2014/02/03

ダイニングルーム-鏡

去年の春、ガラージセールで10ドルで買ったでっかい無垢の木の鏡

2013-03-17-1.jpg

飾る場所が決まらなくてずーっと床に置いたままだったんだけど、ようやく決まったのでさっそく取り付けました。

ご存知の通り、うちは普通の家と違って2x4の材木ではなく鉄筋+吹きつけコンクリートで建てられた家なので、壁に何かを飾る際普通に釘でって訳にはいかないのです。

で、使ったのはトグルボルトと、1つ30パウンドまでOKのコンクリート用フック

DSCN7116.jpg


ドリルで穴を開けてトグルを閉じた状態で壁に差し込みます。

DSCN7117.jpg

鏡がかなり重いので、念のためフックは2つ。

DSCN7118.jpg


ワイヤは鏡に付いてきたのをそのまま使用。

で、こんな風になりました。

DSCN7121.jpg

やっぱり壁に何か飾ってあるのと無いのじゃずいぶん雰囲気違うなー。

ところでこの鏡、セロテープの跡が残ってて拭いても取れないんだけど、どうやれば取れるか知ってますか?

DSCN7119.jpg
2013/11/05

サイドボード

土曜日、アイアンのシャンデリアを委託販売したConsigment Classicsにまたいくつかアイテムを委託しに行ってきたんだけど、これがまた大当たりの日でした。Consigment Classicsではこのサイドテーブル(しかも$10!)、

DSCN6897.jpg

帰り道、久しぶりに寄ったStuffでは、このコーヒーテーブルと($179)、

DSCN6896.jpg


このサイドボードを買いました!$175。もちろんいつものように一目惚れして、です。

DSCN6895.jpg


パインのアーモアを売ってからサイドボードは探すつもりだったんだけど(まだ売れてません)、見つかった時に買っちゃわないといつも後で後悔するから、家に帰って寸法確認してからまたお店に戻って買って帰ってきました。

このサイドボード、全部で引き出しが9つなんだけど、パーティー用の大きいお皿を何枚もいれられるように、下の左側2つと右側2つの引き出しをドアに変えて棚にリメイクする予定。そんなに難しくないはず。黒いペイントも少し剥がれてるとこがあるから、いっそのこともっとテカテカの黒に塗り直すかも。こんな感じ?

で、これを置くのは今パインのアーモアが置いてあるところ。

DSCN6806.jpg

サイドボードの上にはバー・アイテムを置く予定。今はほとんど隠れちゃってる壁も丸見えになるから、この部屋に合いそうなアートか鏡を考え中。

もちろんすでにイメージ集めてます。。。

glitter guide-Erika Brechtel


Kelly Edwards-side board


Lonny-side board1

Lonny-side board2

hellometro.jpg


canadianhousehome-sideboard.jpg

イメージ上から:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
2013/09/20

ペルシャ絨毯・続き

血迷って購入してしまったのはこれ。

DSCN6794.jpg


1番でしたゆかちゃん、大正解!どうしてわかったー?親戚だから?

一番人気のあった2番、実は私もお店で見た時は一番良いと思ったんだけど、家に持って帰って来て見たら、他のと比べて全然良くなかったんです。

逆に1番はお店で見た時「ピンク過ぎるー」って思ったんだけど、家で見てみたらダントツゴージャスで迷わずこれ!って決められました。

それにしても派手です、このラグ。

DSCN6795.jpg

野菜や植物で染めた羊毛で織り上げられたペルシャ絨毯。真ん中辺に見える鮮やかな黄色はサフロンから。サフロンって高価だから、黄色が多く使われてるペルシャ絨毯って稀らしい。このラグも黄色はほんのちょっと。

DSCN6797.jpg

後の色は何から染められれてるのか聞き忘たけど、グーグルしたら、ブルーはインディゴ(藍)、赤はアカネの根などが使われるみたいです。

機に縦糸を張って、横糸を一本一本結んでいきながらできていくペルシャ絨毯。(写真:ペルシャ絨毯専門店アリヤギャラリー

ペルシャ絨毯専門店アリヤギャラリー1


ペルシャ絨毯専門店アリヤギャラリー2

こういう織り方なので、裏返すと表の模様がそのまま見えます。機械織りと違って糊も布もついていません。
 
DSCN6798.jpg

どうりで大きなサイズのものは数ヶ月、柄によっては何年もかかるわけだ。。。

ちなみに大きさは2mちょっとx3mちょっと。リビングルームに必要な大きさが2mちょっとx3m。この”ちょっと”がやっぱり長すぎて、結局リビングルームじゃなくてここ用に買いました。

DSCN6806.jpg


ダイニングルームにラグを置くか置かないかは全然考えて無かったんだけど、サイズがあまりにぴったりだったのですんなり決定。

ラグの周り、床がちょうどいい程度に見えてます。

DSCN6807.jpg


DSCN6808.jpg


ダイニングチェアを引いてもラグからおっこちません。

DSCN6809.jpg

で、肝心のリビングルーム、やっぱりペルシャ絨毯?
2013/05/08

ダイニングルーム-テーブルようやく完成

また気がついたら10日以上もブログ更新忘れてたし、しかももう5月!何か理由もなく慌てる今日この頃。。。でも2月に作ったダイニングテーブルとうとう仕上げました。

まずはぐらぐらを防ぐために真ん中にもう一本追加。

DSCN6143.jpg


ちなみにネジはこんな風に下から斜めに。

DSCN6145.jpg

いろいろ買ってさんざん悩んだフィニッシュも、結局水性ウレタンのみに決定。まずは足から。

DSCN6150.jpg

で、これが10日くらい前のこと。それからずっとテーブル逆さのままだったのが、先週土曜日の昼間、「今日か明日BBQしに行ってもいい?」と友達から電話が。「明日の夕方ならOK」と返事して、その日の夕方超特急でテーブルひっくり返してフィニッシュ開始。BBQの時はいつもパティオのテーブルを使うからあせってテーブル仕上げる必要もなかったんだけど、運悪く日曜日は天気予報

で、さっそく天板にウレタンを塗ってみたら、う、濃すぎる。。。足は直接ウレタンでも全然濃い仕上がりにならなかったのにー。やっぱりホワイトウォッシュしてからウレタンにすることに。

DSCN6167.jpg

時間がないっていうのに乾かしてからまたサンディングしてやり直し。。。この日、頭痛と胃のむかむかでもうろうとしながら作業してたので写真どころじゃなかったです。ホワイトウォッシュして乾いたらウレタン塗装1度目。翌朝全体を軽くサンディングしてからウレタン塗装2度目。数時間乾かして、ディナーまでには間に合いました。ところどころホワイトウォッシュをミスしたところがちょっと濃く仕上がったけど、それもまた手作りの味ということで。

DSCN6169.jpg


DSCN6171.jpg

ウレタン塗装2度目が終わって数時間しか経たないのに思いっきり使って大丈夫かなーって思ったんだけど、大人6人でさんざん飲んで食べた後片付けてみたら、シミも傷も一切ありませんでした。やっぱりワックスじゃなくてウレタンにしてよかったー。念のため、3度目を塗るつもりです。

2ヶ月半もかかったこのテーブル、これからがんがん使おうと思います。ちなみに、ブレックファストルームには衝動買いしたluciteのテーブルではなくて、やっぱりDIYした木のテーブルを使うことにしました。これも同じフィニッシュにする予定。まだやってないけど。
2013/04/08

ダイニングルーム-テーブル製作中4

気がついたら1週間ブログ書いてなかったし、テーブルなんて1ヶ月も放置してました。納得のいくフィニッシュが見つかるまで粘るんだーって思ってたけど、もうそろそろ何でもよくなってきた感じ。

5.クローゼットの床に使った水性のステイン、English Oak。

DSCN5927.jpg


6.お店のサンプルが良い感じだったから買ってみた Pickled Oakっていうステイン。

DSCN5926.jpg

English Oakは予想通り濃すぎだし、Pickled Oakは塗っても塗っても変わらない。。。もとの木が白っぽいからかな。

DSCN5928.jpg

ちなみに矢印の間の妙なシミは、赤ワインとお醤油とバルサミコ酢でどれくらいシミになるかをテストしてみた残骸です。写ってる部分は無垢なので予想通り完璧なシミになりました。(5時間後ですけど)

7.オフィスのデスクに使った水性のウレタン。

DSCN5975.jpg


オフィスのデスクは使い始めてもうすぐ3年になるけど、ウレタン3度塗りしたおかげで汚れは水拭きするだけできれーに取れるので、テーブルもやっぱりウレタンが一番いいのかな。

まだ無垢にウレタンのみってのは試してないけど、たぶん無垢にワトコオイルのみと同じように結構濃くなると思うからまずはホワイトウォッシュ+ウレタン2度塗り。

DSCN5977.jpg
 

こうやって見ると無垢とほとんど同じに見えるけど、私的には結構気に入ったかも。もうこれにするかな。

でも、、、、


実はダイニングテーブル、ぐらぐらするんです。素人だよなー、やっぱり。

2013-03-03 006

ぐらぐらするって言ってもわざと揺らそうとしてぐらぐらって程度なんだけど、一応フィニッシュをする前に真ん中にもう一本つける予定。でも、今度は付ける場所を決めないと。。。

一番下?

Restoration Hardware-Trestle Salvaged

Restoration Hardware

真ん中?

Blue Moon Trading Co2jpg
Blue Moon Trading Co.

一番下と真ん中?

Blue Moon Trading Co3jpg

天板の裏?

2013-03-03 001 1

ほんと、いつ完成するんだろ、このテーブル。
2013/03/10

ダイニングルーム-テーブル製作中3

悩んでばかりでは始まらないので、いくつかフィニッシュをテストしてみました。

1.パティオのテーブルに使ったチョコレートブラウンのステイン。

2013-03-02 010


2.初挑戦のグレーのステイン。

2013-03-03 012

3.これまた初挑戦のペーストワックス。

2013-03-02 006

で、こんな感じになりました。1.のチョコレートブラウンのステインは予想通りあまりに濃すぎたから、その上から2.のグレーのステインをうっすら塗ったもの。

2013-03-03 016


残念ながら1.も2.もイメージしてたより暗すぎて却下。

でも、ワックスオンリーのほうは光を当てるとこんな感じに光沢が出てとっても良い感じ!
手触りもすごーくよくて、これでいくか!って思ったのもつかの間、爪でこすったらワックスが簡単に取れました。。。磨きが足りなかったからかもしれないけど、何となくテーブルの天板には向いてない気がして却下。(でもテーブルの天板以外にいつかトライしてみるつもり。)

4.まりこさんお勧めのワトコオイル。

2013-03-10 001

残念ながらワトコオイルの白が売ってなかったので、まずオフィスのデスクと同じホワイトウォッシュ。

2013-03-09 002

右がホワイトウォッシュ、左は無垢。

2013-03-09 005

もっとオイルを吸い込むと思ったらそうでもなかったけど、無垢のほうは想像以上に色が変わってちょっとびっくり。

2013-03-10 002

右上:無垢にワトコオイルのみ
右下:ホワイトウォッシュ+ワトコオイル
左上:無垢
左下:ホワイトウォッシュのみ 

2013-03-10 005

旦那の一番のお気に入りは、無垢にワトコオイルのみ(右上)。私のお気に入りはホワイトウォッシュ+ワトコオイル(右下)。

確かにワトコオイルのみだとワンステップで楽といえば楽なんだけど、ちょっと濃い気がするんだよなー。ダイニングルームのテーブルは私のお気に入りはホワイトウォッシュ+ワトコオイルにして、バンケットのほうはワトコオイルのみにするっていう手もある。

どうしよっかな。
2013/03/03

ダイニングルーム-テーブル製作中2

天板も脚もオービットサンダーですべすべになるまでサンディングしたら、あとはくっつけるだけ。テーブルの端からどれくらいのところに脚をつけるかは、両端に椅子を置いてみて旦那のひざがぶつからないところ、で決めました。

2013-03-03 001

完成!

2013-03-03 006
 

下から見ると思いっきり隙間開いてたりするけど、素人だからこんなもんです。 

2013-03-03 007

バンケットからダイニングルームを見たところ。

2013-03-03 009
 

ダイニングルームからバンケットを見たところ。(バンケットのテーブルもできてます。)

2013-03-03 008

次はフィニッシュ。面倒だから両方とも同じフィニッシュにすることにしたんだけど、どんなフィニッシュにすればいいかがなかなか決まらないです。

夢のダイニングルームのテーブルはグレーなんだけど、ちょっとグレー過ぎる気がする。

houzz-Arnal Photography1
これくらいが理想なんだけど、どうやればこうなるのかがわからない。。。これって無垢?

Blue Moon Trading Co3jpg


Mayumiさん、さっそくこないだ教えていただいたお店、Stuffへ週末行ってきました。で、何とコートヤードにイメージしてたteakの八角形のテーブルが$50で売ってたんです!サンディングしてオイルでも塗れば新品同様になると思います。あんなに素敵なお店を教えていただいて、大感謝、ありがとうございました!!!

2013-03-02 001
2013/02/28

ダイニングルーム-テーブル製作中1

バンケットのテーブルと同時進行しているダイニングテーブル。天板は全く同じデザインにしました。で、何とこっちも寸法間違え。。。(でもバンケットの方と違ってこっちは2度目でぴったりになりました。)こうやってみるとそんなに大きく見えないけど、バンケットのテーブルが長さ50インチ(127cm)、これは86インチ(218cm)なのでかなり大きいです。

2013-02-16 001

ちなみにひとつ思いっきり壊れて届いた椅子、新しいのがすぐ届きました。今度は壊れてなかったー。

2013-02-12 002

バンケットのテーブルと同じく天板から。Kreg Jigsでポケットホールをこれでもかってくらい作り、木工糊を板の間につけます。

2013-02-23 009

大きいクランプで挟んでるところ。クランプを締めてる最中板が動かないようにお友達夫婦に乗っててもらいました。

2013-02-23 011

糊が乾いたら横のピースも同じ要領でくっつけます。これで天板完成。

2013-02-24 004

次は脚。ダイニングテーブルにも4x4を使いました。

2013-02-23 017

デザインはこんな感じ。

2013-02-23 018

2013-02-24 003

同じものを2つ作って脚も完成。

2013-02-24 008  

パティオのテーブルよりももっとすべすべな感じにしたかったから、ステイン・ワックスの前にこれでもかってくらいサンディングしました。使ったのはこれまた新しく買ったオービットサンダー。

2013-02-24 007

すごーくすべすべになりました!ステインするのがもったいないくらい。ワックスオンリーにしよっかな。

2013-02-25 005

脚も同じくらいすべすべにして天板と脚をくっつけたらいよいよ仕上げなんだけど、まだどんな色合いにしたらいいか決まらないー。バンケットのある部屋とダイングルームが隣同士だから、やっぱり同じフィニッシュにしたほうがいいのかな。でも全く同じってのもつまらない気もする。。。

どうしましょう。
2013/02/24

買ってしまったもの


west elm capiz pendant

カピス貝のシャンデリア。何と、夢のダイニングルームと同じシャンデリアが近所にあるWest Elmのものだったことを最近発見。

houzz-Arnal Photography1
でも、去年シャンデリアを衝動買いしたばっかりだから旦那がOKするわけないよなーって思いつつ、何気なくこのシャンデリアの写真を何枚か見せてみた。

decorpad-capiz4.jpg
Decorpad

decorpad-capiz2.jpg
DecorPad

そしたら意外にも、「長方形のライトのほうがこの部屋には合うかもね」って。そう、その通り!彼の気が変わらないうちに、さっそく実物を見にWest Elmへ。

うわ、写真で見るより超素敵ー!!!

2013-02-20 003

旦那も実物を見て満足したらしく、即効でお買い上げ。

まずは去年買ったばかりのシャンデリアを取り外し。

2012-01-15 007

天井をペイントした時、前のライトを取らないでペイントして、このシャンデリアに取り替えた後も面倒でそのままにしてあったんだけど、今回ようやくペイントしました。

2013-02-24 006
 

この穴がプレートで全部ちゃんと隠れてくれたので、天井の修理は一切なし!修理は難しくないけど、やらなくて済むに越したことはないです。線をつないだらまず電気がちゃんとつくことを確認して、、、

2013-02-24 010

いよいよこれの登場!

2013-02-20 008


ネジ2つでこれごと電球のついてるプレートに取り付けます。

2013-02-24 011

あとは一袋一袋ビニールを取っていくだけ。。。その数何と、

2013-02-24 017

梯子にのって一時間弱。。。でも、スイッチつけたとたんに疲れも吹っ飛びました!

2013-02-24 013

素敵過ぎるー!!!!!!!

今日、この部屋で寝よっかな。