004.jpg
カーブさせたいところはプチっと切るだけ。
2011_08250002.jpg

ところどころくねったけどね。
2011_08250005.jpg
今日も仕事から帰ってきて1時間ほどエッジングを取り付けました。あとレンガが届くまで火曜と水曜しかないからがんばってエッジング終わらせないと。

って、それより早く並べ方決めろって。
2011/08/26

コートヤード・噴水のベース2

今日仕事から帰ってきたらもうできてました。

2011_08260001.jpg
 

最初の感想:何かお風呂みたい。いやこれほんとお風呂だよ。水入れて飛び込みたーい。(今日また暑くて32度くらいあったから)

糸で大きさを囲ったときはすごく大きく見えたんだけど、こうやってみると結構小さめに見えるかも。形は正方形、端から端まで約158cm、高さはおよそ50cm、底の厚さはコンクリートの噴水と水の重さに耐えられるようにと25cm。かなり掘ったんだなー。どうりで朝7時半からジャックハマーでがんばってたわけだ。(再度近所迷惑)

で、頼んだのはここまで。これをどう仕上げるのかというと、
  • 内側を防水加工
  • 表面を家の壁と同じようなスタッコにする
  • 噴水のコードを通すための穴をあける
  • 淵にキャップとなるタイルかペイバーをつける(何を使うかは未定)
  • 噴水を入れる
です。まあベースを仕上げるのはレンガを全部敷き終わってからにすると思うのでまだまだ先になるけど、雰囲気としてはこんな感じに仕上げる予定。

thenatureofaman-fountain2.jpg

それにしてもブログ追いつくのが精一杯ってくらい勢いついてきたな。
2011/08/25

コートヤード・噴水のベース

思いっきりブーイングされそうなんですけど、、、


噴水のベースもマットに作ってもらうことにしました。。。全然DIY日記じゃなーい!

あれだけ張り切ってたのにどうしてこうなったかというと、日曜日コートヤードで旦那とあーだこーだもめてるとこへまだ家の前に停めてあったボブキャットを取りにマットがたまたま参上。「噴水のベースをブロックで作りたいんだけどどうやればいいかアドバイスしてくれる?」って聞いたら、「俺だったらブロック使わないでコンクリートを流し込んで作る」って。これには2人とも目からうろこ。考えてもみなかったー。そこで旦那がぼそっと「それってお願いしたらいくらくらいする?」って。あれ?DIYするんじゃなかったの?

まあ確かに時は金なりだから、見積もりによっては頼んじゃったほうがいいのかもと納得したのはよかったんだけど、最初にくれた見積もりは何と2200ドル!これにはかなり落ち込んだー。でもここは交渉上手な旦那。「もし俺が少し手伝ったらいくらくらい下げてくれる?」作戦には「こんなこと言っちゃ悪いけど逆に邪魔になる」って言われちゃったけど、「予算が1000ドルしかない。どこまでやってくれる?」作戦は大成功で、何とか1200ドルでコンクリートを流すところまではやってもらえることに。(それでも高いと思うけど)

で、また急なんだけど明日の早朝から始まるそうです。ということで、今日仕事から帰ってきて速攻でベースの大きさを決めて、マットに言われたとおり糸で囲いました。
2011_08250008.jpg
高さは椅子と同じくらい。(ブロックは使わないけど)

明日仕事から帰ってきたらもうできちゃってるんだろうな。でも、コンクリートは流してもらうとは言えやってもらうのはまさにそれだけ。防水加工、スタッコ、キャップ、などの仕上げはDIYします。(一応「あさみのDIY日記」だし)

今日Home Depotに電話したら、レンガと砂はもうすでに届いてるとのこと。予定としては来週木曜日にデリバリーしてもらっていよいよレンガを敷いていくつもり!有給取ってがんばるぞー。(アメリカではこういうお休みをstaycationといいます。)

砂利の写真だけっていうのも何なので、7ヶ月後ようやく直してもらった塀の写真でも。 
2011_08130004.jpg

まだ完全に直ってなかったりする。
2011/08/22

コートヤード・レンガにしました

これ。

Lowe's
Home Depotで同じのが売ってたんだけど、Lowe'sは1つ49セント、Home Depotは1つ50セント。1セントでも安いほうがいいってことでLowe'sでオーダーしようとしたら、「今日オーダーしたとしてもいつ届くか保障できないから、僕だったらうちでオーダーしない」なんて正直にお店の人が言ってくれたもんだから、Home Depotでオーダーすることに。

まずLowe'sと値段をマッチしてもらって、さらにミリタリーのID見せて10%引き!おかげで1つ44セントになりました。最終的に1スクエアフィート$1.98で、目標より2セント以下におさえられた!

とは言え、レンガ4.5個で1スクエアフィート、カバーする面積が約530スクエアフィートだから、、、4.5 x 530 = 2385個!!!1つ44セントでも結局合計は1000ドル以上。。。しかも、2000個以上のレンガを地道にひとつひとつ手で並べていくと思うとほんと気が遠くなる。。。

これでまた悩み始めたのがレンガをどんな風に並べるか。想像中は憧れの45度のherringbone(杉綾模様)しか考えられなかったんだけど、、、

The 2 Seasons-brick

このブログを見た瞬間、ものすごい数のレンガを斜めに切らなきゃならないってことに気づき即予定変更
The Art of Landscape Design2
90度のherringboneか running bondかなー。でも、よく考えたらカーブの多いコートヤードだから、どっちにしろ斜めに切るはめになるレンガってかなり多いのかも。。。うわー、切るって言えば、どうやって切るんだろ。

続きを読む

2011/08/19

コートヤード・噴水の形

もう決めました。
2011_08180001.jpg

こんな形。うちにあったブロックが足りなかったから間が開いてるけど、ほとんど正方形に近い長方形です。コートヤード内にカーブが多いから、絶対半円のほうが見た目がいいって思ったんだけど、この形のほうが断然作るのが簡単だっていうから、出来上がって丸い噴水を入れてみて見た目が変だったら旦那のせいにすることにします。(まだコンクリート流してないから形は変えられるけど)

半円じゃないベースと丸い噴水の組み合わせで、しかも壁際のってあんまりないんだよなー。グーグルしてみても、これくらいしか見つからなかった。。。(グーグルサーチ得意なのに) 
Cote de Texas-fountain 
Cote de Texas

何かいまいち想像できない。。。
Courtyard-after6.jpg
こんな感じになるのかな。

噴水をつなぐのに新しいコンセントをつけてもらわなきゃならないことにおととい気がついたので、火曜日にやってもらいます。すっかり忘れてた出費。。。
2011/08/16

コートヤード・噴水の場所

即効で決めました。
Courtyard-after5.jpg

壁際です。理由は、
  • テーブルとかチェアを置くスペースがより広くなる
  • 噴水のコードをレンガの下に埋めなくて済む
  • まん丸のベースより作るのが比較的楽?(旦那の意見)
とこれだけです。

次はベースの形。候補にあがってるのは、
base shape 
半円、途中まで直線で半円、長方形、そして正方形。この真ん中に衝動買いした噴水を入れる予定。早ければ明日から作り始めたいからとっとと形決めないと!(ほんとにDIYするつもり)

もうレンガお店に届いちゃってるみたいだし。。。それはまた次回。
2011/08/14

コートヤード・噴水

何か今までのスローさは何だったの?ってくらいのスピードでコートヤードが進んでるから、ブログも遅れないようにがんばらないと。

今まで一度も書いてなかった噴水。コートヤードにはどうしてもつけたくて、たくさんインスピレーションを集めていました。中でも素敵だなーって思ってたのは、、、

とまだまだ想像真っ最中だったんだけど、何せ旦那が「暑い日とかに、座って脚を入れられるくらいのベースがある噴水がいい」なんていうもんだから、そうなると床を敷き始める前にそのベースを作らなきゃならないわけで、もう床の下準備が終わってしまった今、即効でどんな噴水にするか決めなきゃならなくなりました。

「うわ、絶対即効で噴水なんて決められないよー」って思ったんだけど、、、


土曜日たまたま通りかかった近所のナーセリーで、この噴水に一目惚れ!

0813111609.jpg

あまりの衝動買いに旦那はいまいち乗る気じゃなかったんだけど、新品オーダーしたら4週間かかるって言うし、ディスプレイを買えば10%オフにしてくれるっていうから、即お持ち帰り。コンクリートでできてる信じられないくらい重い噴水。ディスプレイだからすでにいい感じに古さが出てるところにも一目惚れ。
 
次に即効で決めなきゃならないのが噴水の場所。スティーブンのデザインでは真ん中あたりだったんだけど、The Urban Seedマイケルのデザインだと壁際。あー迷う。こんな時はやっぱりPaintの出番です。

Courtyard-after4.jpg
 

Courtyard-after5.jpg

どっちがいいかな。っていうか、その前にほんとに噴水のベースなんてDIYできるのかな。

続きを読む

2011/08/13

コートヤード・掘り終わり

金曜日、仕事から帰ってきたら、、、

2011_08130006.jpg

 2011_08130003.jpg

2011_08130002.jpg

こんなになってました。すっごーい。でもどうやら予想外に土が固かったらしくて、これ使わなきゃならなかったみたい。思いっきりご近所迷惑、でもしょうがないよね。

 DSCN1080.jpg

土曜日はちょっとだけ作業見学できました。つるはしも使ってたな。

DSCN1082.jpg

掘った土とか砂利は、手押し車からボブキャット、そしてトラックへと移してどこかに持ってったみたいです。

DSCN1083.jpg 

掘り終わったら次は砂利の混ざったベースを敷く。

DSCN1099.jpg 

うちにあった砂利も使ってくれたけど、全然足りないからトラックからドバーっと。

DSCN1101.jpg 

ベースを6インチ(15センチくらい)敷いたら圧縮機で固めて終わり。

DSCN1106.jpg

2011_08130009.jpg

2011_08130011.jpg

ということで、たったの2日で下準備が終わり。ほんとやってもらってよかった。。。しっかり固めてあるから歩いても全然平気らしいんだけど、だからって何週間もこのままにしとくわけにはいかない。明日なにがなんでもレンガオーダーしてこないと。でも届くまで数週間かかるとか言われたらどうしよ。

2011/08/11

コートヤード・開始!

何か今日いきなり決まっちゃいました。雇ったのは、また前の家の塀とパティオこの家の塀を作ってもらったマット。(彼のウェブサイトはここ。)最初どこも見積もりが高かったから、旦那が「小さいボブキャットをレンタルして自分で掘る!」なんて言い出したんだけど、(これ
Bobcat_MT55_bucket_i.jpg 
(写真:HGTV pro)

いざ掘れたとしても、掘ったものの処理も大変だし。結局今日再度旦那がマットと交渉して「明日から始められる」って言うからさっそく夕方来てもらって掘るところを確認。

ランドスケープ用蛍光オレンジのスプレーペイントで、掘るところをマーク。
2011_08110012.jpg 
2011_08110013.jpg 
2011_08110014.jpg

2011_08110015.jpg
明日か土曜日には掘り終わって、月曜日にはベースも終わっちゃうみたい。まだ床どれにするか決まってないんだけど。
2011/08/06

コートヤード・レンガ、かな?

リモデルしてていつも思うんだけど、すぱっと決断ができる人ってうらやましい。私がこだわりすぎるのか、それとも単に優柔不断?いまだにコートヤードの床が決まらないー。

こんな時はやっぱり予算を立てるのが一番。自然にチョイスが減っていくはず。どれくらい床の素材が必要なのか大体の面積を測ってみたら、500スクエアフィート(約46平米)くらいは必要みたい。前に、コートヤードを掘ってペイバーを敷くための下準備するだけで3000ドルっていう見積もりをもらったことがあるから、床の素材はどうしても1000ドル以下におさえたい。とすると、1スクエアフィート2ドル以下におさえなきゃならないわけで、自然にチョイスがほとんどなくなりました。嬉しいような、悲しいような。

さっそく近所のHome Depotへ。レンガ、1つ43セント。
2011_08060003.jpg 
4.5個で1スクエアフィートらしいから、ぎりぎり1スクエアフィート2ドル以下!白いペイントでわざと古く見せたレンガでも1つ49セント。でもこれだと1スクエアフィート2ドル越します。
2011_08060004.jpg 
1つ35セントのレンガもありました。こっちのほうが厚みがあるのに安いです。
 2011_08060006.jpg
 
さらに安かったのがコンクリートペイバー。一番安いとはいえ、やっぱり個人的には粘土から作られたレンガがいいなー。
2011_08060007.jpg
旦那のナンバーワンチョイスのテラコッタタイルはさらにお安くて1スクエアフィート、なんと88セント!
2011_08060009.jpg
これは1スクエアフィート、1ドル24セント。
何だよー、予算以下でもまだこんなにチョイスあるじゃん。
でも、、、やっぱり私が惹かれるのはレンガ。四角いタイルじゃできない憧れのherringboneデザインもレンガだったらできるし!ということで、試しに8つほど買ってきました。
2011_08060014.jpg

何か8つじゃ全然わかんないな。ペイントで古く見せてるほうは白すぎるし、そうじゃないほうは赤すぎる気もする。。。

でもこのインスピレーションを見る限り、赤いレンガでも超素敵になりそう。。。(写真:MLS)
MLS-9001 Norma Pl 

来週明けに下準備がいくらかかるかいくつか見積もりをもらう予定なので、それ次第かな。

ゆかちゃん、デスク、こんな感じだよー。
2011_08060015.jpg