2011/02/28

キッチンリモデル-シンク

キッチンシンク、買ったことありますか?私、実は今回初めてです。前の家のキッチンをリモデルした時は、granite(御影石)のカウンターをつけてくれた業者が選んでくれたステンレスのシンクを使ったんだっけ。
 
で、どうしてこのタイミングでシンクの話なのかというと、カウンタートップをオーダーする前にどのシンクを使うかがわかっていないと駄目だっていうことに気がついたから。

キッチンシンク、されどキッチンシンク。奥が深いです。

まずはカウンタートップへの取り付け方。

Drop-in (Overmount)
今使ってるシンクがこれ。その名の通り、カウンタートップに開けた穴へdrop inするタイプ。一番リーズナブルだけど、シンクとカウンタートップの境目が汚くなりやすいのが難点。

2009_09230006.jpg

Undermount
前の家のシンク。カウンタートップの下に取り付けるタイプだから、シンクのふちがない分、お掃除が断然楽。

DSCN1874.jpg
 

Integrated
カウンタートップと一続きになっているタイプ。お値段的にはこれが一番高いかも。でもお掃除は一番これが楽。(Mark Concreteより)

mark-concrete-kitchen-sink.jpg
 

Farmhouse (Apron)
今のキッチンをリモデルした時、キャビネットデザイナーが最初に薦めたのがこのタイプ。見た目では一番好きなタイプなんだけど、これまたお値段が。。。(House Beautifulより)

House Beautiful1
 
素材もいろいろあるけど、予算的にいくとステンレスかenameled cast iron(鋳鉄ホーロー)かな。

ボールの数も普通に1つから、1 1/2、2つ、何と3つまで。(もっとあるの見つけたら教えてください。)(FaucetDirect.comより)
 
Faucet Direct

最後にサイズ。浅いシンクが好きな人もいれば深いのがいい人もいる。でも一番大事なのはベースキャビネットにちゃんと入るかどうか。
 
で、結局どんなシンクを探してるかと言うと、

-Undermount
-enameled cast iron(鋳鉄ホーロー)の白
-1つのボールで、今のベースキャビネットにちょうどいい大きさのもの。深さは最低20センチ(今のシンクがそうだから)。

驚くことに、今までこの条件にあったシンクひとつしか見つかりませんでした。これ。

KOHLER.jpg
 

Kohlerの
K-6585モデル。いろんなところで買えるんだけど、いまのところ一番安いのがPexSupply.com。それにしてもシンクだけで$300以上ってきついなー。
おまけ:先週末超久しぶりにあられが降りました。

2011_02270007.jpg

やっぱ、暖房つけてもらってよかったー。
2011/02/21

キッチンリモデル-カウンタートップ想像中

何と最後にキッチンの記事を書いたの2009年の10月。ってことは、あれからキッチン全く変わってないってことです。

でもー、先週末何か急に取りつかれたようにslab yardに行きたくなり、悪天候の中行ってきました。覚えてますか?こういうとこです。(ごめんなさい、写真はここからの使いまわし。)

DSCN1787.jpg
  
 
目的はこれ!
2011_02190009.jpg

2011_02190005.jpg
 

きゃー、素敵すぎて倒れそう。憧れのmarble(大理石)。値段を聞いてみたら、前に聞いた時よりちょっと下がってる。(2007年には1スクエアフィート$20くらいって言われたのが今回は$15。)

前の家に使ったgranite(御影石)も見たんだけど、marbleくらい白っぽいgraniteだと、これとか、

2011_02190011.jpg
 

これくらいしかなかった。

2011_02190003.jpg

やっぱりmarbleがいいー。って、これキッチンのカウンタートップに、です。ここにも載せたけど、marbleのカウンタートップってほんと素敵。。。
 
House Beautiful1

SA0301112k_1_x.jpg
Southern Accents 

Things That Inspire1 
Things That Inspire

想像中、、、、なんだけど、5年ぶりに税金が少し戻ってくるし(超嬉しいニュース)見積もりしだいでは結構近いうちに実現するかも。。。まあmarbleは marbleなりにいろいろ問題はあるんだけど。
2011/02/15

マスターベッドルーム-カーテン

1月に頼んで3月までバックオーダーって言われてたカーテンが届きました。なんだ、バックオーダーじゃなかったんじゃん。

ピンチプリーツのカーテンは今回初めて買ったから、どんなフックでつければいいのかいまいちわからず、Bed Bath & Beyondに行ってとりあえず売ってたのを両方買ってきました。

DSCN0555.jpg
 

両方試してみたら大きい方がよかったので小さいほうはリターンします。

取り付け方は、プリーツの裏に開いている穴にフックを差し込むだけ。

DSCN0557.jpg
 
kvartal-glide-white__0106968_PE256415_S4.jpg

そしたらフックをglidesにひっかけるだけ。

DSCN0558.jpg
 

何かウエディングドレスみたい。思いっきりたたんであったからしわしわ。アイロンかけなきゃー。ちなみに買ったのはこれです。これだけの生地の量、しかも裏地つき、しかもピンチプリーツで$180弱はリーズナブルだったと思います。

DSCN0560.jpg
 

あと残るはベッドサイドテーブルなんだけど、これがまた難しい。新しいのを買うのはもったいないから、家にあるものをリメイクするかガラージセールで安物見つけるかDIYで作っちゃうか。。。
2011/02/14

痛い出費

とうとう壊れました、年齢不詳のうちの暖房。(50年以上っていう噂も)

DSCN0374.jpg 

最初旦那が何とか直そうとしたんだけど、もう手のほどこしようがなく、来年の冬まで待とうかどうか迷った末、あまりの寒さに(室内12度くらい)結局新しいのに取替えてもらいました。取り付けはもちろん業者さん。

DSCN0523.jpg

いろいろリサーチした結果一番ベーシックなのにしたんだけど、それでも$2400は痛い出費。。。

DSCN0542.jpg 

家の中でダウンジャケット着なくてよくなったのは嬉しいんだけど、痛い出費のおかげで次のプロジェクトは延期かなー。ちなみに次狙ってたのがここ。

2011_01080020.jpg  

こんな風にしたいのだ。

2011_01210006.jpg 

もっと安くできるプロジェクト探そーっと。

2011/02/07

マスターベッドルーム-ベンチ

愛犬クイポのためにベッドの足元に置いてあったステップ。というか、トーイチェストにエリアラグをのせてただけ。何度見ても恥ずかしいなー。(ブログを始めたばっかりの頃もこれでした。)

2011_01210010.jpg

今回参考にしたのがAna Whiteのベンチ。(ちなみに彼女のブログ、信じられないほどの数のDIYプランがのってます。全部英語だけど、作り方がしっかり画像でのってるので興味のある方はこちらからどうぞ。私もこれから彼女のプランを参考にいろいろ作ってみるつもり。) 

Ana White1

トップはヘッドボードに使ったplywoodの余り。組み立ては木工のりとネイルガンで。

DSCN0505.jpg

生地とボタンはオトマンのを引っ剥がし(せっかく作ったオトマンを破壊)、中綿もベッドの余りで足は2x4。Ana Whiteのベンチの足も2x4でそれを斜めに切っただけのデザインなんだけど、何となく面倒でとりあえず2x4をそのままくっつけました。

2011_02070005.jpg

ボタンをつける前。

2011_02070006.jpg

このままでもよかったんだけど、わざわざカナダからオーダーしたボタンがあと7つ残ってたし、オトマン作った時に既に開けちゃった穴をまた再利用したかった、、、ってそうはうまくいかなったかです。 

DSCN0518.jpg
 

できあがり。全部家にあったもので作ったから$0。でも足どうにかしないと。 

DSCN0510.jpg

足もそうだけど、切りっぱなしの生地も丸見え。

2011_02070008.jpg
  

足と切れ端、どうしたらいいでしょ?
2011/02/06

マスターベッドルーム-ベッド完成

ベッドできました。また写真多いです。

残った端材でもちろんDIYするなんて宣言してた足だけど、使えそうな端材がガラージに残ってなくてHome Depotで出来てるのを買っちゃいました。うちにあるソファの足と似てるからいいかなーと思って。

2011_02050003.jpg

足を取り付けるためのブラケットはたまたまうちに4つあったから$0。取っといて良かったー。
 
DSCN0486.jpg

中綿と生地を元に戻したら、キリでネジ用の穴を開けて足をクルクル取り付けるだけ。

2011_02050013.jpg

形がソファの足と似てるから、色も似てるのにしました。家に残ってた水性ステイン。前の家のシャッターをDIYした時に買ったのだからもう5年もの。どうりで下のほう固まってたわけだ。。。いい加減捨てろって。でも捨てられなーい。

2011_02050017.jpg

フォームブラシも家にありました。ほんとはニス塗ったほうがいいんだけど面倒だからステインのみ。

2011_02050019.jpg

足が端っこ4つだけじゃ不安だから、真ん中に3つ2x4をつけました。

2011_02050025.jpg
  

で、ひっくり返したら思いっきり隙間。。。もちろんやり直し。

2011_02050027.jpg

足の次はいよいよヘッドボード。使ったのは1x3。

DSCN0497.jpg
 

張りぼてみたいです。

DSCN0499.jpg
  

ここ数週間探し続けてたラグ。結局欲しい大きさでしかもリーズナブルなものが見つからなくて、リビングに使ってたのを拝借。(これもソファと同じ時に買ったもの。)

2011_02050033.jpg
 

DSCN0502.jpg
  

家にあった黒いビニールを使うことにしてから参考にしてたのがRestoration Hardwareのこのベッド

Restoration Hardware1
 

カリフォルニアキングサイズだとなんと$3,095!まあ、全体の作りとヘッドボードのゴージャスさは天地の差とは言え、かかった費用は10分の1以下でした。

木材:$165
生地と中綿:$50
足:$30
合計:$245