2011/04/27

タール退治

タール紙はなんとか全部剥がれたものの、問題はタールそのもの。ベトベトしてるから、鋭いスクレーパーでただガリガリやっても全く効果なし。ホームセンターで買ってきた
citristrip.jpg

何と1ガロン40ドル以上もするくせに、うちのタールには全く効果なし。アスファルトも取れるって書いてあるの全く嘘じゃん。

絶対他の方法あるはず。。。さっそくネットで得意のリサーチをしたところ、何とこれが効くらしい。
2011_04240006.jpg

ほんとかなー。
2011/04/24

いよいよ床

覚えてますか、オフィスゲストルームの床に一時的に絨毯敷いてたの。よーやく木の床にすることにしました。まずは、古いリノリアムが2枚付いているオフィスの下準備から。

まず、古い家のリノリアムにはアスベストが使われている可能性があると聞いたので、引っ剥がす前に数センチのサンプルを地元のラボラトリーに持っていってテストしてもらいました。もしアスベストが使われてたら専門の業者に取り払ってもらわなきゃならないんだけど、、、、

2011_04240016.jpg 

アスベスト無し。よかったー。でもどうやら2枚じゃなくて3枚だったらしい。モザイク柄のリノリアムの下はてっきり床だと思ってたからびっくり。しかも、3枚目にはtar(タール)が含まれてるって。は???さっそくスクレーパーで削ってみたらやっぱり3枚目ありました。。。タールが含まれてるってことは、どうやらtar paper(タール紙)。どうりで真っ黒なわけだ。。。

2011_04210005.jpg 

アスベストが使われてないってわかったら、さっそく1枚目と2枚目をバリバリバリッと引っ剥がし。拍子が抜けるほど簡単だったー。

2011_04210006.jpg 

タール紙はそう簡単にいかないです。。。その名の通りタールでくっついてるからね。これだけ剥がすのに、ものすごく鋭い刃のついてるスクレーパーで数分。。。

2011_04210007.jpg

何度2人で、「タール紙の上から木のフローリング貼っちゃおうよ」って思ったことか。でも、、、どう考えても糊がタール紙にくっつくとは思えなかったから泣く泣く続行。

でも、先週末と今週末で今日の朝ここまで引っ剥がし終了!

 2011_04240001.jpg

2011/04/21

キッチンリモデル-カウンタートップ問題

続き。問題とはこれです。
2011_04210013.jpg 

同じslab(石板)からのサンプルとこうして比べてみると、カウンタートップが黄色っぽくなってるのわかりますか?サンプルはシーラーを塗ってないからシーラーのせいかと思ったんだけど、カウンタートップ全体が黄色っぽくなってるわけじゃない。

さっそくリサーチしてみたら、どうやらmarbleの中の鉄分が酸化している可能性大。でも、浸水などが原因で大抵は床がこういう状態になることが多いらしし、カウンタートップのお掃除は水で拭いてるけどびちょびちょになるまで濡らしたことはないからどうしてこんなに早く酸化が始まったのか不思議。同じ記事には、ボンドが原因の可能性もあるって書いてあったけど、取り付けの時の写真を見る限りそこまでたくさんボンドついてないし、ボンドからの水分でこんなに早く酸化するのかなー。

まあ、酸化は自然現象だからどうすることもできないです。天然石の味ってことで、カウンタートップと共に年をとっていくことにします。

ボンドと言えば、取り付けられてから1週間ちょっとして表面に染み出てきました。
2011_04100024.jpg 
2011_04100025.jpg 

これはリサーチした時点でこうなるってわかってました。いつか消えるはずです。 

リサーチしていてmarbleカウンタートップの持ち主がみな同意していたのは、シーラーを塗布すればシミの心配は一切ないけど、どんなに気をつけても必ずetchingはするということ。Etchingって光の加減で見えるときと見えないときがあって写真でもすごく写りにくいんだけど、私のカウンタートップもすでにたくさんetchingしています。特に光沢のあるフィニッシュだと目立つと聞いていたから光沢無しのフィニッシュにしてよかったー。

最後に、カウンタートップじゃないけどair gapを取り替えたので。
2011_04100013.jpg
水栓と同じブランドのを買ったんだけど、微妙にフィニッシュが違う気が。。。白のほうが逆に目立たなくてよかったかも。
2011/04/19

キッチンリモデル-カウンタートップ取り付けパート2

続き。蛇口とair gapの穴が開いたところ。

2011_04100009.jpg
 

最後にシーラーを布切れで塗布していました。

DSCN0685.jpg
 

こんな感じになりました。

DSCN0691a.jpg


 2011_04100018.jpg

2011_04100019.jpg 

水栓とディスポーザー取り付け後。

2011_04100022.jpg

憧れていたmarbleのカウンタートップ。決断するまでにこれでもかっていうくらいリサーチして、欠点は承知していたつもりだったんだけど、すでに全く予想してなかった問題発生。。。
2011/04/17

キッチンリモデル-カウンタートップ取り付けパート1

福島の親戚が被災しています。当然リモデルのことなどどうでもよくなり、このままブログも終わらせようかと思ったんだけど、やっぱり今までどおり書いていくことにしました。震災のこと、今自分が感じていることなどは書きません。でも、多くの同僚や友達、旦那の家族から日本へprayers(お祈り)を送ってくれと言われていることだけはこの場を借りて伝えさせてください。
 
***

カウンタートップを購入した数日後、早速テンプレートを取りに来ました。特別なツールがあるわけでもなく、地味にshimsとグルーガンで。
Kitchen-template.jpg
 
カウンタートップの取り付けの日。こんな感じで到着。
DSCN0670a.jpg 
まずはベニヤ板の取り付け。
DSCN0673.jpg

シンクはundermountなので、カウンタートップより先につけます。
DSCN0675.jpg  
カウンタートップをくっつけるためのボンド。
DSCN0676.jpg

カウンタートップはめ込み中。ほんとにきつきつだったみたい。
DSCN0680a.jpg 

前のキッチンと同じように、蛇口とair gapの穴はその場でドリルを使って開けます。
DSCN0684.jpg