2015/06/14

今週末にやったこと

金曜と月曜お休みを取ったので、いくつかプロジェクトをやっつけました。

化け物状態になってたヘリクリサム・ぺチオラレ

IMG_0940.jpg

枯れてる下のほうだけ取っ払うつもりだったのが、剪定してるうちにどこまで取っ払って良いのかわからなくなり、結局全部取っ払っちゃいました。
 
IMG_1724.jpg

普段剪定したものは、写真に写ってる植物用の大きいバケツに入れて二週間に一度来るトラックに持っていってもらうんだけど、今回取っ払ったヘリクリサム・ぺチオラレの量があまりに多かったので、旦那のトラックに載せてMiramar Landfillに捨てに行ってきました。一般家庭から出たゴミの混じっていない植物は無料。植物をここに捨てにきたのは初めてだったんだけど、あまりの広さとあまりの量に唖然。延々と捨てられた植物はここで堆肥とかマルチにリサイクルされるみたいです。

IMG_1728.jpg

あとで調べてみたら、何とヘリクリサム・ぺチオラレ、カリフォルニアでしっかり侵入植物に指定されてました。赤いバナーに大文字で”侵略的 - 植えるな - 侵略的”って書いてあります。。。
どうりで隣に植えたPride of Madeira(エキウム・カンディカンス)が圧倒されてたわけだ。。。ヘリクリサム・ぺチオラレがあったところには、植木鉢で育ててた多肉植物を地植えにしました。写真今度撮ります。

次にやっつけたのは、パティオの壁のフレーム塗り直し。ペイントがものすごく剥がれてきてたので。


IMG_1730.jpg

壁紙か?ってくらいバリバリ剥がれました。

IMG_1731.jpg

ほんとだったら全部剥がして塗りなおすのが正しいやり方なんだけど、そこまでの気力がなく、すんなり剥がれなかったとこはそのまま上からペイント。。。

IMG_1736.jpg

端から端まで塗りなおし。裏は崖なので危ないからやりませんでした。たぶんものすごい状態になってるんだろうなー。

IMG_1737.jpg

次は6年前この家を買ってからずーーーーーっと気になってたドアのペイント。4年前にほとんどのドアは塗ったんだけど、まだ塗ってなかったドアが5枚あったんです。

リビングルームのドア2枚。

IMG_1740.jpg

2009_02030008.jpg

ダイニングルームのドア2枚。

IMG_1739.jpg

2013-03-03 006

勝手口のドア。
IMG_1741.jpg

白から白に塗ったのでアフターは特に無し。でもいろんなとこが剥がれてて汚かったからものすごくすっきりしました。

調子に乗ったところで次は何やっつけようかなーって思ってたつかの間、エージェントのメーガンから電話が。投資物件3軒目、何と銀行から返事がもうきたって!1軒目は返事来るまで3ヶ月弱だったのに、今回は何と3週間。でも問題は銀行が出してきた金額。うちがオファーした金額より$30,000(約370万)高く要求してきたんです。。。計算してみたら、その購入価格でも毎月マイナスにはならないんだけど、頭金がなー。リモデルもあるし。3ヶ月くらい貯金できると思ってたから思いっきり予定狂ったわ。

明日には返事出したいんだけど、どうしよう。。。
2015/06/08

ランドスケープ・3年半後続き

悲しい庭の続きです。

フェスツカ、軽くひっぱってみたらすんなり抜けました。ずーっと枯れたままだったんだ。。。


IMG_1074.jpg

サルスベリの下に植えたコプロマスも、一つを除いて全滅。。。

IMG_1075.jpg

サルスベリのアップ。

IMG_1077.jpg

左が3年半前に植えた時の写真。右が”育ったらこういう花がさくはず”っていう写真。

2011-10-26 001

見ての通り植えたときより葉がなくなってるんだけど、幹を爪でひっかいてみたらまだ中が緑なので完全に枯れてはいない模様。。。今週末にでも根っこの活性剤を試してみるつもりです。まだまだ干ばつが続いてるのでたくさん水あげられないんだよなー。やっぱり木じゃなくてサボテンかなんかにしたほうがいいのかも。

うちの悲しい庭の写真だけっていうのも何なので、素敵な庭のインスピレーションをいくつか。

large-gate-grace-design-associates_1790.jpg
Grace Design Associates

Graptopetalum paraguayense1
Pinterest

A Growing Obsession
A Growing Obsession
2015/06/02

ランドスケープ・3年半後

3年半前に植えた植物たち。ドリップシステムはつけてもらったとはいえ、あとは全く世話してこなかったのでかなりの数枯れちゃいました。

一番悲惨なのはなんと言ってもサルスベリ。お隣さんのバナナの木と重なっちゃって葉っぱがついてるように見えるけど、実際枝のみ。。。植えた時より葉が無くなってます。

2015-06-01 1

もう諦めて違う木を植える予定。。。植えたばっかりの時十分水をあげなかったのがたぶん原因だと思います。

2011年11月
2011-11-01 006

現在 
IMG_0945.jpg

Sticks on Fire (ミルクブッシュ)がなんと身長180cmの旦那より背が高くなりました。どこまで伸びるのかちょっと心配。。。ちっちゃくて可愛かったフェスツカは、綺麗だった色が完全に褪せてなんかかつらみたいになっちゃったし。これって枯れてるの?手前に見えてる紫のニュージーランドフラックスなんて完璧に枯れたのでとっくに引っこ抜きました。っていうか、全部で4つ植えたんだけど全滅。。。

2011年11月
2011-11-01 008

現在
IMG_0948.jpg

つげは手前いくつかをのぞいてほとんど変わりなし。でもつげの手前に植えたファンフラワーは全滅。
2011年11月
2011-11-01 010

現在
IMG_0944.jpg

ローズマリーだけやたら大きくなったけど、こっちのフェスツカはほとんど全滅、手前に見えてるニュージーランドフラックスも枯れました。

2011年11月
2011-11-01 005

現在
IMG_0940.jpg

ヘリクリサム・ぺチオラレが化け物状態。。。

2011年11月
2011-11-01 003

現在
IMG_0941.jpg

2012年12月
2012-10-14 002

現在
IMG_0949.jpg

雑草がすごい。。。

写真撮るの忘れましたが、コートヤードに植えたジャスミンも枯れてはいないものの、ほとんど成長してないです。

これから暑くなってくるけど、ちょっと腰上げて庭の世話がんばらないと。
2015/05/10

パティオのペイント・塗り終わり

10ドルの椅子リメイクがてこずってる中、100倍醜くなったパティオは今日塗り終わりました。


IMG_1029.jpg

色は、フェンス屋根窓のトリムゲートと同じチョコレートブラウンにしました。

IMG_1679.jpg

IMG_1680.jpg


IMG_1683.jpg

すっごく綺麗になって大満足。

10ドルの椅子リメイク、がんばります。。。。。。。。。。
2015/04/20

パティオのペイント・剥がし中

2015年にやりたいことの1つ、パティオのペイント塗りなおし。

IMG_0812.jpg

今日旦那がお休みだったので、「ペイント剥がし始めといてねー」って出勤したものの、帰ってきたらこうなってました。

IMG_1029.jpg

ビフォーより100倍醜くなってるし。。。

どうやら最初スクレーパーで地道に剥がし始めたんだけど、途中で手に負えなくなり、ペイントリムーバーを買ってきたらしい。

それにしても何回塗ったんだろ、このパティオ。
2015/02/06

ステップやり直し・想像開始

旦那が先日足の親指の手術をして松葉杖状態だったのと、私の仕事があまりに忙しくてここ1-2週間家にまで仕事を持って帰ってきてたのとで、全くプロジェクトどころじゃなかったです。。。でも、ようやく仕事も何となく落ち着いてきたし、旦那も今日松葉杖無しで歩けるようになったので、そろそろ動き始めようかと思います。(フットボールも終わっちゃったし。。。)

で、今考えてるのがここ。ブロックが何箇所もぶち壊れてるし、上に載ってるレンガもぐらぐらしてるのがあるので、これを全部取っ払って一からやり直すつもり。

2011-11-25 002

一時期、うちに残ってた木でステップ作ろうかなって考えてた時もあったけど、シロアリが増えるとご指摘があったので却下。木じゃなかったらやっぱり石とかレンガがいいかなー。こんな感じ。

sterling-huddleson architecture
Sterling-Huddleson Architecture

おまけ: 先日、霧が出た時の写真をいくつか。

IMG_0932.jpg
霧のない時の眺め。ほんとに深い霧でした。

2014-05-07 001

ちなみに、反対側から見たうち。崖っぷちです。

from street1
2014/06/18

キャニオンへのゲート・パート2

何かものすごく簡単に終わってしまったプロジェクトなので、すらーっといきます。

今回新しく木材を買いたくなかったから、残ってた木を使用。ちょっと薄っぺらいんだけどまあいいです。

2014-06-16 001

ごくふつーのフェンスデザインにしたので、あっという間に完成。縦の木はステープルガンで横の木にくっつけました。

2014-06-16 004

クリ-ツはこんな感じ。

2014-06-16 005

この時点でネジがかなり目立つなって思ったから(ペイントするとはいえ)、もう一度ネジをはずして、カウンターシンクビッドでネジを沈ませてから、縦の木でカバー。

2014-06-16 007

チョコレートブラウンにペイントして完成!

2014-06-17 001

デッキから見たところ。

2014-06-17 002

これでやっと前の家で取っ払ったのにまだ持ってる緑の柵、処分できるー。
2014/06/16

キャニオンへのゲート・パート1

今年中にやりたいプロジェクトの1つ、キャニオンへのゲート。ようやくとりかかることにしました。

5年間、とりあえず前の家で取っ払ってどういうわけかまだ持ってる柵を立てかけておいたんだけど、これを取っちゃうとその下はまさに奈落の底

DSCN7756.jpg


最初は開け閉めできる普通のゲートにしたかったんだけど、手前のパティオが家の方に向かって上がり坂になってるから、手前に開けるゲートだと下がつっかかっちゃって完全に開かないことが発覚。かと言って、キャニオンの方に開けるゲートにすると、キャニオンから上がって来た時に自分の方に開けるようになるわけでそれじゃ危ないと思ったから、最終的に持ち上げて取り外しのできるパネルにすることにしました。

まずはパネルを支えるサポート。右側のサポートは昔一時ついてただろうゲートの残骸をそのまま使用。左側のサポートはさんざん悩んで旦那ともめた挙句、旦那のアイデアで2x4をパティオの下のコンクリートにアンカー使ってネジでとりつけてみることに。「アンカーつけるには何か地盤ゆるそうだよなー。。。」って密かに思ってたら、、、

DSCN7759.jpg

案の定崩れ落ちた。。。

DSCN7761.jpg

で、結局新しくコンクリートを流してサポートを支えることに。まずは家にあったコンクリートブロックとペイバーと木の切れ端で適当にフレーム作り。

DSCN7763.jpg

サポートを入れてコンクリートを流します。

DSCN7765.jpg

レベルでサポートがまっすぐなことを確認したら、コンクリートが乾く前にサポートが動いて曲がらないようにブレースをつけます。

次はどうやってパネルを持ち上げて取り外せるようにするか。

最初考えたのが、こういう木のフック。
でも、これだとまず小さい木のパーツでL字を作って、それをサポートにネジで下から斜めにくっつけて、とちょっと面倒だと思ったから、結局こういうクリ-ツにすることに。

frenchcleat1.jpg

パネル自体はごくふつーのデザインで、フェンスとゲートガラージドアと同じチョコレートブラウンにペイントする予定。
2014/03/31

コートヤード・噴水ベースにタイル貼りました

2014年にやりたいことリストのひとつだった噴水ベースのタイル貼り。これは旦那がどうしてもやりたいってきかなかったプロジェクトなので、珍しく私は一切口出しせず手伝わず、旦那がタイル探しから目地入れまで全部1人でやりました。

しばらく噴水を放っておくとこんなことになって、

2013-02-15 001

水を全部すくい出すとこんな感じ。。。何せベースはコンクリートに防水加工しただけだったので、掃除が大変だったんです。

DSCN7178.jpg

旦那は最初こういうコバルトブルーのタイルにするつもりだったんだけど、

思ってたより高かったらしく、妥協してゲストバスで使ったのと同じ黒いタイルにしようと思ってた矢先、得意のCraigslistで超お安い水色のタイルを見つけて即買いに行って来ました。普通の人の家だったから、たぶんプロジェクトで余ったのかな。

で、こうなりました。

DSCN7269.jpg

私は今回一切手伝わなかったから楽だったー。

これでまだお掃除大変だったら笑える。。。
2014/02/17

ドアベル新調

今の家にもともとくっついてたカントリーなドアベル。

2013-02-02 001


5年間、ずーーーーっと取り替えたいと思ってて、ようやく新調しました。

取り外したところ。

DSCN7130.jpg


一時期、クリフ・メイのタイルのドアベルに憧れてたんだけど、

結局シンプルで超お安いこれにしました。
取り付けはワイヤをつなぐだけ。シリコンを使ったから乾くまでブルーテープ貼っときました。

DSCN7132.jpg

まだペイントのタッチアップしてないけど、ネジの穴を塞いで完成。ボタンにライトがついてるの、わかります?

DSCN7139.jpg

ライトが点くのは暗くなってからだけでいいんじゃ?って思うけど、そこまでスマートなドアベルではありません。

DSCN7146.jpg

ちなみに、正確に言うとうちのはドア・チャイム。アメリカでも、こういうチャイムは古い家にしかもうないと思います。うちのも確実にオリジナルだろうなー。

DSCN7131.jpg