FC2ブログ
2019/08/22

東京物件探し・「譲りたくない条件」リスト

日本で本格的に物件探しを始めるのはたぶんオリンピックが終わってからだけど、「譲りたくない条件」リストはもう作ってありまーす。
  • 東京23区
  • 最上階
  • 角部屋
  • 眺めが良い
  • 明るい
  • 天井が高い
  • トイレとバスルームが別
  • 主寝室がお隣と壁で繋がっていない
  • 主寝室が玄関の横ではない
  • バルコニー付き
  • 門扉付きポーチ無し
  • 曇りガラス無し(バスルームとトイレ以外)
  • 階段無し(メゾネットみたいに)
  • コンクリート建築
  • 駅から徒歩7分以内
  • 大きい通り・交差点に面していない
  • オートロック
  • モニター付インターホン
  • 宅配ボックス
  • 管理組合に借金が無い
  • 共有部が適切に管理・メンテナンスされている
30%くらいは妥協することになっちゃうとは思うけど。

ちなみに夢の眺めをいくつか。


あー、早く物件見に行きたーい。
2019/08/16

花いろいろ

暑中お見舞い申し上げます。気が付いたらあと2週間で9月!ってことは、日本に引っ越してきてもうすぐ1年!そうこうしてるうちに紅葉の季節になっちゃいそうなので、春からいろいろ見に行って来た日本の花達をずらずらっといきます。

小石川植物園の梅

plum1.jpg

三浦海岸の河津桜と菜の花

IMG_4710.jpg

三浦海岸駅線路沿いの河津桜

sakura1.jpg

塚山公園の桜

sakura2.jpg

六義園のしだれ桜

IMG_4726.jpg

江戸川公園の桜

IMG_4732.jpg

東京ミッドタウンの桜

IMG_4739.jpg

目黒川の桜

IMG_4742.jpg

千鳥ヶ淵の桜

IMG_4745.jpg
IMG_4750.jpg

根津神社のつつじ

IMG_4769.jpg

くりはま花のくにのネモフィラ

flower1.jpg

くりはま花のくにのポピー

IMG_4852.jpg

白山神社のあじさい

flower2.jpg

横須賀美術館のあじさい

IMG_4925.jpg

ソレイユの丘のひまわり

IMG_5251.jpg
IMG_5253.jpg

おまけ:このポーズにとっても魅了されたので。それより、花畑に入っちゃっていいのかな。

IMG_5257.jpg       

機会逃して横須賀しょうぶ園の藤が見に行けなかったのが残念。。。

いやー、それにしても日本は季節季節に楽しめるものがたっくさんあって素晴らしい!
2019/08/11

投資物件2軒目・売りに出しました

投資物件3軒目に引き続き、2軒目を売りに出しました。あの「売り手がバスローブでぶち壊れたドアを隠してた」物件です。(写真:MLS)

28-0.jpg28-9.jpg 28-10.jpg 28-12.jpg 28-13.jpg 28-15.jpg 28-16.jpg 28-17.jpg 28-21.jpg 28-22.jpg
28-6.jpg
28-7.jpg

3軒目はすんなり引渡しが終了したから2軒目もそうなってくれることを祈ってるんだけど、この物件だけ買ってから何だかんだいろいろ問題が続いてて(実は今も)、絶対ごたごたするよなーっていう予感。。。

投資物件1軒目も、9月末で今のリースが切れ次第売りに出して、ものすごく小さいケープコッドも今のテナントが出て行き次第手放す予定。

せっかく買ってがんばってリモデルして利益も出てる投資物件を全部売ることにしたのは、日本に将来自分達が住むところを買うため。それほど悩まず決断しちゃったんだけど、後から後悔しないといいなー。
2019/08/09

隅田川花火大会

投資物件2軒目がもうすぐ売りに出るんだけど、その前にもう1つ旅行記事を。

私、生まれも育ちも東京都23区なくせに、実は隅田川花火大会見るのは初めて。うちから1時間半くらいの距離なんだけど、帰り電車が激混みになると思ったから、日本橋浜町にあるHamacho Hotelに泊まることにしました。

今年2月にオープンしたばかりのこのホテル、ユニークなのが、ホテルに賃貸アパートが併設してることと、ベランダに緑が植わってること!

IMG_5154.jpg

泊まった部屋
IMG_5147.jpg
IMG_5199.jpg

どっかのリゾートみたいな雰囲気だったけど、これからメンテが大変そーとか思ったり。

一度は泊まってみたい(ってか住みたい)プレミアム・テラスルーム!おしゃれ過ぎてため息。。。


ホテル内にあるチョコレートショップnel。名前は「練る」からきてるんだって。写真は外から入れる入口。黒のエクステリアがこれまた素敵。

チョコレートプディングとコーヒーのセット。プディングにのっかってるのは金箔じゃなくて銀箔。私の握力でポキッって折れそうだった黒いスプーンが可愛かった

IMG_5150.jpg

この街、おしゃれなお店と下町情緒溢れる風景が目白押しだったので、花火大会の前にずらずらっといきます。

店名のフォントからロゴからコンクリート打ちっぱなしの壁からオーニングの柄まで超好みだったベーカリー。5月に練馬区から移転してきたばっかりらしい。

IMG_5151.jpg

シンプルかつボールドなアートとモダンなインテリアが格好良かったギャラリー、好文画廊

IMG_5204.jpg

オールブラックのエクステリア+マリンランプ+ターコイズの自転車が絵になってた立ち飲みビストロ、富士屋本店

IMG_5206.jpg

真っ白いコンクリート壁&黒い窓枠にすぐ目がいく私。PAPIER TIGREっていうフランス発の雑貨屋とティーサロンで、「日本全国の茶農家を訪ね歩き厳選した日本茶」と「日本橋浜町とその周辺で人気の和菓子や季節折々のローカルフード」が楽しめるらしい。がー、入ってみればよかった
IMG_5155.jpg

いきなりヨーロッパの雰囲気だ、って思ったらドイツ・ベーカリー、タンネでした。

IMG_5156.jpg

これはもしかして、、、

IMG_5153.jpg

やっぱり葡萄!脇がメッシュになっててそのまま色付き具合をチェックできる袋らしい。ナパでもこんなの見なかったなー、ってそれより中央区のど真ん中で葡萄育ってるのが驚き!

IMG_5152.jpg

カリフォルニア繋がりで。。。花火大会の翌朝に行って来たBlue Bottle Coffee。青い瓶(Blue Bottle)のロゴだけで店名は無し。オープンしてすぐ行ったのにすでに観光客っぽい人たちがたくさんでした。

IMG_5214.jpg

二人ともオーダーしたのは大好きな

IMG_5216.jpg

下町と言えば相撲部屋。稽古見学できる荒汐部屋に行って見たけど

IMG_5208.jpg

清州橋通りで見つけた、、、こういうの、何て言うんだろ?

IMG_5207.jpg
IMG_5209.jpg
IMG_5218.jpg

清澄橋が架かってる仙台堀川沿いは、松尾芭蕉の散歩道。桜が咲いてなくてもこれだけ風情あるから、満開の時はあっぱれなんだろうなー。

IMG_5217.jpg

散策、超楽しかった!

で、肝心の隅田川花火大会。最初はホテル近くの浜町公園辺りから遠くに見るつもりだったんだけど、何を思ったかもっと近くに行きたくなって花火の音を頼って歩き始め。。。

両国橋からやっと見えた花火!でも、たくさん警備員がいて、立ち止まって写真撮ってると「立ち止まらないでくださーい!」ってメガホンで速攻怒られる!

IMG_5164.jpg

あっという間にこの人混み。。。

sumida4.jpg

ここから人の波に付いてきながら延々と歩き続け、でもボーンボーンって音は聞こえるものの花火は見えず。。。この辺りから旦那はかなりイラつき状態。

やっとのことで見えるスポット発見!

IMG_5173.jpg

で、もう動かずに最後までここにいりゃーよかったものをまた動き出し、結局このスポットでフィナーレまで鑑賞。

IMG_5194.jpg

打ち上げ場所から近くて確かに音と共にものすごい迫力だったけど、何だかなー。。。

隅田川花火大会、もう二度と行かないと思います。人が多いのはわかってたけど、警備員・おまわりさんのメガホンによる絶え間ない注意と、この意味がわからない眩しすぎる照明がせっかくの花火大会を台無しにしてた。

sumida8.jpg

その次の週末、近所の海辺の公園で花火大会があったんだけど、何とうちのベランダからこんなに綺麗に見えました。た~まや~。

IMG_5241.jpg
2019/08/02

十和田市現代美術館

青森&秋田の旅4日目。3時間の奥入瀬渓流トレッキングを終えてすぐ向かったのが十和田市現代美術館

疲れてたからまずは花より団子。館内にあるカフェ&ショップcubeで大好物の

IMG_7714.jpg

ショップにはおしゃれーなミュージアムグッズがたくさんあって、またトートバッグ買いそうになったけどそこは我慢(秋田犬の買ったばっかりだし)。

ちなみに、cubeは建物が四角い(キューブ)からcubeになったんだって。

towada24.jpg

でも、白いキューブだらけだったりする

towada34.jpg
Google Map 

実はこれが十和田市現代美術館の特徴。それぞれの作品にあわせて建築空間をつくるため、建築前からアーティストと話し合い「アートのための家」として独立した展示室を作り上げたらしい。なるほどー。

チケット買って、最初の展示室でいきなりこの人に度肝抜かれました

IMG_7716.jpg
IMG_5034.jpg

ロン・ミュエク「スタンディング・ウーマン」。あまりに度肝抜かれてツーショット撮るの忘れたけど、彼女、身長4mもあるらしい。
towada10.jpg

とにかく肌もシワも髪の毛もまじ?って思うくらいほんとの人間みたいで、しかも目線が歩き回る私達についてきてる気がして、そのうち歩きだしたら怖っ、とか思いながら次の展示室へ。

とそこには黒いカーテン。。。なになに、お化け屋敷?旦那の背中にへばりつきながらカーテンを開けるとそこは真っ暗闇。でもすぐこんなディスプレイに気が付く。

towada7.jpg

キム・チャンギョム「メモリー・イン・ザ・ミラー」。置時計と額縁と水槽が暗闇に浮かんでる感じ。と突然額縁の中の映像が動き出した!こっちを見て身支度をする女性。どうやら姿見の鏡らしい。女性が立ち去ると、プロジェクトされた影が鏡の前を横切り、鏡の中は次の日常シーンに変わる。後から分かったんだけど、置時計も鏡も水槽もただの白いオブジェクトにプロジェクター映し出されたものだったらしい。

うーん不思議、と思いながら次の展示室へ。ってこれまたカーテン!でまた真っ暗闇!

暗闇に目が慣れてきたと思ったらそこに広がったのはこの光景。

towada41.jpg

ハンス・オプ・デ・ビーク「ロケーション(5)」。どうやらフリーウェイ脇のダイナーのよう。いくつも並んだブーステーブルの向こうには大きな窓と長い道路が見える。

前の作品で動揺してたのか、時間がないから焦ってたのか覚えてないけど、ブースにゆっくり座ってもみず、この光景がどんな風に作られてるのか考えもしないまま出てきちゃった私達。

でも実はこんなジオラマだった!

towada32.jpg

街灯は手前のが高さ4m、最後のは40cmなんだって!どうりでものすごい遠近感が出てたわけだ。このシーンが白いキューブの中にあるっていうのが不思議。。。

トマス・サラセーノ「オン・クラウズ(エア-ポート-シティ)」。何とこれ居住可能な構造らしいです。

towada14.jpg

やっぱやるよね。。。

IMG_5035.jpg

私が一番衝撃を受けたのがこの作品!

IMG_5036.jpg

栗林隆「ザンプランド」。天井からぶら下がってるアザラシより先に目に付いたのが(普通アザラシ先だよね)、テーブルの上の椅子と天井の穴、そしてその横の表示。

towada42.jpg

テーブル・椅子に上がる際は靴を脱げ?天井に気をつけろ?ってことはこういうこと???

なんて斬新なアート!(ってか、すごい列)

で、天井の上はこんなことになってた。
IMG_7719.jpg

な、なんと本物の植物と水面!「ザンプランド」はドイツ語で湿地帯っていう意味らしいから納得。いきなり頭がこんなスペースに囲まれたからちょっとパニくっちゃって、アザラシが顔を出してるの気が付かずに降りてしまった!ほら

towada43.jpg

悔しー。次行った時は(ってもうまた行く気でいる)絶対アザラシと対面するぞー。

「ザンプランド」の展示室。まさにこの作品のために建てられたキューブです。

もう一つありました、真っ暗闇の作品。

towada22.jpg

マリール・ノイデッカー「闇というもの」。写真だと結構明るいけど実際かなり真っ暗で、目が慣れる前に気が付いたのが土の匂い!ってか土臭っ!木の幹が見え始めてきて自分は森の中にいるんだってことに気が付く。

まるっきり本物の木の幹に見えたんだけど、どうやら実際に森で木をかたどって作ったジオラマらしい。森の下を見れる箇所があったみたいなんだけど、それも見逃したー。

真っ暗闇に眼が慣れたと思ったら今度は真っ白い世界へ。

towada11.jpg

ボッレ・セートレ「無題/デッド・スノー・ワールド・システム」。これ、一番わからなかった。。。何故か靴脱がされたし。

常設展も斬新だけど、十和田市現代美術館の素晴らしいところは、屋外スペースも、目の前を通る官庁街通りも、全部が美術館になってるっていうこと。

チェ・ジョンファ「フラワー・ホース」。美術館に到着してまず目に入ります。写真で見るより実物はもっとカラフル!

IMG_5039.jpg

椿 昇「アッタ」。六本木ヒルズのクモ思い出した。ママンだっけ。


草間彌生「愛はとこしえ十和田でうたう」。カボチャの中は照明の演出があるらしいけど、それも見逃し。

towada2.jpg

エルヴィン・ヴルム「ファット・カー」と

IMG_5043.jpg

エルヴィン・ヴルム「ファット・ハウス」。

IMG_5042.jpg

まさに「太った車」と「太った家」。面白すぎー。

太った家にお邪魔してみると、中に大きなテレビがあって家が自分のこと語ってる。うーん、よくわかんないけど、ムチムチした窓からの景色撮ってみたよ。

IMG_5041.jpg

インゲス・イデー「ゴースト」と「 アンノウン・マス」。とにかくでか! 

towada16.jpg
ちなみにこの建物はトイレ。男性用の方をこうやって空から覗いてるらしい。
最後の作品、R&Sie(n)「ヒプノティック・チェンバー」。


何かもう何がなんだかわかんないけど入口あるから入ってみたら、

towada40.jpg

「催眠部屋」っていう名前だけあって、催眠術かけるぞ、みたいなビデオやってた!ほんとにかかっちゃったら怖いし鳥肌立ってきたから速攻脱出。

超残念だったのが、あったこと知らなくて見過ごしたストリートファーニチャーの数々。(画像:十和田市現代美術館

towada18.jpg
towada19.jpg
towada20.jpg

国の事務所の統廃合などで、市のシンボル官庁街通りに多くの空き地が出来てしまったのがきっかけで生まれた十和田市現代美術館。目指すのは、十和田市を個性あふれる『アートの街』『感動創造都市』として国内外の多くの人々に印象づけることだそう。

何かいいなー、こういう街。次回は丸一日十和田市で過ごそーっと。
2019/07/28

青森&秋田 Day 7

最終日7日目は青森市内のみ

Aomoriday7.jpg

まず朝一で行ったのが昭和大仏で知られる青龍寺

IMG_5097.jpg

高さ21.35mの昭和大仏。青銅座像では奈良や鎌倉の大仏も凌ぐ日本一の大きさらしい。

IMG_7837.jpg

去年鎌倉大仏を見に行ったけど、鎌倉大仏の方が断然インパクトが強かった。やっぱり750年以上の歴史vs造立35年(昭和大仏は昭和59年造立)の違いかな。

次は、またまたYoutbueで見てから絶対行く!って楽しみにしてたねぶたの家ワ・ラッセ

IMG_5101.jpg

まず私の感想からぶっちゃけてしまうと、迫力にかけた&underwhelmingです。。。ごめんなさーい。五所川原市の立佞武多があまりの迫力だったからどうしても比べちゃったのです。ここに最初に来てたら絶対感動してたと思う。でも、ねぶた自体はもちろん綺麗だったので写真何枚か。
IMG_5104.jpg IMG_5105.jpg
IMG_7847.jpg
IMG_7848.jpg

ねぶたの構造。骨組みは角材と針金、照明は電球と蛍光灯(昔はろうそくを使ってたそう!)

IMG_5108.jpg

ねぶたの家ワ・ラッセの駐車場は、スタンプ済み入場券と駐車券を1階の総合案内所で見せると1時間無料になるので、ランチは歩いて古川市場へ。

旦那が見つけた古川市場はのっけ丼の元祖。市場内を自由にまわって好きな具材をどんぶりへのせるっていう仕組みです。まず食事券を案内所から購入(10枚券が1,300円、5枚券は650円)。私達は5枚券を買いました。

券1枚でご飯をもらって(大盛りは2枚)、さっそく具を探しに出発!30以上も店があるからうろうろしちゃうけど、欲しい具が見つかったら「これお願いしまーす」って言えば、券と交換にご飯に載せてくれます。楽しー!

IMG_5109.jpg

同じ数の券買ったのに旦那の方が立派なのっけ丼になってるー。まあ私のはいくらが券2枚だったからね。

IMG_5110.jpg

肝心のお味は、新鮮ですっごくおいしかった!量は多くなかったけど、こんな海鮮丼650円じゃ食べれないでしょ。青森に戻って来ることあったら、絶対また食べに来ます!

いよいよこの旅最後の目的地、青森県立美術館へ。はとこのゆかちゃんのブログで「あおもり犬」に衝撃受けてからいつか行きたいなーって思ってたところ。

IMG_5111.jpg

これ、もしかして森?で青森だから、夜になったら青く光って「青森」になる???

IMG_5120.jpg

やっぱそうだったー。

入館していきなり度肝を抜かされたのが、常設展のシャガール「アレコ」全4作品。「うわ、でかい」と作品を見上げる私

IMG_5112.jpg

照明が暗くスポットライトが当たってるのは、ちょうどこの時特別鑑賞プログラムの最中だったから。舞台用の照明と音楽を背景に、作品制作の背景、バレエのストーリーなどナレーションで紹介する約15分間のプログラム、サイトによると一日4回行われてるみたいです。

ちなみに全4作品は、縦横21m、高さ19mの四層吹き抜けの巨大なホールにこんな風に展示されてます。私達が行った時は、ホールの真ん中にたくさん椅子が置いてあって、特別鑑賞プログラムを座ってゆっくり観覧できるようになってました。


とにかく展示が多くて見ごたえ抜群だったんだけど、旦那が一番興味を示してたのが、ウルトラマンをデザインした成田亨さんの展示。アメリカでもウルトラマンを見て育ったらしい。奈良美智さんの数多くの展示もインパクト強かったなー。(確かどちらも撮影禁止で写真無し)

いよいよ楽しみにしてた「あおもり犬」。観覧料を払った人は館内からガラス越しに見れるようになってるんだけど(私たちもまずはガラス越しに見ました)、「あおもり犬連絡通路」を使えば、無料でガラス越しじゃなく直接見れるようになってます。親切に、入口のところに行き方のパンフレットが日本語と英語で置いてありました。

IMG_5144.jpg

こんなに詳しい地図でも迷ってしまった。。。階段かなりあります。

IMG_5118.jpg

やっとたどり着いたー。可愛い  私に「ようこそ!」って挨拶してくれてるみたい。この日土曜日でかなりの人が来てたので、こんなツーショットが撮れたのラッキーでした。
IMG_7857.jpg

これで青森空港から羽田へ。

今回の道のり 1200kmちょっと運転してました!

Route.jpg

長かった青森&秋田の旅、お付き合いありがとうございました。って、まだ十和田市現代美術館の記事書いてなかったわ。
2019/07/26

青森&秋田 Day 6

6日目は下北半島をぐるりと一周して青森市へ

Aomoriday6.jpg

最初の目的地は恐山。有名な観光地だから混んでるかなーと思ったら、ほとんど貸し切り状態。そして、車を降りるとものすごい硫黄の匂い。これが駄目な方は結構つらいかも。

菩提寺山門。
IMG_5059.jpg

恐山と言えば風車。
IMG_5060.jpg

温泉もあったけど、いきなり「温泉入ろう!」とはならないよね。。。それに私も旦那も温泉興味ゼロだし。参詣者は自由に何度も入浴できるらしいです。

IMG_7757.jpg

一面に積み石が広がり、何とも荒涼な光景。

IMG_7769.jpg

地獄のような景色を通り過ぎると見えてくるのが宇曽利(うそり)湖と極楽浜。

IMG_5062.jpg
IMG_5070.jpg
IMG_5068.jpg

こうやってみると静寂で害のない浜に見えるけど、どうやらものすごい酸性の湖で、唯一ウグイっていう魚だけが生息してるらしい。何か怖いな。

東日本大震災犠牲者追悼のために建てられた地蔵菩薩像。

IMG_5069.jpg

背面には大小数十個の手形が掘られていました。

IMG_7782.jpg

三途川と太鼓橋。悪人には、この橋が針の山に見えて渡れないらしい。残念ながら今は橋の老朽化で通行不可になってたけど、私も旦那も一応橋に見えたから悪人ではないってことで。。。

IMG_7786.jpg

すぐ横に建つ奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんえおう)。死者の衣服を奪衣婆がはぎ取り、懸衣翁が柳の枝にぶら下げて、枝の垂れ具合で生前の悪行の重さを計るという伝説。怖すぎ!
 
IMG_5072.jpg

日本三大霊山の恐山。不気味かつ神秘的な場所でした。

次は、遠いから行くか行くまいか迷った大間崎。本州最北端の地です!

IMG_5075.jpg IMG_5076.jpg

まぐろモニュメントの手前の通りにお土産屋がずらっとは並んでたけど、それだけでした。。。

でも、せっかく本州最北端訪れたから、東も西も南もいつか行ってみたい。ちなみに、本州四端踏破ラリーってのがあって、応募すると各市町の首長直筆サイン入りの本州四端踏破証明書とオリジナル記念品がもらえるらしいです。

次は、ぎりぎりまで遊覧船で回るか歩いて行くか迷った仏ヶ浦

というのも

IMG_7798.jpg

高低差100mくらいの遊歩道を片道20分くらいかけて降りるんです。。。「こりゃ帰り死ぬわ」と思いながら延々と続く階段の下に現れたのはこんな唖然とする光景!

IMG_5083.jpg
IMG_5082.jpg

身長180cmの旦那が蟻みたいに見える。。。

IMG_5080.jpg
IMG_5081.jpg
IMG_5085.jpg

ただただ唖然とする私。

IMG_7806.jpg

この岩、如来の首っていう名が付けられてるらしい。確かに。

IMG_7803.jpg

唖然とし続けた中でも一番唖然としたのが

IMG_5087.jpg

宇宙映画のセット???って思わせるような非現実的な光景!

これが自然に作り上げられたなんてほんと想像できない。

IMG_5086.jpg

この奇岩の裏側も行ってみたかったんだけど、私にはちょっと無理そうだったからやめて、旦那だけ行けるとこまで行って写真を一枚。尖がってる岩もすごいけど、その真下に巨大な動物の足みたいなのが見えるのは私だけ??? 

IMG_7810.jpg

見てください、この透き通ったコバルトブルーの海!

IMG_5089.jpg

四国も海綺麗だったけど、透明度が比べ物にならなかったです。

IMG_5091.jpg
IMG_7821.jpg

ずーっとこの非現実的な光景を眺めてたかったけど、青森市までの長ーいドライブが待ってるから、「また来るよー」と奇岩達に告げ(そっちのほうが奇妙)、死にそうになりながら階段上って駐車場に戻りました。

仏ヶ浦、私の中では「息をのむ感動の景色」リストダントツ1位。アクセスがかなり難だけど、ぜひぜひ実際に見に行ってもらいたいです!

青森市へ向かう途中に寄った愛宕山(あたごやま)公園鯛島が見たくて寄ったんだけど、鯛っていうよりクジラ???どっちにしろ可愛かったー。

IMG_5096.jpg

夜7時過ぎ、ようやくホテルJALシティ青森に到着。朝7時前に三沢を出たから長い一日でした。あーもう明日は帰る日。。。

Day7へ。
2019/07/23

青森&秋田 Day 5

5日目は八戸から三沢へ

Aomoriday5.jpg

この日のスタートは、みちのく潮風トレイルの八戸ルートに入ってる種差海岸から。

なんだけどー
IMG_5046.jpg

天気最悪

こんな景色のはずなのにー。
 
tanesashi-tennenshiba_n01
IMG_7735.jpg

同じ場所とは思えない。。。(土曜の朝に行われる種差朝ヨガ

でもこの天気の中連凧を挙げてるグループがいました。何でやってるか聞けばよかった。

IMG_7738.jpg

歩くとキュッと音がする鳴砂の浜として知られる大須賀海岸

IMG_5048.jpg

歩くどころか砂浜はどこ???あー、この壮大は砂浜、キュッって音出しながら歩いてみたかったー。
Osukabeach.jpg
楽しみにしてた葦毛崎展望台

IMG_7744.jpg

なんか悲しくなってきた。。。だって晴れてたらこれですよ


去年京都行った時、清水寺が50年に一度といわれる大規模な改修工事してて、本堂の舞台のとこが全部シートに覆われてたのもかなり残念だったけど(下調べしないで行くとこういうことになる)

kiyomizu.jpg

今回も素晴らしいはずの景色が見れなくて超がっがり。絶対また戻ってきて、今度はみちのく潮風トレイルをトレッキングする!と心に決め、次の目的地、鮫駅へ。

これが見たかっただけ

IMG_5051.jpg
IMG_5050.jpg

このあと、根城小川原湖展望公園へ寄った後、三沢シティホテルへチェックイン。

三沢に行くことにしたのは、米軍の基地があるから。ちょうどこの日は7月4日でアメリカの独立記念日(4th of July)。基地だから絶対花火とかイベントあるよねって思いこんでたんだけど、行って見たらイベントどころか基地の中も外もしーんとして人がほとんどいない。。。まあ4th of Julyは本土に帰る人が多いとはいえ、これだけ何もなくしーんとしてるとは思ったなかったよーん。

基地でイベントも無し、天気も悪いってことで行ってみたのが青森県立三沢航空科学館

IMG_5057.jpg
IMG_5055.jpg

飛行機がずらっと並んでるだけかと思ったら大間違い、愛媛県総合科学博物館に負けないくらい楽しかった!夢中で写真撮り忘れたから次の3枚はHPより。

一番楽しかった(ってかかなり怖かった)のがProbeIV。この巨大なカプセルの中に座り、空気による浮遊感と瞬間的な自由落下を体験。パニックボタンがついてて、「どうしても止めて欲しくなったら押してください」って。押さずに済んだけどかなり叫んでたかも

a13_1.jpg

ワイヤと錘のついた装置で月の重力の疑似体験。地球の1/6しかない月の重力。私がやってみたんだけど、いまいちわかんなかったかな。。。

s18_01.jpg

パイロット気分を味わえたのがこの操縦席。実際使われてた飛行機の操縦席を切断して展示してあるもので、窓越しには離陸から着陸までの映像が流れ、ほんとにパイロットになった感じが味わえました。びっくりしたのが計器・メーターの多さ!これ全部何かしらの役に立ってるわけで、改めてパイロットのすごさを実感。

  a11_1.jpg

すみませーん、うちの旦那です。。。

IMG_5052.jpg

他にもたっくさんインターアクティブなものがあって、ファミリーはもちろん大人だけでも十分楽しめるとこだと思います。

夜ご飯は三沢基地のすぐ外にあるスカイプラザミサワでピザ。

Day6へ。
2019/07/21

青森&秋田 Day 4

4日目は十和田湖経由で八戸へ

Aomoriday4.jpg

まずは十和田湖を上から眺めようってことで瞰湖台(かんこだい)へ。トイレと大きな展望デッキがあるにも関わらず駐車場は無しなので路駐。車がほとんど通らない道だったから大丈夫だったけど。

Kankodai.jpg
Google Map

十和田湖のあまりの大きさにびっくり。写真じゃ全然伝わらなーい。

IMG_4990.jpg 

次は十和田湖を間近に楽しめるボートツアー、グリランドへ。

IMG_4996.jpg

グレートピレニーズの看板犬ファミリーがお出迎え!仔犬はまだ2か月だって!

IMG_7640.jpg

もう可愛い過ぎ

IMG_4995.jpg

ちょうどこの日TVの撮影してて、ボート乗ってる時何度か撮影されたから、もしかしたらTV出ちゃうかも!(朝日テレビの旅サラダっていう番組って言ってたかな?)

IMG_5003.jpg

乗ったボートはこれ

IMG_7678.jpg

全然怖くはないんだけど、結構スピード出てたから手放しじゃ乗ってられなくて

IMG_7662.jpg

ってことで、写真は全部旦那が撮影。

カモシカとかクマに遭遇することもあるって聞いてたから目を皿のようにして見てたら、ん?あれってカモシカ?

 IMG_7647.jpg

カモシカ発見!まだ子供みたい。

IMG_7650.jpg

ボートの運転手さんより先に発見して、一緒に乗ってたご夫婦に「よく見つけたねー」と褒められました

キリスト像に見える岩!東日本大震災から5か月後、グリランド代表佐藤さんが発見したそう。

IMG_7675.jpg

大きめの遊覧船じゃできない「岸ぎりぎりツアー」がとにかくよかった!

IMG_5005.jpg
IMG_5008.jpg
IMG_7655.jpg
IMG_7668.jpg
IMG_7671.jpg

料金が結構するから実は出発直前まで迷ってたんだけど、最高でした!このツアー、超お勧めでーす。

次は、十和田湖の子ノ口(ねのくち)から焼山まで流れる奥入瀬(おいらせ)渓流。全長約14キロもあるから、まず車を子ノ口に停めて石ヶ戸までバス、で、石ヶ戸からまた子ノ口までトレッキングすることにそれでも距離8.9キロ

途中ばてたらバスに乗って戻ればいいやって気持ちでトレッキング開始!

IMG_7700.jpg

ランチは

IMG_7683.jpg

途中4-5回ベンチでおやつ休憩、あとは黙々と渓流を眺めながらトレッキング。あまりに綺麗でたくさん写真撮ったけど、後から見たら同じような写真ばっかりだったので数枚だけ。

IMG_5011.jpg
IMG_5021.jpg
IMG_7682.jpg IMG_5030.jpg

3時間後車を停めた子ノ口に無事到着!道がほとんど平坦で木のおかげで日蔭ばかりだったから、途中でギブアップせずに歩けました。今度は紅葉見に来たいな。

まだ4日目終わりじゃないですよー。

次は、私がすごーく楽しみにしてた十和田市現代美術館、なんだけど、ここあまりに衝撃的で、すでに長ーくなってる記事の中に埋もらせちゃうのはもったいなさ過ぎるから、後日別の記事にします。

八戸グランドホテルにチェックインして、これまたYoutubeで見て絶対行く!って決めてた八戸屋台村みろく横丁へ。その名の通り、ちっちゃな屋台がずらーっと並んでます。

IMG_7733.jpg

入ったのはいろり屋宝船。写ってるお客さんと途中から旅の話で盛り上がって楽しかったー。

IMG_7724.jpg

ねぎ一本巻き、みたいのがあったから注文したら

IMG_7725.jpg

B級グルメのコンテストで一位になったこともあるらしいせんべい汁。
IMG_7729.jpg

パリッとしたせんべいが入ってるのかなって思ったけど、柔らかく煮込んであって煮込みうどんみたいな味付け。冬雪の降ってる中で食べたい!って思わせてくれた郷土料理でした。

最初数軒屋台をはしごするつもりだったんだけど、あまりに居心地良くておいしかったからここに居座ってしまった。

ホテルに帰る途中、太鼓の音がどこからか聞こえてきて音の方へ歩いて行ったら  

IMG_7734.jpg

地元の消防署で子供たちが祭囃子の練習してました!いいなーこういうの。しばらく二人で聞き入っちゃいました。

Day5へ。
2019/07/18

青森&秋田 Day 3

3日目は秋田犬づくし

まずは、Youtubeで見てから絶対乗る!って決めてたスマイルレール秋田内陸線

大舘市から始発駅の鷹巣(たかのす)駅まで車で30分。ICカードは使えないので普通に切符を窓口で買います。

IMG_4986.jpg

いたー、Youtubeで見た電車!

IMG_7579.jpg

このロゴ最高!ラニもこうやってキスしてくれたっけ。二人でちょっとしんみり。。。

IMG_7580.jpg

どうしてこの電車に乗りたかったかというと

IMG_4985.jpg
IMG_4984.jpg
IMG_7582.jpg

どこ見ても秋田犬!!!椅子の生地も

IMG_4969.jpg

路線図も可愛い。

IMG_4970.jpg

朝8時ちょっと過ぎの電車だったからか、車内はがらがら、ってか貸し切り!

  IMG_4973.jpg

途中で乗務員さんが、「手前の車両サロンカーになってるんでよかったらどうぞ」って言ってくれたから行って見ると

IMG_4976.jpg
IMG_4975.jpg

うひょーおしゃれ!しかもこっちも貸し切り状態。

このまま日本一周したかったー。

IMG_7605.jpg

車窓から綺麗に見える田んぼアートも秋田犬!乗客が見逃さないように、田んぼアートに近づくとアナウンスしてくれて、ゆっくり走ってくれました。

IMG_4972.jpg
IMG_4980.jpg
IMG_7610.jpg

阿仁合(あにあい)駅まで1時間、あっという間に到着。

鷹巣へ戻る電車まで2時間ちょっとあったから、阿仁合を散策してみました。

そこでまた見つけた素晴らしい古民家!

IMG_4981.jpg

昔呉服屋だった旧宮越商店。何と今も誰かが住んでるらしい。見学はできなかったけど、家の中も素晴らしいんだろうなー。これからもずーっと保存されて欲しいです。

あとは、阿仁郷土文化保存伝承館阿仁合川公園(北緯40度カントリーパーク)秋田内陸線資料館を回ってから、阿仁合駅内にある里山レストラン&カフェこぐま亭へ。


シェフの麻木さんは、東京の老舗レストランで料理長を努めていた方。馬肉シチューが有名らしいんだけど、旦那はラーメン、私は唐揚げとフライドポテト。

2018年4月にリニューアルオープンしたばかりの阿仁合駅。どこもかしこもぴかぴかで気持ち良かったです。

同じ道のりを戻って1時間で鷹巣駅へ到着。スマイルレール秋田内陸線、最高だったなー。今度は冬に乗りたい!

秋田犬と言えば忠犬ハチ公。で、鷹巣駅と大舘市の間に忠犬ハチ公が生まれた家があるんです!
IMG_7615.jpg

ハチ公、ここで生まれたんだー。何か感激。

家の前にあったハチ公トイレはいまいち意味わかんなかったけど。。。
IMG_7614.jpg

秋田犬づくし、まだいきますよー。

大舘市に戻ってきて最初に行ったのが秋田犬会館

IMG_7622.jpg
きゃー、秋田犬!

IMG_7625.jpg
IMG_7624.jpg

あー、何かすっごく癒されたー。やっぱ可愛いわ、秋田犬

ちなみに会館の3階が博物館になってて、秋田犬の歴史とか生態系などが展示されてました。剥製にはちょっとビビったけど。

この日最後に行ったのが、今年5月にオープンしたばかりの秋田犬の里

IMG_7628.jpg

駐車場でさっそく秋田犬に遭遇!飼い主の方が、すぐそこの車からじーっと見てたとも知らずなでまくる私。。。実はこのワンちゃん、JR大舘駅観光駅長の飛鳥ちゃんでした!

IMG_7627.jpg

なんか夢中になっちゃって施設内の写真一枚も撮らなかったんだけど、お土産コーナーがすっごく充実してて、あまりの可愛いさにこのトートバッグを買ってしまった

IMG_5134.jpg
IMG_5135.jpg

この日もロイヤルホテル大館に泊まったんだけど、看板犬のエイトくんとヒナちゃんには結局会えませんでした。。。残念!

Day4へ。